ホーム > 訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託プロポーザル募集

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年1月13日

訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託プロポーザル募集

標記の案件情報について、掲載しています。

案件概要

案件名

訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託プロポーザル募集

履行場所

千葉市経済農政局経済部集客観光課

履行期間

~平成28年3月31日

使用する名簿

-

業種・種目

-

入札参加申請期間
(募集期間)

平成27年12月16日~平成28年1月5日

入札契約方式

プロポーザル募集

案件概要

千葉市への訪日外国人客の誘致と市内での消費喚起を目的とし、その環境整備のため、飲食、物販、宿泊、アクティビティ等の観光資源を有する事業者へのインバウンド対応促進と、観光資源情報の集約と活用について業務委託する事業者を、プロポーザル(企画提案)方式により募集します。

入札担当課・係等

経済農政局経済部集客観光課

電話:043-245-5066

案件詳細

案件の詳細情報を掲載しています。

仕様書等関係書類

  1. 訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託発注仕様書(PDF:345KB)
  2. 訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託プロポーザル募集要領(PDF:256KB)
  3. 参加申込書(第1号様式)(ワード:39KB)
  4. 誓約書(第2号様式)(ワード:17KB)
  5. 質問書(第3号様式)(ワード:16KB)
  6. 訪日外国人客消費環境整備・利用促進事業業務委託プロポーザル募集 提案書作成の手引(PDF:216KB)
  7. 提案概要書(第4号様式)(エクセル:30KB)

 質問と回答

質問書により受け付けた質問について、以下に回答を記載します。

質問1

  • 「提案書作成の手引」の資料に「見積りについての考え方」の記載がございますが、実際はデータベースの構築とWEBサイトの構築、そして印刷物の制作等、制作部門に多くの費用がかかってしまうことが考えられますが、それでも「インバウンド観光資源の拡充」の項目に予算の多くを振り分ける必要はございますでしょうか。

回答1

  • データベースの構築とWEBサイトの構築等に多くの費用がかかることは承知しておりますが、その部分の費用をなるべく抑えて、「インバウンド環境資源の充実」等になるべく多くの費用を振り分けたいという当方の希望を記載しております。
    可能な範囲でご提案いただければと思います。

質問2

  • 1、発注仕様書2頁目に「データベースへの入力は、あらゆる言語で行えるものとする。」
    とありますが、登録必須の指定言語はありますでしょうか。パンフレットのお見積りでは
    英語、中国語(簡体字)での指定がありますので、最低限この2言語と日本語は登録必須で
    しょうか。
  • 2、1に関わりますが、事業者の情報登録時の翻訳サポートもこちらで担うことになり
    ますでしょうか。たとえば、自動翻訳可能なシステムにし、事業者が日本語で入力する
    と、翻訳されるシステムの構築などは必須でしょうか。もしくはその機能は追加であれば
    望ましく、構築できない場合は、事業者に直接翻訳いただき言語登録してもらう、という
    フローになりますでしょうか。

  • 3、2に関わりますが、翌年3月末までの事業者の登録において、入力サポート業務は必
    須で必要でしょうか。また、翌年4月以降も、運用サポートやシステムメンテナンス業務
    は継続して必要でしょうか。

回答2

  • 1、データベースへの登録については必須の言語はありません。
    例えば、韓国語のみという入力も可とします。ただし、その場合には英語版、簡体字版のに掲載することはできませんので、その店舗は今回制作する印刷物では掲載対象にはならないということになります。
  • 2、事業者の情報登録時の翻訳サポートについては必須ではありません。当方による基本的な設計は事業者に直接翻訳いただき言語登録してもらうというものです。
    但し、翻訳サポートが可能であるなら、インバウンド対応の支援の方法として大変魅力的な方法のひとつだと考えます。この点を提案に含めて頂ければ、審査基準の(1)-(ア)等において評価の対象となりえます。
  • 3、3月末までの事業者の登録において、入力サポート業務は必須ではありません。
    例えば、入力サポートが必要ないレベルのインターフェースを備えているのであれば、審査基準(2)‐(エ)において評価の対象となりえますし、サポート業務をすることにより(1)の「インバウンド環境資源の充実」につながるのであれば、(1)-(ア)等において評価の対象となりえます。
    また、翌年4月以降についても、データベースとWebの公開は継続しますので、運用サポートやシステムメンテナンスは必要です。提案書には、平成28年度以降、データベースとWebサイトを維持していくために必要最小限の月額コストを合算で記載してください。

入札結果

入札結果の概要を掲載しています。詳細については入札調書等をご覧ください。

契約の相手方

株式会社リクルートライフスタイル

落札決定日

平成28年1月8日

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局経済部観光MICE企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階 

電話:043-245-5066

ファックス:043-245-5669

kanko.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)