• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年3月17日

タバココナジラミ

千葉市内において、タバココナジラミ(バイオタイプQ)の発生が確認されています。タバココナジラミは、トマト、キュウリ、ナス、ピーマンなど多くの作物に発生し、作物を弱らせるだけでなく、トマト黄化葉巻病などのウイルス病を媒介することが問題となっています。
特にバイオタイプQはタバココナジラミの中でも薬害抵抗性が発達しているため、防除が困難になるため、物理的・科学的に効果的な防除を行うことが重要となります。

タバココナジラミの写真
成虫(1mm程度)
タバココナジラミの成虫

卵・幼虫・蛹
タバココナジラミの卵、幼虫、さなぎ

1 防除方法について

(1)物理的防除

1 ネットを設置する。

施設栽培(ハウス)の場合は、天窓・側窓・出入り口などの開口部に0.4mm目のネットを設置することで、進入を防ぐことができますが、0.4mm目のネットは非常に目が細かいため、通気性が犠牲になります。そのため、初夏から秋にかけての栽培では温室内気温の上昇が問題となるため、換気扇を設置するなどの対処が必要となります。

2 黄色粘着テープを設置する。

タバココナジラミは黄色に誘引される性質を持っています。黄色粘着テープを設置することで、温室内のタバココナジラミの密度を下げることができ、多発生を抑制します。黄色粘着テープは農協や種苗店で扱っています。

(2)化学的防除

1 薬剤を散布する。

タバココナジラミ(バイオタイプQ)で効果のある薬剤の種類は限られています。薬剤の情報等については農業生産振興課までお問い合わせください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)