ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 地球温暖化対策 > 災害時における太陽光発電設備による感電事故等の防止について(注意喚起)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年9月13日

災害時における太陽光発電設備による感電事故等の防止について(注意喚起)

豪雨、台風や震災といった災害時には、太陽光発電設備の浸水、損傷、飛散や破損等の損壊が多く見られており、安全性確保の観点から以下の点を周知します。 

市民の方へのお願い

太陽光発電設備の太陽電池モジュールは大部分がガラスで構成され、モジュールが損壊していても光が当たれば発電することが可能です。このため、損壊箇所等に触れた場合、感電をするおそれがあります。そのため、浸水や破損した太陽光発電設備には、むやみに近づかないよう、十分ご注意下さい。また、住宅等の復旧作業に当たられる際には、設置事業者に事前確認を行うなど十分ご留意下さい。

事業者(損壊パネルの所有者(発電事業者)や解体業者)の方へ

太陽光発電設備が損壊した場合には、感電の危険性があります。これら感電等の危険防止措置として、損壊パネルをシートで覆う、裏返す、囲いを設けて人の立入りを防ぐ、仮置場での分別保管などを行っていただくとともに、看板を設置するなどして周囲に注意喚起をして下さい。

 

太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)