ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 農林業 > 森林 > 都市農業交流センター関連ニュース!

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

都市農業交流センター関連ニュース!

本市には、都市と農村の交流を目的にした都市農業交流センターが3か所あります。こちらでは、交流センターについての情報をご紹介します!

→各交流センターの紹介と案内図を見る!(☆下田農業ふれあい館のバイキング平日大人割引券付き!☆)(PDF:671KB) 

※都市農業交流センターの休館日は月曜日及び年末年始です。

トピックス

下田農業ふれあい館ロゴマークについてのアンケート結果(下田農業ふれあい館)

千葉市の安全安心な野菜の直売や地元野菜を使用したバイキングレストランでおなじみの下田農業ふれあい館では現在ロゴマークを検討中です。

決定の参考とするため、千葉大学の学生の皆さんが作製した案1~3について、2月9日から12日までツイッターと下田農業ふれあい館でアンケートを行いました。

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ロゴマークは4月に決定する予定です。

結果についてはこちらのリンクからご覧ください。(結果のページ)(別ウインドウで開く)

ロゴマーク案の詳細についてはこちらのリンクからご覧ください。(ロゴマークの詳細ページ)(別ウインドウで開く)

【ロゴマーク案】

案1

下田ロゴ4

案2

下田ロゴ5

案3

下田ロゴ6

 

問い合わせ 農政センター農業経営支援課 電話043-228-6269 

新商品「ベジタ棒」発売!(下田農業ふれあい館)

下田ベジタ棒

東京情報大学と下田農業ふれあい館(レストラン澪)が共同開発した新商品「ベジタ棒」が平成28年10月より新発売しました。

ベジタ棒とは、スティックタイプの野菜が入ったおかずケーキで、今回は地元下田町周辺で採れた野菜を使用し、当初夏野菜のトマト・キャベツ・そら豆の3種類を販売。

平成29年1月からは、秋~冬野菜の小松菜・カボチャ・ネギの3種類を販売しています。

気軽に野菜が採れるので、おやつや朝食として最適です。

トースター等で温めると更に美味しくなります。

値段 1本150円(税込)

発売日 毎週水曜日の夕方に販売します。

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

下田農業ふれあい館SNS拡散大作戦(下田農業ふれあい館)

下田農業ふれあい館の良さをツイッターやフェイスブック、インスタグラム等のSNSで拡散し、応募していただいた方の中から毎月抽選で1名様にレストラン澪のお食事券(2名分)をプレゼントします。

下田直売所  下田レストラン

【対象者】下田農業ふれあい館で買い物またはレストラン澪でお食事をされた方で、当日SNSで下田農業ふれあい館の良さを投稿していただいた方

詳しくは下田農業ふれあい館にあるチラシをご覧ください。

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

 

平成29年度市民農園利用者募集(中田都市農業交流センター)

中田市民農園

中田都市農業交流センターでは、2月1日より平成29年度の市民農園の新規利用者を募集します。

道具の無料貸出や栽培講習会、相談会等も行っており、初心者でも安心して野菜作りができます。

募集区画

第1農園(20㎡)100区画 年間費用1区画10,280円(2区画連続使用可)

第2農園(40㎡)継続しない区画について募集 年間費用1区画20,570円(詳しくはお問い合わせください)

車イス用プランター(4㎡)3区画 年間費用1区画2,050円

利用期間 平成29年4月1日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日)

利用時間 4月~9月7:00~18:00 10月~3月8:00~17:00

所在地 若葉区中田町2479-35

付帯設備 トイレ・水道・休憩施設・駐車場

申込方法 はがき又はEメールで、希望区画名、区画数、氏名(フリガナ)、住所、電話番号を明記して中田都市農業交流センターへ。

申込期限 平成29年2月28日(火曜日)消印有効

申込先・問い合わせ 中田都市農業交流センター 〒265-0043千葉市若葉区中田町2479-35(月曜日休館)電話043-228-2251 ファックス043-228-2252 Eメール info@nakatapark.com

  

いずみ地区はお米作りが盛んです

稲刈り1 稲刈り2 稲刈り3

いずみ地区(3つの交流センターがある地域の総称)ではお米作りが盛んです。

(画像は下田町の稲刈りの様子(撮影日平成27年8月31日))

いずみ地区のお米は、富田都市農業交流センター・下田農業ふれあい館で購入できるほか、下田農業ふれあい館内のレストラン澪で食べられますので、是非お越しください。 

下田農業ふれあい館(下田都市農業交流センター)

下田農業ふれあい館の外観写真

下田農業ふれあい館には、新鮮で安全安心な地元農産物などを販売する「しもだ農産物直売所」と、地元の旬な農産物で作った料理がバイキング形式で楽しめるレストラン「澪(みお)」があり、郷土の食をテーマに消費者と生産者の交流の場としてご利用いただけます。
→下田農業ふれあい館のホームページを見る!(外部サイトへリンク)

野菜たっぷりん好評販売中!

