• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

学校教育部学事課長メッセージ

平成29年9月1日

学事課は、小中学校への入学や転校手続きなどの就学相談や市立小中学校に通うお子様の学校生活を支援する「就学援助」、学校生活の安全に係る所掌事務を担当しています。

 

42日間の夏休みが終わり、心も体もひとまわり大きく成長した子どもたちの姿が学校に戻り、活気ある学校生活が始まりました。子どもたちは、この夏どのような体験や経験をしたのでしょうか。さまざまな経験は、子どものその後の財産になります。今後もたくさんのことにチャレンジし、経験を積んでほしいものです。

今回は、就学援助制度についてお伝えします。
本市では、市立小・中学校に就学するお子様が安心して教育を受けられるよう、経済的な理由でお困りの方々のために、学校生活を支援する「就学援助」を行っています。
援助の対象となるのは市立小・中学校に就学するお子様をお持ちで、次のいずれかに当てはまる方です。


1.生活保護を受給している方
2.生活保護が停止または廃止になった方
3.市民税が非課税である方
4.個人の事業税が減免されている方
5.固定資産税が減免されている方
6.国民年金保険料が免除、もしくは国民健康保険料が減免または徴収猶予されている方
7.児童扶養手当を受給している方
8.新たに生活福祉資金の貸付を受けた方
9.職業安定所(ハローワーク)登録の日雇労働者である方
10.上記1~9の理由に当てはまらないが、経済的に困難、または特別な事情がある方

援助の内容は、学用品費や校外活動費、学校給食費などですが、それぞれ定められた金額や方法で支給しています。
援助を希望される方は、お子様の通う学校へお申込みください。審査の上、受給資格が確認できれば年度の途中からでも受給できます。
なお、審査の結果、受給できない場合もありますのでご承知おきください。

申請に必要な証明書類や援助内容等については、学事課ホームページ内の「就学援助制度」をご覧いただくか、学事課管理班就学援助担当(245-5929)にお問い合わせください。

 

平成29年7月1日

学事課は、小中学校への入学や転校手続きなどの就学相談や市立小中学校に通うお子様の学校生活を支援する「就学援助」、学校生活の安全に係る所掌事務を担当しています。

 

今回は、暴風雨などの自然災害時の学校の対応についてお伝えします。


梅雨明けも間近と思われますが、梅雨末期は、天候の急変や落雷、降雹、竜巻などの被害例が多く報告される時期です。児童生徒の登下校にも、十分に注意が必要です。
また、今後、台風シーズンを迎えますが、学校と家庭との連携により、児童生徒の安全確保をより確実なものにしたいと考えています。
本市では、暴風雨等の風水害時における児童生徒の登下校等について、全市的なガイドラインを定めています。

 

1子どもたちの登校前に、千葉市内に「暴風警報」等が発表された場合
(1)午前7時において、「暴風警報」や「暴風雪警報」が発表中の場合、その日は「臨時休業」とします。
※市立特別支援学校及び稲毛高等学校附属中学校は、その判断時刻は午前6時とし、
市立高等学校は、その判断時刻は午前6時と午前10時とします。
※「大雨特別警報」、「暴風特別警報」、「暴風雪特別警報」、「大雪特別警報」の場合も
同様の措置とします。

(2)午前7時(「高校等」は午前6時)までに「暴風警報」等が解除になった場合は、臨時休業ではありません。子どもたちの登校にあたっては、気象の状況を確認し、安全を最優先にお考えいただき、無理のないように登校させてください。雨がやんだ後に河川や用水路が急に増水する場合もありますので注意が必要です。

 

2子どもたちの登校後に、千葉市内に「暴風警報」等が発表された場合
小学校では、子どもたちを学校に待機させ、保護者引き渡しによる下校とする場合があります。引き渡しの実施について、連絡網や携帯連絡メールなどで保護者の皆様にお知らせすることとしています。
中学校では、あらかじめ保護者の皆様にお知らせした方法(地区別の集団下校等)により下校させます。特別支援学校や高校では、交通機関等の状況を把握した上で下校を判断します。

