ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 野生動植物 > 野生鳥獣の保護に関する情報

ここから本文です。

更新日:2016年4月7日

野生鳥獣の保護に関する情報

1 野鳥のヒナを発見した場合

野鳥のヒナを発見した場合は、手を触れずにそのままの状態にして、すぐにその場から離れてください。多くの場合は、巣立ちのために一時的に地面に降りているだけです。もし、道路など危険な場所で発見した場合には、草むらなど安全なところへ移して、その場から離れてください。ヒナの近くには、親鳥がいて見守っています。

2 ペットや家畜などを保護した場合

ペットや家畜などは、拾得物となりますので、最寄りの警察へ連絡してください。

3 足環のついたハトを保護した場合

足環のついたハトは、個人の所有物なので、足環に記載されている登録番号から、下記団体へ連絡してください。

団体名 電話番号
日本伝書鳩協会 03-3801-2789
日本鳩レース協会 03-3822-4231

4 その他の傷病鳥獣を発見した場合

外傷などがない場合は、段ボールに入れ、保温・安静にして様子を見てください。その後、回復したら野生に戻してください。
傷病の状況から治療が必要な場合は、千葉県自然保護課(TEL:043-223-2972)へ連絡した後、発見者が動物病院へ搬入してください。
この場合、原則として治療後、回復するまでの面倒は発見者が見ることとなります。
なお、保護した傷病鳥獣の飼養登録はできません。傷病が回復した後は、速やかに野生に返してください。

5 斃死した(行き倒れて死んでいる)鳥獣を発見した場合・保護した鳥獣が死亡した場合

処分方法については、各区の環境事業所へご相談ください。

担当 電話番号
中央・美浜環境事業所 043-231-6342
花見川・稲毛環境事業所 043-259-1145
若葉・緑環境事業所 043-292-4930

野鳥は餌がとれずに衰弱したり、環境の変化に耐えられないなど様々な理由で死んでしまいます。
したがって、野鳥が死んでいたからといって、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
同じ場所で数羽の野鳥が死んでいる場合や、不審な死に方をしている場合は、環境保全課へご相談ください。

鳥インフルエンザについて、詳しくお知りになりたい方は千葉県自然保護課ホームページをご覧ください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課自然保護対策室

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5187

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)