ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

6月は環境月間です

環境局長の黒川です。

6月5日は環境の日です。これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連が「世界環境デー」として制定したものです。

日本では、国民や事業者が環境の保全に関する関心と理解を深めることや活動を行う意欲を高めることを目的に、平成5年に制定された環境基本法に「環境の日」を定めております。また、6月の1か月間は「環境月間」として、国や地方公共団体、企業などによりこの趣旨に沿ったイベントが全国で行われます。

千葉市でもこの期間中に各種イベントを実施しておりますが、今回は「ちばし環境フェスティバル」と「ライトダウンキャンペーン」をご紹介します。

ちばし環境フェスティバル

ちばし環境フェスティバルは、ちばし環境フェスティバル実行委員会(千葉市地球温暖化対策地域協議会)の主催により、多くの市民や事業者の方々を対象に、日常生活や事業活動におけるさまざまな側面から環境について考え、日頃の生活を見つめ直していただくためのきっかけづくりとして、開催されているものです。

今年は6月26日(金曜日)に、タレントであり、また地球いきもの応援団生物多様性リーダーでもあるルー大柴さんを講師にお迎えし、地球温暖化対策の一環として行われる「ライトダウンキャンペーン」や富士山樹海清掃活動など、環境全般にわたる幅広い内容の講演を行います。

また、公演終了後には、峠恵子&公一郎さんによる「旅物語」(BS朝日「鉄道絶景の旅」のテーマ曲)や、「イエスタディワンスモア」(カーペンターズ)など、皆さんに馴染みのある楽曲を中心に、歌とピアノによるジャズミニコンサートを予定していますので、ぜひご来場ください。

そして、このフェスティバルを、皆さんで考え、行動に移すよい機会にしていただければと思います。

詳しくはちばし環境フェスティバルのページをご覧ください。

ライトダウンキャンペーン

2003年から地球温暖化防止のためライトアップ施設や家庭の照明を消していただくよう呼び掛ける「ライトダウンキャンペーン」を国が中心となり全国的に実施しており、今年も6月22日から7月7日までの間、「ライトダウンキャンペーン」を実施します。

特に、6月22日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。市でも可能な施設ではライトダウンを実施する予定です。市民のみなさまも可能な範囲でご協力をお願いします。

詳しくはライトダウンキャンペーンのページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

2015年環境月間ポスター

 

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎4階

電話:043-245-5234

ファックス:043-245-5557

somu.ENP@city.chiba.lg.jp

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)