風水害等の自然災害時にも、学校では子どもたちの安全・安心を最優先に考え対応してまいりますので、保護者の皆様のご理解とご協力をお願いします。

詳しくは学事課ホームページ「気象警報発表時の登校・下校について」をご覧いただくか、学事課(245-5928管理班)または学校へお問い合わせください。

 

平成29年5月15日

学事課は、小中学校への入学や転校手続きなどの就学相談や市立小中学校に通うお子様の学校生活を支援する「就学援助」、学校生活の安全に係る所掌事務を担当しています。

心地よい風が校庭の新緑を揺らす頃となりました。新学期もおよそ1か月を経過し、新入生もそろそろ学校になれてきたのではないでしょうか。また、多くの学校で運動会や体育祭が行われる頃だと思います。

 

今回は、緊急時における学校と保護者の皆様との連絡体制についてお伝えします。

本市では、平成23年度から、あらかじめ登録していただいた保護者の皆様に、学校から緊急情報等をメールによりお知らせするシステム(携帯連絡メール)を運用しております。大勢の方々に素早く伝達できる利点がありますので、不審者情報や気象警報時の緊急連絡に有効です。

本市においても、子どもたちが不審者と遭遇したり、怖い思いをしたりする事案が報告されています。子どもたちの安全を確保するためには、なるべく早く保護者の皆様に情報をお伝えし、ご協力を得ることが重要です。そのためにも、学校ごとに携帯連絡メールの登録や運用を進めています。

詳しくは、学校から配布された手続き文書等をご覧いただき、内容を十分ご理解の上、是非ご登録ください。

 

学校では、子どもたちに危ないところに近づかない指導や危険から逃れる方法等について指導をしています。ご家庭でも携帯連絡メール等を通じて、不審者情報や子どもたちの安全に関わる情報が寄せられた際には、お子さんたちに注意を促すなどの対応をお願いします。

子どもたちの安全・安心をより確かなものにするために、今後も保護者、地域の皆様にはご協力をお願いします。

平成29年4月6日

学事課は、小中学校への入学や転校手続きなどの就学相談や市立小中学校に通うお子様の学校生活を支援する「就学援助」、学校生活の安全に係る所掌事務を担当しています。

お子様のご入学、ご進級おめでとうございます。

新しい学校、新しい学級、新しい先生、新しい友達との出会い。子どもたちにとっては、期待に夢膨らむ入学・進級でしょう。本市の学校に学ぶ一人一人の子どもたちが、明るく楽しい学校生活を過ごせるよう、学事課としてもしっかりと支援していきます。

 

さて、今回は不審者から子どもたちを守るための取組と家庭の協力依頼についてです。

ご存知のように、3月末、県内において、登校中の小学生が亡くなる事案が発生しました。ご冥福をお祈りするとともに、一日も早く犯人が逮捕されることを願っています。

現在、本市では、登下校時の子どもたちの安全を見守るセーフティーウォッチャーに登録している方が2万6000人以上います。活動されている皆様に対して感謝の気持ちでいっぱいです。

 

しかしながら、不審者はその隙間を狙って、子どもたちに近づいてきます。不審者は、ほとんどの場合、子どもたちが一人でいるところを狙って、声かけ、露出、脅迫、付きまといなどの行為を行います。登校時よりも下校時に発生していることが多い状況でもあります。

 

教育委員会では、スクールガードアドバイザーの配置、セーフティウォッチャー講習会の開催、防犯ブザーの貸与、学校からの不審者情報を周辺の小中学校や関係機関へ情報提供することなどに取組み、子どもたちの安全確保に努めています。

また、学校では、登下校時や帰宅後の外出時における安全指導をはじめ、安全マップの作成等にも取り組んでいますが、子どもたちには小さい時からある程度の危険回避能力を身に付けることが大切であり、「危険から自分を守る手段」について、家庭でもよく話し合っていただくようお願いします。

 

子どもたちを見守る活動にご協力いただける方は、いつでもセーフティーウォッチャーとして登録できますので、地域の学校に声をかけていただければ幸いです。子どもたちの安全・安心をより確かなものにするために、今後とも、保護者、地域の皆様にはご協力をお願いします。

このページの情報発信元

教育委員会事務局学校教育部学事課

千葉市中央区問屋町1番35号 千葉ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5928

ファックス:043-246-6424

gakuji.EDS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)