ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 経営・起業の支援 > 生産性向上特別措置法について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年9月6日

「生産性向上特別措置法」について

 千葉市は「生産性向上特別措置法」に基づき「導入促進基本計画」を作成し、国との協議を行ってきましたが、同計画に対する国の同意が得られました。これにともない、中小企業等からの「先端設備等導入計画」の相談受付を開始します。

●「先端設備等導入計画」の認定を受けた場合、次の支援措置を受けることができます。

  1. 「先端設備等導入計画」に基づき、設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税(償却資産)に係る課税標準額を3年間ゼロとします。(一定の要件がありますので、詳細については、東部市税事務所法人課にお問い合わせください。)
  2. 次の国の補助事業における優先採択
  • ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり・サービス補助金)
  • 小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン補助金)
  • サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT補助金)

 3.信用保証協会による信用保証のうち、普通保険等とは別枠での追加保障等が受けられます。

●市内中小企業者の経営基盤の確立、設備の近代化、資金繰り安定のための金融機関からの融資に対して、

 利子補給等の支援を行っています。

 千葉市中小企業資金融資制度について

報道発表

報道発表資料(本文)(PDF:218KB)

報道発表資料(別紙1)

報道発表資料(別紙2)(PDF:444KB)

1 先端設備等導入計画の申請について

1-1 先端設備等導入計画の申請書類

1.次の必要書類をすべて揃えて「千葉市役所2階 産業支援課 中小企業支援班」へご提出ください。
2.必要書類は直接持参、又は郵送・宅配便によりご提出ください。
3.申請者が「法人」の場合と「個人」の場合で、必要書類が異なります。
4.受付時間は土日祝日を除く、9:00~12:00、13:00~17:00です。
5.一度お預かりした書類は返却しません。写しが必要な場合は、事前にコピーをしてください。 

No

 

名称

共通

先端設備等導入計画に係る認定申請書(様式第三)(ワード:25KB)

共通

先端設備等導入計画に関する確認書(ワード:26KB)

法人

直近2期分の決算書(貸借対照表、損益計算書、個別注記表)

法人

商業登記簿謄本又は履歴(現在)事項全部証明書

(インターネット謄本可)(発行後3か月以内のもの)

個人

直近の確定申告書(写し)

共通

直近の滞納無証明書

7

共通

直近の納税証明書(法人:法人市民税、個人:市県民税)

8

共通

同意書(様式第7号)(ワード:17KB)

9

共通

事業の概要が確認できる書類(パンフレット等)

【先端設備等導入計画の認定を受ける場合の提出書類】
 

No

 

名称

10

共通

中小企業等経営強化法の経営力向上設備等及び生産性向上特別措置法
の先端設備等に係る生産性向上要件証明書(写し)(外部サイトへリンク)

11

共通

先端設備等に係る誓約書(様式第四)(ワード:24KB)

12

共通

リース契約見積書(写し)

13

共通

公益社団法人リース事業協会が確認した固定資産税軽減額計算書(写し)

【先端設備等導入計画の認定に加えて、固定資産税の特例を受ける場合の提出書類】

※【先端設備等導入計画の認定を受ける場合の提出書類】に加えて、

必要に応じて次の書類を提出

※固定資産税の課税標準の特例を受ける場合には、先端設備等導入計画の認定を受けた後、東部市税事務所法人課に税務申告を行う必要があります。

1-2 先端設備等導入計画の申請受付窓口

 千葉市 経済農政局 経済部 産業支援課 中小企業支援班
  電話:043-245-5284
  〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号(千葉市役所2階)

1-3 認定通知書発行までの期間

 「先端設備等導入計画に係る認定通知書」の発行まで、原則として5営業日いただきます。

 スケジュールに余裕をもって申請をお願いします。

2 「先端設備等導入計画」について

2-1 「先端設備等導入計画」の概要

「先端設備等導入計画」の作成にあたっては、策定の手引きの注意事項を十分にご確認ください。

 【生産性向上特別措置法】先端設備等導入計画策定の手引き(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

2-2 国の導入指針、千葉市の導入促進計画

国の指針及び千葉市の導入促進計画は次のとおりです。

  1. 国の指針(中小企業者の先端設備等の導入に関する指針)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  2. 千葉市導入促進基本計画(PDF:444KB)(別ウインドウで開く) 

 3 「先端設備等導入計画」の認定について

3-1 「先端設備等導入計画」認定までの流れ

※固定資産税特例を受ける場合は、手続きが異なりますのでご注意ください。

  1. 先端設備等導入計画を作成し、経営革新等認定支援機関に事前確認を依頼する。
  2. 内容が適合する場合、経営革新等認定支援機関から「確認書」の発行を受ける。
  3. 確認書等必要書類を添付し、千葉市産業支援課に先端設備等導入計画を申請する。
  4. 内容が適合する場合、千葉市から「認定書」の発行を受ける。
  5. 「認定書」の発行後、設備を取得する。

 【認定までの流れ】

 nagare1

3-2 「先端設備等導入計画」認定までの流れ(固定資産税特例を受ける場合)

  1. 設備メーカー等を通じて工業会等に生産性向上要件を満たしていることの「証明書」の発行を依頼する。
  2. 工業会等から「証明書」を入手する。
  3. 先端設備等導入計画を作成し、経営革新等認定支援機関に事前確認を依頼する。
  4. 内容が適合する場合、経営革新等認定支援機関から「確認書」の発行を受ける。
  5. 「確認書」「証明書」等必要書類を添付し、千葉市産業支援課に先端設備等導入計画を申請する。
  6. 内容が適合する場合、千葉市から「認定書」の発行を受ける。
  7. 「認定書」の発行後、設備を取得する。
  8. 千葉市東部市税事務所法人課に税務申告を行う。

【認定までの流れ(固定資産税特例を受ける場合)】

 nagare2

3-3 経営革新等支援機関の確認について

申請にあたっては、経営革新等支援機関の事前確認と「確認書」の発行を受けることが必要です。

認定経営革新等支援機関活動状況検索システム(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

3-4 工業会等の証明書について

固定資産税の特例を受けようとする場合は、工業会等の「証明書」の発行を受けることが必要です。

工業会等による証明書について(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 先端設備等導入計画等に関するQ&A(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

過去の資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局経済部産業支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5284

ファックス:043-245-5590

sangyo.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)