ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 農林業 > 森林 > 富田さとにわ耕園、下田農業ふれあい館、中田やつ耕園、関連ニュース!

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年10月9日

富田さとにわ耕園、下田農業ふれあい館、中田やつ耕園、関連ニュース!

本市には、都市と農村の交流を目的にした施設が3か所あります。

このページでは、3施設についてのイベントや募集情報等をご紹介します!

○3施設(富田さとにわ耕園、下田農業ふれあい館、中田やつ耕園)の紹介(PDF:484KB)

○3施設の案内図(下田農業ふれあい館のバイキングレストラン平日大人割引券付き!(PDF:129KB)

※3施設の休館日は月曜日及び年末年始です。

トピックス

いずみハロウィンキャンドルナイト

千葉大学の学生協力のもと、いずみ地区の豊かな自然の中で育ったひまわりとカボチャを用いて、ジャック・オ・ランタン(カボチャのランタン)を作ります。ひまわりの種から採った油を使って作るキャンドルと、大きなカボチャをくり貫いてつくるランタンでいずみの夜を灯します。イベント参加者を募集します。

内 容  Aひまわり油のキャンドルを作ろう

     ジャック・オ・ランタンを作ろう

会 場  富田さとにわ耕園(千葉市若葉区富田町711(カーナビの検索は富田町754) )

開催日時 10月27日(土曜日)ジャックイメージ

     A14:00~15:30

     15:45~17:15

定 員  各15組(1組3人以内)     

料 金  各1組500円(材料費及び保険料)

備 考  塩むすび(富田町産新米)の用意があります。(1個100円要予約)

     持ち物:A:エプロン、軍手 

         B:エプロン、カッター、カボチャくり貫き用おたま、彫刻刀など

          (どちらも任意でお持ちください)

その他  作成したキャンドルランタンは当日20:00まで、28日(日曜日)17:30~20:00に園内広場で灯します。(雨天の場合中止)ハロウィン仮装をしてご来場いただけます。(更衣室あり)

お申込み 10月12日(金曜日)必着。往復はがき(1通1組)に参加希望のイベント名(A・B)、参加人数、参加者全員の氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号、塩むすびを希望する場合は、その個数を明記して農業経営支援課へ。FAX・Eメール・電子申請も可(申し込み多数の場合は抽選) 

電子申請:パソコン(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く) 携帯電話(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く) スマートフォン(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)   

問い合わせ 千葉市農政センター農業経営支援課 TEL 043-228-6269 FAX043-228-3317

Eメール keieishien.AAC@city.chiba.lg.jp 

 

コスモスまつり2018(富田さとにわ耕園)が開催されました

富田さとにわ耕園では、遊休農地を活用して、地元とコスモスボランティアがコスモスを咲かせています。

今年も「コスモスまつり」が開催されました。

天候不順や台風等の影響もあり、例年より開花状況が良くありませんでしたが、たくさんのご来場ありがとうございました。

コスモスは10月下旬まで楽しめます。

富田コスモス

問い合わせ 富田さとにわ耕園(月曜日休館) TEL 043-226-0022 FAX043-226-0501

      千葉市若葉区富田町711(カーナビの検索は富田町754) 

 

中田やつ耕園 講座「バラの育て方と日常管理」

バラの専門家を講師に迎え、育て方や管理方法などの講座を行います。

講座の後に、中田やつ耕園の野バラ園を散策します。

野バラ園(バラ)

開催日時 10月20日(土曜日)10:00~12:00(荒天中止)

定 員 20人  料 金 500円

会 場 中田やつ耕園(若葉区中田町)

お申込み 10月11日(木曜日)必着。往復はがき(1人1通)に講座名、氏名、年齢、住所、電話番号を明記し中田やつ耕園へ。FAX・Eメールも可(申し込み多数の場合は抽選)

問い合わせ 中田やつ耕園 〒265-0043千葉市若葉区中田町2479-35(月曜日休館)

電話043-228-2251 FAX043-228-2252 Eメール info@nakatapark.com 

 

中田やつ耕園 野菜の収穫体験

中田やつ耕園では、野菜の収穫体験の参加者を募集します。

期 間 11月10日(土曜日)~11月30日(金曜日)【休館日を除く】

    10:00~11:00、14:00~15:00(荒天中止)

募集数 100口

料 金 1口1,000円(大根、ほうれん草、人参を収穫) 

会 場 中田やつ耕園(若葉区中田町)

お申込み 電話で中田やつ耕園へ。FAX・Eメールも可 先着順

問い合わせ 中田やつ耕園 〒265-0043千葉市若葉区中田町2479-35(月曜日休館)

電話043-228-2251 FAX043-228-2252 Eメール info@nakatapark.com 

 

枝豆の収穫オーナー募集(富田さとにわ耕園)

美味しい枝豆を収穫できる季節がもうすぐやってきます。富田さとにわ耕園では枝豆の収穫オーナーを募集します。ぜひご応募ください。

期 間 10月14日(日曜日)~ 10月21日(日曜日)

募集数 100区画(1区画約40株。複数区画も可)

料 金 1区画 3,000円

お申込み 電話で富田さとにわ耕園へ。FAX・Eメールも可 

申込先・問い合わせ 富田さとにわ耕園 千葉市若葉区富田町711(カーナビの検索は富田町754)

(月曜日休館)電話043-226-0022  FAX043-226-0501

 Eメール kumiai@tomita-kan.jp

  

内陸部3施設スタンプラリー終了!富田賞・下田賞・中田賞の抽選を行いました!!

