ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 放射線 > 周辺より放射線量が高い箇所が確認された場合の対応

ここから本文です。

更新日:2012年5月14日

周辺より放射線量が高い箇所が確認された場合の対応

千葉市は、平成24年1月1日から施行されている「放射性物質汚染対処特別措置法」による地域指定はされておらず、面的な除染が必要な地域ではありません。

局所的に放射線量が高い箇所への対応については、平成23年10月21日付け内閣府、文部科学省、環境省の3省連名通知である「当面の福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への対応方針」により対応することとしており、地表から1mの高さの空間放射線量率が周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い数値が確認された場合、文部科学省へ連絡するとともに、簡易な除染等を実施することとしています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎4階

電話:043-245-5234

ファックス:043-245-5557

somu.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)