• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2013年6月19日

急傾斜地崩壊対策事業

急傾斜地崩壊対策事業とは、『急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律』に基づき行われるもので、急傾斜地の崩壊による災害から国民の生命を保護することを目的としています。

急傾斜地に係る許認可の手続

千葉県で行っています。(千葉県ホームページへのリンク)

急傾斜地崩壊防止工事の採択基準等

  • 自然のがけであること
  • がけの勾配が30度以上あること
  • がけの高さが5m以上あること
  • がけの崩壊により被害を受けるおそれのある家屋が5戸以上あり、移転適地がないこと
  • がけ地の所有者やがけの崩壊により被害を受けるおそれのある者等が工事を施行することが困難または不適当と認められるもの
  • がけ地が保安林等に指定されていないこと


※事業を進めていくなかで、以下の条件を満たす必要があります。

  • がけに係る土地の境界が確認できること
  • がけ地所有者等の危険区域指定に対する同意
  • 工事実施に必要な土地の無償使用承諾
  • 受益者負担金の納付に対する確約
  • 工事により設置した崩壊防止施設に対する無償土地使用貸借契約の締結


※工事を実施する事業主体と受益者負担金について
がけの高さにより工事を実施する事業主体と受益者負担金の割合が異なります。

がけの高さ 工事の実施 受益者負担金
5m以上10m未満 千葉市 工事費の5%
10m以上 千葉県 工事費の4%
  • ひとつの工事対象区域内に10m未満と10m以上の部分が混在する場合は、千葉市と千葉県それぞれで工事を実施する場合や、区域全体で判断し10m以上の部分でも千葉市が工事を実施する場合があります。


急傾斜地崩壊対策事業の紹介パンフレット

急傾斜地崩壊対策事業の紹介パンフレット(PDF:2,562KB)
(ダウンロード PDF:2,562KB)

関連リンク


建設局の主な仕事のページへもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

建設局下水道建設部都市河川課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所7階

電話:043-245-5392

ファックス:043-245-5574

toshikasen.COC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)