平成30年3月1日木曜日から5月31日木曜日まで実施いたしました「内陸部3施設スタンプラリー」は、多くの方にお楽しみいただき、3施設を巡りスタンプを集めて応募できる「富田賞」「下田賞」「中田賞」にも多くの応募(計284件)をいただきました!

6月5日(火)に各施設の管理者と厳正な抽選を行い、当選者を決定しましたのでお知らせします。

当選者には、各施設から、電話にて順次、当選のご連絡と詳細説明を差し上げます。

 

内陸部3施設スタンプラリー開催!(富田さとにわ耕園・下田農業ふれあい館・中田やつ耕園) ※終了しました

3施設の愛称及びロゴマーク
 富田ロゴマーク  下田ロゴマーク  中田ロゴマーク
富田さとにわ耕園 下田農業ふれあい館 中田やつ耕園

 

富田さとにわ耕園・下田農業ふれあい館・中田やつ耕園の愛称とロゴマーク使用開始1周年を記念してスタンプラリーを開催します。

 3施設のスタンプを集めると、先着150名に3施設のロゴマーク入りオリジナルクリアファイルをプレゼント!

3施設スタンプラリーポスター 3施設スタンプラリー台紙 3施設クリアファイル

スタンプ台のある場所は施設にあるこのポスターが目印です。

スタンプラリーの台紙は各施設で配布します。  

先着150名に3施設ロゴマーク入りオリジナルクリアファイルをプレゼント

 

 さらに、応募により抽選で、3施設よりすてきな賞品をプレゼントします。 

【賞品】

・富田賞 じゃがいも収穫オーナー1区画(3,000円相当) 2名

・下田賞 下田農業ふれあい館レストラン澪お食事券(大人)1枚(1,300円相当) 10名

・中田賞 野菜収穫体験(1,000円相当) 5名

3施設のおすすめ時期
富田さとにわ耕園 下田農業ふれあい館 中田やつ耕園
シバザクラ  下田料理  中田バラ
4月にシバザクラが見ごろを迎えます。

通年、農産物直売所とレストラン澪をお楽しみいただけます。

5月に野バラ園が見ごろを迎えます。

開催及び応募期間 平成30年3月1日木曜日から5月31日木曜日まで

台紙(応募用紙)の配布及び応募場所 富田さとにわ耕園・下田農業ふれあい館・中田やつ耕園

 【注意事項】

(スタンプラリーについて)

・各施設は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)が休館日です。

・台紙の配布、スタンプが押せるのは開館日の9:00から17:00までです。

(応募について)

・応募箱は各施設にあります。

・同じ方の複数応募は無効です。

・当選者へはE-mailまたは電話にて通知します。

・当選した賞品は各施設でお受け取りください。

・個人情報につきましては、このイベント以外には使用しません。

【問い合わせ】  

千葉市農政センター農業経営支援課 TEL 043-228-6269

富田さとにわ耕園 TEL 043-226-0022

下田農業ふれあい館 電話043-237-8011  

中田やつ耕園 電話043-228-2251

 

シバザクライベント2018を開催しました(富田さとにわ耕園)

シバザクライベ1H30 シバザクライベ2H30 シバザクライベ3H30

約12万株のシバザクラのある富田さとにわ耕園では、シバザクラとネモフィラが見頃を迎えるにあたり「シバザクライベント」を開催しました。

【シバザクライベント】

 4月15日(日曜日) 

大道芸フォーエヴァー

NPO法人フォーエヴァーによる、似顔絵、落語、大道芸、ビームライフル射撃体験を開催しました。

似顔絵:事務所前広場 11時~14時

落語:研修室3 11時30分~13時30分

大道芸「がまの油売り」:事務所前広場 11時、13時30分

ビームライフル射撃体験:研修室1 11時~14時

4月22日(日曜日)

千葉市文化振興財団アーティストバンクに登録されている3団体の演奏が行われました。

会場:芝生広場

和太鼓白鳳(和太鼓):11時、14時

千花夏風(せんかなつかじ)(エイサー):12時

千葉城太鼓(和太鼓):13時

 

和太鼓白鳳H30

千葉城太鼓H30

千花夏風H30

 和太鼓白鳳                

千葉城太鼓 

千花夏風(せんかなつかじ)

 

NPO法人ちば森づくりの会が市内産の間伐材を活用して作製したベンチが芝生広場に10基設置されました。

富田ベンチ1  富田ベンチ2  富田ベンチ3

い合わせ 富田さとにわ耕園 電話043-226-0022 住所千葉市若葉区富田町711(カーナビの検索は富田町754)(月曜日休館)

