ホーム > イベントカレンダー > 郷土食「いももち」のつくり方教室

ここから本文です。

更新日:2017年10月19日

郷土食「いももち」のつくり方教室

要約

若葉区いずみ地区の方による、郷土食「いももち」のつくり方教室を行います。

千葉市は米とサトイモの産地ということもあり、戦前からサトイモに米を混ぜて
炊き込んだ「いももち」が食べられていました。砂糖醤油やおろし醤油、生姜醤油につけて食べるのが一般的ですが、汁物、雑煮に入れてもおいしく召し上がれます。
モチと比べると、「いももち」はうるち米を使用するためあまり固くならない、
消化が良いため胸やけが少ない、のどに詰まりにくいなどの特徴があります。

若葉区の郷土料理いももち

期間

  • 2017年11月15日(水曜日)

1.10時00分~12時00分 2.13時30分~15時30分

場所

対象者

郷土食「いももち」に興味のある方

人数

各回先着10名

料金

1,000円(材料代等)

申込方法

電話にて申込み(先着順)
申込み先:富田さとにわ耕園
電 話 :043-226-0022
 (9時00分~17時00分・月曜休館)

開催区

若葉区

開催場所

富田さとにわ耕園(若葉区富田町711ー1)

主催、共催、後援

共催

千葉市農政課、富田町管理組合

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5758

ファックス:043-245-5884

nosei.EAA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)