ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 農林業 > 農薬 > 農薬使用のルールを守ろう

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

農薬使用のルールを守ろう

農薬は、病害虫の防除のために、少ない労力で一定の効果が得られるので、生産者にとっては、必要不可欠なものです。

しかし、農薬は、使い方を間違えると人や生物、環境に悪い影響を与えてしまうものでもあります。農薬を使用するときには、必ず以下のルールを守って使用してください。

1 登録農薬を使用しよう

登録されている農薬には、必ずラベルに「農林水産省登録 第○○○○○号」と記載されています。記載がない農薬(無登録農薬)は絶対に使用してはなりません。

非農耕地専用の除草剤について

ホームセンターなどで見かける除草剤の中に「非農耕地専用」と書いている除草剤があります。これは、農薬登録を受けていないものですから、農作物に使用した場合、農薬取締法違反となり、使用者は罰せられます。十分に気をつけましょう。

2 農薬散布前に必ずラベルを確認しよう

農薬のラベルには、使用できる農産物、使用量及び希釈倍率、使用時期、使用総回数などの使用基準や、使用上の注意事項や環境への影響について書かれていますので、使用前に必ず読みましょう。

注意点

※使用時期「収穫1日前」の意味⇒収穫まで24時間以内で使用してはいけません。

使用総回数の意味⇒商品名が異なっても、成分が同じ場合は同じ農薬ともなされるので注意が必要です。

3 環境に注意をして、農薬を散布しよう

早朝などの風のない日、天候、時間帯を選び、風向きや散布するときのノズルの向きに注意しよう。特に住宅地周辺で農薬散布する場合は、十分な注意が必要です。

住宅地周辺の農薬散布の注意点

子どもや通行者、住宅等に農薬が飛散しないよう、次のような対策に取り組みましょう。

  • 学校、保育園、病院、住宅地等に近接する田畑で農薬散布するときは事前に散布場所、日時を連絡しましょう。
  • 農薬散布時は、通行者にわかるように目印の旗等を設置するなど飛散防止に努めましょう。
  • クロルピクリンなどの農薬で土壌消毒する場合は、必ず被覆処理を行い、除去する時にも周辺に影響を及ぼすことのないように十分に注意しましょう。

    また、残留農薬のポジティブリスト制の導入により、隣接農地の農薬散布にはこれまで以上の細心の注意と、隣接農地の生産者との農薬散布の情報交換が非常に大切になります。

    飛散防止策

    • 飛散の恐れがある場合は、スポット散布を心がけましょう。
    • 飛散低減ノズルを使用しましょう。
    • スピードプレイヤー(SS)を使用するときは、風圧を減圧し、不要なノズルは止めましょう。
    • 少量多品目を栽培している場合などは、近接作物を一時的にシートで覆いましょう。
    • ネットや遮蔽物を利用しましょう。
    • 粒剤を使用するなど、飛散しにくい農薬への転換や、性フェロモン剤、生物農薬等の利用により散布回数を減らしましょう。

    4 農薬を散布したら、必ず記帳をしよう

    農薬を使用したときには、使用年月日、使用場所、使用対象農産物、農薬の名称、農薬の希釈倍率及び使用量を記録し、一定期間保管するようにしましょう。

    5 使い残した農薬や空容器は適切に処分しよう

    農薬は、使用のたびごとに使い切る量を調整し、散布した後の防除機や容器を洗浄した液は、排水路や河川等に流さず、散布ムラの調整に使用しましょう。

    また、使い終わった容器や袋等は、むやみに廃棄したり焼却せずに、処理業者に委託し、適正に処分しましょう。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)