野菜たっぷりん

下田農業ふれあい館では、隣接する東京情報大学の学生とのコラボレーションにより、地元の新鮮な野菜を使ったプリン「野菜たっぷりん」を開発し、数量限定で販売中です。

学生が考えた可愛らしいパッケージも好評です。

季節ごとに旬な野菜を使用し、特に高齢者の方や野菜が苦手なお子様にもご好評をいただいていますので是非下田農業ふれあい館にお越しの際にお買い求めください。

現在、甘い「デザートシリーズ」と甘くない「ポタージュシリーズ」の2種類の商品を展開し、どちらも気軽に野菜が取れます。

平成28年1月より新たにバターナッツカボチャ・ゴボウ・ブロッコリーが加わりまりた。

価格 130円(税込)/個

販売日 毎週水曜日 15時から

【味のバリエーション(販売時期)】

デザートシリーズ(デザート感覚の甘いタイプ)

・小松菜(10月から4月)

・人参(10月から4月)

・さつまいも(10月から1月)

 ポタージュシリーズ(スープを固めた甘くないタイプ)

・トマト(7月から9月)

 ・とうもろこし(7月から9月)

・じゃがいも(7月から10月)

★新商品★(平成28年1月より販売開始)

・バナーナッツカボチャ(1月から3月)

・ゴボウ(1月から3月)

・ブロッコリー(1月から3月)

(販売時期・販売個数については地元農家からの仕入れ状況により変わります)

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

 夏の収穫祭が開催されました

夏の収穫祭

平成28年7月10日(日曜日)に夏の収穫祭が開催されました。

参加された皆さんは1口1,000円で枝豆5株とトマト1キロを収穫しました。

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

家族お米作り体験(稲刈り)が開催されました

 下田稲刈り1 下田稲刈り2 下田稲刈り3

平成28年9月18日の日曜日に家族お米作り体験(稲刈り)が行われました。

参加者は自分が植えた稲を鎌を使い刈取り、地元のお米を窯で炊いて作ったおにぎりを食べて、秋の実りを感じていました。

来年度も開催予定ですので是非ご参加ください。

問い合わせ 下田農業ふれあい館 電話043-237-8011(月曜日休館)

☆好評につき期間延長☆レストラン“澪”シニア割引キャンペ~ン!!

 

下田レストラン

地元の旬な農産物のおいしさをより多くの方に知っていただけるよう、下田農業ふれあい館のレストラン“澪”では、平日のみ65歳以上の方のご利用100円引きキャンペーン(1,300円→1,200円)を行っています!(詳しくは、下記連絡先まで。)

皆様のご来場をお待ちしております!!!

場所 レストラン澪(下田農業ふれあい館内、千葉市若葉区下田町971)

料金 大人1,300円 小学生700円 3~6才300円

営業時間 11時から15時(入店は14時まで)

問い合わせ 下田農業ふれあい館(電話043-237-8011、ファクシミリ043-237-8988)(月曜日休館)

富田都市農業交流センター

富田都市農業交流センターでは、春のシバザクラ、秋のコスモスを始め四季折々の花や自然をお楽しみ頂けます。研修室の貸出しや、農業体験イベント等もございますので、ぜひご利用ください!

コスモスまつり2016が開催されました

 

コスモス201501 コスモス201502 やきいも201501 がまの油201501

平成28年10月8日土曜日から10日祝日までの3日間コスモスまつりが開催されました。

8日と9日は生憎の雨でしたが、10日は晴天の中、約10万本のコスモスを見に多くの方がご来場いただきありがとうございました。

当日は、新鮮野菜の直売をはじめ、もみ殻による焼き芋の販売、さつまいもと落花生の掘り取り体験、NPO法人フォーエヴァーによるがまの油売りの口上、ビームライフル体験、似顔絵等さまざまなイベントが開催されました。

