ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

千葉市の子どもの貧困対策

 千葉市こども未来応援プラン~子どもの貧困対策推進計画~

計画策定の背景・趣旨

全国の子どもの約7人に1人、ひとり親家庭においては約2人に1人が相対的貧困の状況にあり、OECD加盟国の中でも低位な状況にあります。また、生活保護世帯、児童養護施設等の児童の進学率は顕著に低い状況にあり、貧困の状況にある子どもが健やかに育成される環境の整備や教育の機会均等、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的として、平成26年に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行され、同年に「子供の貧困対策に関する大綱」が策定されました。

本市においても、経済的に困難な状況にあり、支援制度(生活保護・児童扶養手当・就学援助・社会的養護)を利用している世帯等の児童数は、約13,000人、約13人に1人となっており、また、これ以外にも厳しい環境にある子どもたちが多くいることが推測されます。

このような背景を踏まえ、本市における子どもの貧困対策に関する基本理念や目標を定め、施策を体系的に整理し、総合的に推進していくため、「千葉市こども未来応援プラン~子どもの貧困対策推進計画~」を策定しました。

法律・大綱

子どもの貧困対策の経緯・動向

子どもの貧困対策の経緯・動向
できごと
2013年(平成25年) 6月 「子どもの貧困対策の推進に関する法律」成立
2014年(平成26年) 1月
8月
「子どもの貧困対策の推進に関する法律」施行
内閣府「子供の貧困対策に関する大綱」閣議決定
2017年(平成29年) 3月 千葉市「千葉市こども未来応援プラン~子どもの貧困対策推進計画~」策定
2018年(平成30年) 6月 厚生労働省が「子ども食堂の活動に関する連携・協力の推進及び子ども食堂の運営上留意すべき事項の周知について(外部サイトへリンク)」を通知

子どもの貧困対策に関する支援情報をさがす

子供の未来応援プロジェクト(内閣府)

 関連リンク

こども未来局トップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども家庭支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5179

ファックス:043-245-5631

kateishien.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)