 

平成30年度市民農園利用者募集(中田やつ耕園)

中田市民農園 

中田やつ耕園では、2月1日より平成30年度の市民農園の新規利用者を募集します。

道具の無料貸出や栽培講習会、相談会等も行っており、初心者でも安心して野菜作りができます。

募集区画

第1農園(20㎡)100区画 年間費用1区画10,280円(2区画連続使用可)

第2農園(40㎡)継続しない区画について募集 年間費用1区画20,570円(詳しくはお問い合わせください)

車イス用プランター(4㎡)5区画 年間費用1区画2,050円

利用期間 平成30年4月1日(日曜日)~平成31年3月31日(日曜日)

利用時間 4月~9月7:00~18:00 10月~3月8:00~17:00

所在地 若葉区中田町2479-35

付帯設備 トイレ・水道・休憩施設・駐車場

申込方法 はがき又はEメールで、希望区画名、区画数、氏名(フリガナ)、住所、電話番号を明記して中田やつ耕園へ。

申込期限 平成30年2月28日水曜日 消印有効

申込先・問い合わせ 中田やつ耕園(中田都市農業交流センター) 〒265-0043千葉市若葉区中田町2479-35(月曜日休館)電話043-228-2251 ファックス043-228-2252 Eメール info@nakatapark.com  

 

 レストラン澪(みお)の壁が変身!(下田農業ふれあい館)

下田農業ふれあい館内で地元野菜を使用したバイキングを提供する「レストラン澪(みお)」の壁が、東京情報大学の学生の力でおしゃれに変身しました。

下田情報大壁 下田情報大窓 下田地元野菜 下田レストラン食事

野菜のクイズやガラス面に季節感あふれる装飾を施すなど、楽しい雰囲気になりました。

また、料理に使用している地元野菜を表示していますので、気に入った野菜を帰りに直売所で買うことができます。

レストラン澪(みお)は、新鮮で安全安心な野菜を使用し、無添加、手作りで心のこもった料理をご用意して、皆様のご来店をお待ちしています。

【料金】大人1,300円 小学生700円 4歳~6歳300円

【利用時間】11時から15時(入店は14時まで)

【休業日】毎週月曜日と12月28日から30日

【問い合わせ】下田農業ふれあい館 〒265-0076千葉市若葉区下田町971 電話043-237-8011 FAX237-8988(月曜日休館) 

 

下田農業ふれあい館SNS拡散大作戦(下田農業ふれあい館)

下田農業ふれあい館の良さをツイッターやフェイスブック、インスタグラム等のSNSで拡散し、応募していただいた方の中から毎月抽選で1名様にレストラン澪のお食事券(2名分)をプレゼントします。

下田直売所  下田レストラン

【対象者】下田農業ふれあい館で買い物またはレストラン澪でお食事をされた方で、当日SNSで下田農業ふれあい館の良さを投稿していただいた方。

詳しくは下田農業ふれあい館にあるチラシをご覧ください。

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

  

富田さとにわ耕園、下田農業ふれあい館、中田やつ耕園の愛称とロゴマークが決まりました。

富田・下田・中田都市農業センターの愛称とロゴマークが決まりましたのでお知らせします。

愛称

今後は、これらの愛称とロゴマークを使用し、都市部と農村部の交流を進めてまいりますので、よろしくお願いします。

問い合わせ 農政センター農業経営支援課 電話043-228-6269

 

いずみウォーク(歴史・自然)を開催しました

講師の解説を聞きながら、若葉区東部のいずみ地区内の歴史や自然を探索するいずみウォーク(歴史・自然)を開催しました。

【歴史】「いずみ地区の歴史にふれる」

下田農業ふれあい館に集合し、旦谷町、谷当町、下田町、大井戸町を散策。

昼食は、下田農業ふれあい館内のレストラン澪のバイキングでお腹いっぱいに。

いずみウォーク歴史

開催日 3月22日木曜日 9:00から15:00

内容 下田町周辺の歴史を探索します。(約8キロ)

集合場所 下田農業ふれあい館 若葉区下田町971

【自然】「春のいずみ地区を歩く」

農政センターに集合し、野呂町の田園風景を見ながら大池を経由し、泉自然公園の満開の桜とカタクリを堪能しました。

いずみウォーク自然

開催日 3月28日水曜日 9:00から15:00

内容 野呂町周辺の自然(大池・泉自然公園等)を探索します。(約6キロ)

集合場所 農政センター 若葉区野呂町714-3

平成30年度も開催予定ですのでご期待ください。

問い合わせ 千葉市農政センター農業経営支援課 TEL 043-228-6269

 

野呂町農産物直売会(泉自然公園)

泉自然公園では、紅葉の時期に合わせて、11月19日に地元農産物の直売を行いました。

来年も開催予定ですのでご期待ください。

野呂直売

問い合わせ 千葉市農政センター農業経営支援課 TEL 043-228-6269

 

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業経営支援課

千葉市若葉区野呂町714-3 千葉市農政センター内

電話:043-228-6269

ファックス:043-228-3317

keieishien.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)