来年度コスモスまつりは20周年を迎えますので、是非富田町へお越しください。

問い合わせ 富田都市農業交流センター 電話043-226-0022 住所千葉市若葉区富田町711(カーナビの検索は富田町754)(月曜日休館)

  

中田都市農業交流センター

 青空の下、農作業に励む農園利用者の様子 青空の下、農作業に励む農園利用者の様子その2 平成26年春の野バラ園が満開の様子

 

中田都市農業交流センターでは、市民の方が自分で野菜を栽培できる「中田市民農園」のほか、野菜の収穫体験や、自由に見学できる「野バラ園」もございます。ぜひお気軽にお越しください!(→中田市民農園管理運営組合のホームページを見る!(外部サイトへリンク))

市民農園空き区画情報

平成29年度の市民農園については現在募集中です。

利用期間は、4月1日から翌年3月31日までです。

年度途中での申し込みの場合の利用料金は月割りとなります。

こちらの市民農園では、道具の無料貸出や栽培講習会(月1回程度)、栽培相談(相談員出勤日)があり、初心者でも気軽に野菜作りが楽しめます。

 

区画(面積)

空き区画数

利用料金(年額)

第1農園(20平方メートル)(※)

100区画

10,280円

第2農園(40平方メートル)

(※2)

20,570円

車イス用プランター(4平方メートル)

2区画

2,050円

 

 

 

 

 

※第1農園を2区画連続で40平方メートルとして使用可能です。

※2 継続しない方がいる場合に募集します。 

 

【問い合わせ】中田都市農業交流センタ― 電話番号043-228-2251(月曜日休館)

中田市民農園『感謝祭』を開催しました

中田都市農業交流センターでは、平成28年10月29日、30日に市民農園利用者による「感謝祭」が開催されました。

感謝祭では、市民農園で栽培された野菜の品評会やいもほり大会、かかしの展示、機械化される前の農機具の展示、地元農産物の販売等が行われ、多くの市民農園利用者が参加し交流が図られました。

   
中田H27感謝祭いもほり 中田H27感謝祭農機具展示 中田H27感謝祭直売 中田H27秋バラ

また、中田都市農業交流センター内の野バラ園では、この時期に秋咲きのバラが咲いていますので是非遊びに来てください。

問い合わせ 中田都市農業交流センタ― 電話番号043-228-2251(月曜日休館)

 

いずみグリーンビレッジイベント報告

野呂直売会を開催しました

平成28年11月20日に泉自然公園で開催された紅葉まつりにあわせ、地元野呂町の農産物の直売会が行われました。

H27野呂直売1 h27野呂2 H27野呂3 野呂ちらし

当日は新鮮で安全安心な野菜を多く販売され、来場者の皆様にご好評いただきました。

来年度も開催予定ですので、是非泉自然公園の紅葉まつりに遊びにきてください。

 

自然観察会~コスモスの咲く、秋の富田を歩く~

平成27年10月16日(金曜日)にいずみ地区を散策する自然観察会を開催しました。

H27自然観察会コスモス H27自然観察会1 H27自然観察会4 H27自然観察会3

当日は生憎の雨でしたが、参加者は講師の解説を聞きながら若葉区富田町の富田都市農業交流センター周辺のコスモスや原田池、いずみの森など約4km程度のコースを歩いて散策し、いずみ地区の秋の風景を楽しんでいました。

問い合わせ 農政センター農業経営支援課 電話043-228-6269 

歴史探索会~いずみ地区の古道を歩く~

平成27年12月9日水曜日に開催した『歴史探索会』を開催しました。

H27歴史1 H27歴史2 H27歴史3 H27歴史4

当日は晴天に恵まれ、下田農業ふれあい館を出発し、下田町、大井戸町、下泉町、上泉町、谷当町を回り下田農業ふれあい館へ戻ってくる 約10kmのコースを探索しました。

参加者は、いずみ地区の古道や歴史に触れ、この地区の魅力を満喫していました。

問い合わせ 農政センター農業経営支援課 電話043-228-6269 

いずみまるごと体験マップ☆

☆富田、下田、中田都市農業交流センターを含むいずみグリーンビレッジ地区には歴史、自然の魅力が満載!詳しくはこちらのマップをご覧ください!→いずみまるごと体験マップを見る!(JPG:3,243KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業経営支援課

千葉市若葉区野呂町714-3 千葉市農政センター内

電話:043-228-6269

ファックス:043-228-3317

keieishien.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)