ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 経営・起業の支援 > 経営 > CSRをビジネスにつなぐ「戦略的CSR」を推進します > 戦略的CSR支援事業「敬愛大学学生によるインタビュー~経営者の20歳の頃から戦略的CSRを探る~」

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

戦略的CSR支援事業「敬愛大学学生によるインタビュー~経営者の20歳の頃から戦略的CSRを探る~」

1.経緯・目的

最近は、企業の社会的責任としてのCSR活動は定着しつつありますが、本市で支援をしている、事業戦略として、社会問題の解決にチャレンジし、企業価値向上を目指す、『戦略的CSR活動』は、「何をすれば良いのか分からない…」、「中小企業で取り組めることを教えてもらいたい…」といった声が多く聞かれ、まだまだ定着していないのが現状です。

そこで、CSR活動を取り組む根底には、経営者の20歳(20代)の頃の想いや哲学があると考えました。(例えば、起業を考えた、会社を継ぐことになった等…。)その20歳(20代)の頃の想いや哲学を振り返ることで、経営者自身の中に隠れたCSRを再認識することを目的とし、企業のCSR活動の研究をしている敬愛大学経済学部経営学科の粟屋仁美教授のゼミ学生(2年生・20歳)に協力を得て、経営者へのインタビューを行いました。
なお、本市と敬愛大学は、平成27年3月に地域経済活性化に関する連携協定を締結しております。

2.敬愛大学経済学部経営学科粟屋ゼミの紹介

(1)粟屋ゼミについて

(2)敬愛大学粟屋仁美教授の紹介

【プロフィール】
敬愛大学経済学部経営学科教授。博士(経営管理学博士)。
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科博士課程修了。
専門は、CSR(企業の社会的責任)論、戦略論。
著書『CSRと市場-市場機能におけるCSRの意義-』(2012)立教大学出版会、有斐閣。その他著書、論文多数。

3.インタビューレポート(平成29年2月20日更新)

会社名をクリックすると学生が作成したレポートが開きます。

掲載年度

企業名

所在地

業種

タイトル

平成28年度

株式会社トライワープ(PDF:331KB)

中央区

パソコンライフサポート事業等

ITを利用して、人と人、人と街をつなぐ

平成28年度

千葉共同サイロ株式会社(PDF:376KB)

美浜区

サイロ事業、港湾運送事業等

関東圏内の「食の安全・安心・安定」に貢献

平成28年度

株式会社世広(PDF:413KB)

稲毛区

広告の企画・デザイン・制作

なくてはならない存在、様々な角度から人々を元気に

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局経済部経済企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5273

ファックス:043-245-5558

keizai.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)