• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

就任にあたって(2018年4月1日)


4月1日付けで環境局長に就任した米満 実(よねみつ みのる)です。どうぞよろしくお願いいたします。
市民の皆様におかれましては、平素から千葉市の環境行政にご支援、ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、地球温暖化対策につきまして、国は、平成42年度(2030年度)の温室効果ガス排出量を平成25年度(2013年度)比で26%削減する目標達成のために、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す運動である「COOL CHOICE」を推進しており、本市もこの取組みに賛同し、昨年6月には、市長による「千葉市COOL CHOICE」宣言を行い、本格的に取組みを開始しました。また、同年8月には幕張ビーチ花火フェスタ2017、11月にはイオンモール幕張新都心での本市主催のイベント、12月には千葉市地方卸売市場感謝デー等を通じ、身近な「COOL CHOICE」について普及・啓発を行いました。今後も様々な機会を設けて普及・啓発を行ってまいりますので、引き続き市民の皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
次に、ごみの減量・再資源化につきましては、市民・事業者の皆様とともに減量・再資源化に取り組んできた結果、年間の焼却ごみ量を、2つの清掃工場で処理できる25 万4,000 トンを下回るまで削減し、当初の計画どおり、昨年3月末で北谷津清掃工場の操業を停止、「3用地2清掃工場運用体制」へと移行いたしました。本体制で安定的かつ継続的にごみ処理を図るため、さらなるごみの減量・再資源化の推進が必要であり、新たな再資源化施策として、家庭から排出される剪定枝等の分別収集を昨年4月から中央区で開始しました。その後、段階的に収集エリアを拡大し、本年2月から全市域で実施しております。今後も次世代に良好な環境と資源を引き継いでいくため、市民・事業者の皆様の一層のご協力をお願いいたします。また、4月からはペットボトルを出す際に、ラベルをはがしていただくようお願いをしています。再生品の品質向上のため、こちらもご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
続いて、航空機騒音対策につきましては、南風好天時に羽田空港に着陸する航空機が本市上空を頻繁に通過することにより、航空機による騒音が問題化していることを受け、従来から本市が国に対し強く求めてきました「羽田空港機能強化に関する国による市民相談会」が一昨年12月及び本年3月に開催されました。2020年のオリンピック、パラリンピックの開催により、増々需要が高まることが予想されることから、今後も、騒音に悩む市民の声を国に届けるとともに、千葉県や同様な被害を受けている市町村と連携を図り、騒音軽減に向けた対策の早期実施を引き続き国に求めていきます。
このように、環境局では、環境への負荷の少ない持続可能な社会の実現や循環型社会の構築を目指して様々な取組みを実施していますが、地球温暖化の防止もごみの削減も良好な環境の保全も、市民の皆様一人ひとりにご協力いただくことが必要なことと考えております。
 私たち環境局職員も全力で取り組んでまいります。市民の皆様におかれましても、引き続き千葉市の環境行政にご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎4階

電話:043-245-5234

ファックス:043-245-5557

somu.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)