• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

電磁波に関する情報

  1. 電磁波とは
  2. 電磁波の人体への影響について
  3. 電磁波についての御相談
  4. 関連ページの御紹介

1.電磁波とは

「電磁波」とは、「電界」と「磁界」が交互に発生しながら空間を伝わっていく波のことです。「電界」とは、空間に電気の力が働いている状態のことをいいます。電線などの電流をよく通すもの(導体)に電圧がかかると、そのまわりに「電界」が発生します。「磁界」とは、空間に磁気の力が働いている状態のことをいいます。「磁界」は磁石の周りや、電流が流れている導体の周りに発生します。金属などの導体に電流が流れると、その周りに磁界が発生します。このように、電界と磁界が交互に発生しながら空間を伝わっていく波のことを「電磁波」といいます。詳細については一般社団法人電気安全環境研究所電磁界情報センターの電磁波とは(外部サイトへリンク)のページを御覧ください。

2.電磁波の人体への影響について

電磁波の人体への影響についてはこれまで、小児白血病、携帯電話の使用による発がん性及び電磁過敏症等が報告されてきました。しかしいずれの報告も、電磁波との因果関係を明確に解明したものではなく、今後の研究報告が待たれます。

(1)小児白血病

1979年、アメリカで15歳までの子供を対象に白血病や脳腫瘍について調査を行ったところ、白血病による死亡率は送電線近くに住む子供たちで高くなっているとの報告を受け、磁界が健康に及ぼす影響について真剣に研究されるようになりました。送電線からの超低周波と小児白血病の明確な因果関係は結論付けられていませんが、何の関連もないと言い切ることはできないのが現状です。詳細については、国立環境研究所の電磁波の人体への影響、超低周波と小児白血病(外部サイトへリンク)を御覧ください。

(2)携帯電話の使用による発がん性

2011年5月31日、国際がん研究機関は、携帯電話による通話と悪性脳腫瘍であるグリオーマ(神経膠腫)の発がんの可能性について、限定的ではあるがグループ2B(発がん性があるかもしれないグループで、分類事例としては他にコーヒーや漬物等があります。)に分類されることを発表しました。詳細については総務省の携帯電話の安全性に関するFAQ(外部サイトへリンク)を御覧ください。また、この発表を受け、2011年6月28日に独立行政法人国立がん研究センターは、「携帯電話と発がんについての国立がん研究センターの見解」(外部サイトへリンク)をウェブサイト上で公開しましたので、併せて御覧ください。

(3)電磁過敏症

電磁過敏症は様々な非特異的症状が特徴であり、悩まされている人々はそれを電磁界への暴露が原因と考えています。WHOファクトシートNo.296によれば、最も一般的な症状は、皮膚症状(発赤、チクチク感、灼熱感)、神経衰弱性及び自律神経性の症状(疲労、疲労感、集中困難、めまい、吐き気、動悸、消化不良)等です。現在のところ電磁過敏症には明確な診断基準がなく、電磁過敏症の症状を電磁界暴露と結び付ける科学的根拠はないと結論付けられています。詳細はWHOファクトシートNo.296(外部サイトへリンク)を御覧ください。

3.電磁波についての御相談

携帯電話等の電磁波については、電波法により免許事業となっており、国によって一元的に扱われています。このため、電磁波に関することについては、本市では対応できません。千葉市域は総務省関東総合通信局の管轄となりますので、関東総合通信局:お問い合わせ相談窓口(外部サイトへリンク)へのお問い合わせをお願いいたします。また、一般社団法人電気安全環境研究所電磁界情報センターのお問合せページ(外部サイトへリンク)でも電磁界(電磁波)に関する疑問等にお応えしておりますので、併せて御利用ください。なお、本市では電磁界を測定する組織や会社は紹介しておりませんが、電力設備から発生する電磁界については、電力会社が磁界測定を行っています。詳細については、各電力会社のホームページを御覧ください。

4.関連ページの御紹介

  1. 総務省:電波と安全な暮らし、知っておきたい身近な電波の知識(パンフレット)(外部サイトへリンク)
  2. 総務省:電波利用ホームページ、総務省における電波の安全性に関する研究(外部サイトへリンク)
  3. 一般社団法人:電気安全環境研究所電磁界情報センター、電磁界と健康(TOPページ)(外部サイトへリンク)
  4. 国際がん研究機関(IARC)の見解(5月31日付報道発表)
    「IARCは無線周波電磁界を「ヒトに対して発がん性があるかも知れない」に分類する」(英文)(外部サイトへリンク)
  5. 国際がん研究機関(IARC)の発がん性リスク一覧(外部サイトへリンク)
    最新の発がん性リスク一覧表が掲載されています(英文)。
  6. 世界保健機構(WHO)(EMF)(外部サイトへリンク)
    WHOのホームページ内で電磁界に関する情報が掲載されているページです。ページ内のEMF(外部サイトへリンク)に掲載されているファクトシートは、日本語訳のものも掲載されています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5141

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)