• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年2月21日

子ども医療費助成制度

出生・転入等の届出とあわせて子ども医療費助成受給券の申請ができるようになります

29年1月より、各区役所市民総合窓口課(旧名称:市民課)で出生届・転入届等を提出した際に、子ども医療費助成受給券の交付申請もできるようになります。

<申請に必要なもの>
・お子さんの保険証の写し
・保護者(生計中心者)の市町村民税課税証明書等(市町村民税額・所得金額・控除額・扶養親族の数の記載があるもの)
※市町村民税課税証明書については、28年1月1月時点で千葉市に住民登録のあった方は不要です。

また受給券の交付申請以外にも、下記手続きが可能となっております。
・転居届の提出に伴う子ども医療費助成受給券の記載事項変更届
・千葉市外への転出届に伴う子ども医療費助成受給券の返納届

なお、出生届・転出届等の提出を伴わない各種申請については、これまでどおり各保健福祉センターこども家庭課で受け付けます。制度に関するお問い合わせも各区こども家庭課(連絡先は下部)までお願いします。

※総合窓口(ワンストップサービス)についての詳細は、こちらをご覧ください。 

子ども医療費助成制度とは

この制度は、助成対象のお子さんが医療機関(整骨院等を含む)に通院又は入院した場合や、院外処方せんにより保険薬局で薬を受け取った場合に、保険診療の範囲内で医療費の自己負担額の全部又は一部を助成する制度です。

助成の内容

平成26年8月診療分より

助成対象 0歳~小学3年生 小学4年生~中学3年生
助成区分 通院 ・ 入院
保護者
負担額
通院1回につき300円
入院1日につき300円
通院1回につき500円
入院1日につき300円
市民税所得割が課税されていない方は無料

(健康保険が適用されないものは助成の対象となりません。)

助成方法

現物給付 償還払い
千葉県内の医療機関で、子ども医療費助成受給券と健康保険証を提示していただくことで、原則として保護者負担額のお支払いのみとなります。 医療機関の窓口で医療費をいったん支払い、翌月以降、領収書を添付して市に申請することで、後日、保護者負担額を除いた額を助成します。

※医療機関の窓口で現物給付による助成が受けられなかった場合は、お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課で、償還払いの手続きをしてください。(申請方法は下記参照)

受給券の申請方法

子ども医療費助成受給券新規交付申請書に必要事項を記入して、必要書類を添付してお住まいの区の保健福祉センターこども家庭課に持参または郵送してください。郵送で申請される場合には、提出書類の記載漏れ、不足等のないよう必ず確認してください。また、各区役所市民総合窓口課にて出生届・転入届と併せて申請することもできます。
申請書は、各保健福祉センターこども家庭課または各種申請書のダウンロードから取得することができます。(各区役所市民総合窓口課では手続きが可能な際にお渡しします。)

申請に必要な書類

  • 子ども医療費助成受給券新規交付申請書
  • お子さんの健康保険証の写し
  • 保護者(生計中心者)の市町村民税課税証明書等(市町村民税額・所得金額・控除額・扶養親族の数の記載があるもの)

注:保護者の市町村民税課税証明書等について
※申請年度(ただし、4月から7月までの申請の場合は、申請の前年度)の市町村民税課税証明書等が必要になります。
※千葉市が市民税額等の調査をすることに同意いただける場合は、提出は不要です。ただし、以下の場合は提出が必要となります。

  • 基準日(1月から7月までの申請の場合は前年の、8月から12月までの申請の場合は申請する年の1月1日)に、保護者が千葉市に住んでいなかった場合
  • 保護者が単身赴任等で千葉市に住民登録がない場合

※原則は原本を提出していただきます。ただし、各保健福祉センターこども家庭課での複数の申請手続きに提出が必要な場合1枚のみで足りることがあります。
※源泉徴収票は所得税に係る証明ですので代用できません。

受給券の更新について

8月1日から有効な受給券は、自動更新により7月下旬に郵送します。
ただし、以下の方は自動更新されませんので、申請が必要となります。

  • 受給券交付申請の際に市民税額・所得金額等に関する市の調査に同意していない方
  • 保護者が単身赴任等で千葉市に住民登録がない方
  • 更新する年の1月1日に千葉市に住民登録がない方

※更新申請が必要な方には、案内を郵送します。万一、上記に該当する方で、ご案内の書類が届かない場合には、お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課へご連絡ください。

償還払いの申請について

千葉県外の医療機関で受診した場合や受給券を忘れた場合など、医療機関の窓口で現物給付による助成が受けられなかった方は、お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課へ申請していただくことで、一旦支払った医療費の自己負担分(保護者負担額を除く)を助成します。
申請は、診療の翌月以降1か月単位で行えます。なお、健康保険組合等から高額療養費や附加給付が支給される場合は、それらを受給してから申請してください。償還申請できる権利は5年で消滅となりますので、お早めに申請してください。
※確定申告で医療費控除を受けた後の医療費の助成はできません。

申請に必要な書類

  • 子ども医療費助成金交付申請書(こども家庭課または各種申請書のダウンロードから)
  • 受給券の写し
  • お子さんの健康保険証の写し
  • 領収書の原本(受診者の氏名、受診年月日、保険点数のわかるもの)
  • 保護者名義の口座がわかるもの
  • その他(高額療養費、附加給付等に該当する場合は、支給決定通知書や限度額適用認定証などが必要となる場合があります。)


※健康保険証を提示しないで治療を受けたとき、または、治療用装具などの費用は、一旦全額を支払いますが、後で保険者(国民健康保険、健康保険組合など)に請求し、保険給付分の払い戻しを受けることができます。償還払いの申請は、保険者からの支給決定通知書の受理後に行ってください。なお、治療用装具の償還払いの申請時には、上記の書類の他に、「診断書」等が必要になります。詳しくは、お住まいの区の保健福祉センターこども家庭課までお問い合わせください。

学校等でのけがなどについて

学校等(幼稚園、保育所(園)を含む)の管理下での負傷又は疾病など、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる場合は、子ども医療費助成の対象となりません。
医療機関では、受給券を使わず、医療費の自己負担額(小学校就学前児は2割、小学校1年生以上は3割)をお支払いください。
災害共済給付については、学校等にご相談ください。

その他

申請先・問い合わせ

各保健福祉センターこども家庭課
中央 221-2172 花見川 275-6421 稲毛 284-6137
若葉 233-8150 緑 292-8137 美浜 270-3150

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5178

ファックス:043-245-5547

kikaku.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)