• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

千葉市の魅力 3 豊富な人材

千葉市には必要な人材を確保できる、高いポテンシャルがあります!

千葉市の人口

人口増加率は政令市でトップクラスの4.0%増

千葉市の高等教育機関

市内には、大学数9校、短大等もあわせると14校
  

産学官連携

千葉大学、東京情報大学、千葉工業大学及び千葉経済大学と連携し産学連携体制を確立。

企業の新事業創出を強力にバックアップ!

大学名 産学連携への取組
千葉大学
  • 産学連携の窓口として、「産学連携・知的財産機構」を設置
  • 地域産学官共同研究拠点「千葉大学サイエンスパークセンター(CSPC)」
    「医工連携」、「ロボティクス」等を中心に共同研究を行い、イノベーション創出を促進
  • 「千葉亥鼻イノベーションプラザ(千葉大学連携型起業家育成施設)」
    市、中小機構等の連携で整備先端医療分野、医工連携分野等の研究成果を活用し、企業の新事業展開を総合的に支援
東京情報大学
  • 経営情報、IT、環境情報マルチメディア等の学際領域に焦点を当てた研究が活発
  • 新技術の開発や事業化の支援により、産学連携を推進
千葉工業大学
  • 産学連携の窓口として「産官学融合センター」を設置
  • 技術開発型企業との共同研究や、大学保有特許とその技術移転活動を強化
千葉経済大学
  • 地域連携の窓口として「地域総合研究所」を設置
  • 実践的な企業経営・マーケティング戦略等の各種連携を推進

産学連携支援施策について

具体的な支援策で産学連携による事業展開をサポート

方向性 具体的支援
産学共同研究促進事業 産学連携による新技術・新製品の研究開発を支援
  • 市内の中小企業・創業者と大学等の試験研究機関が、新技術・新製品の開発などを共同で実施する場合に、研究に必要な費用を千葉市産業振興財団が支援し、早期の事業化を目指します。
連携交流事業 産学の連携を
コーディネート
  • 市内事業者と大学関係者によるテーマごとのビジネス交流会を千葉市産業振興財団が企画し、研究者による最新の研究内容の発表や事業者側からの研究開発ニーズの発表を通じて、産学官の連携による地域ネットワークを形成して、千葉市発の新事業創出を目指します。
  • 交流会の中から生まれた個別の共同研究グループに対しては、千葉市産業振興財団がその活動を全面的に支援し、研究会の運営や国等が公募する補助事業申請のための支援、グループが会合を行う際の会場の貸与等、さまざまな支援を行います。
施設における産学連携支援 千葉大亥鼻
イノベーションプラザ
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構、千葉県、千葉市及び千葉大学が連携し、千葉大学亥鼻キャンパス内に整備したインキュベーション施設です。
  • 入居の有無にかかわらず、インキュベーションマネージャーがさまざまな支援ツールや情報を提供し、大学等が有する先端医療分野、医工連携分野の研究成果を活用した事業展開等を総合的にサポートします。

このページの情報発信元

経済農政局経済部企業立地課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5276

ファックス:043-245-5575

kigyoritchi.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)