ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 野生動植物 > アメリカオニアザミを駆除するときは

ここから本文です。

更新日:2019年5月29日

アメリカオニアザミ(生態系被害防止外来種)を駆除するときは

アメリカオニアザミとは

アメリカオニアザミは7月から10月にかけて開花するヨーロッパ原産のキク科の植物で、環境省・農林水産省により生態系被害防止外来種に指定されています。

繁殖力が強く、在来の植物の生育場所を奪うなどの影響を与える可能性があります。

オニアザミ01オニアザミ02

駆除のお願い

所有地などにアメリカオニアザミが生えていた場合は、駆除を行ってください。
野生の生態系を守るため、皆様のご協力をお願いします。

駆除の方法

・花が咲く前の駆除が効果的です。
鋭いトゲがあるため革手袋等をつけて、草刈り鎌などで刈るか、スコップ等を使用して周辺の土ごと掘り返してください。
・株や根が残っていれば再生するので、その場合は再度駆除をお願いします。
・剪定枝等と合わせて資源物として排出すると拡散してしまう恐れがありますので、必ず可燃ごみとして排出してください。

 


このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課自然保護対策室

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5195

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)