• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年10月5日

学校教育部保健体育課長メッセージ,平成29年度

 

平成29年10月4日

 保健体育課長の古山です。
   今回は、市中学校総合体育大会「駅伝の部」の結果、そして、小学校陸上大会開催についてお知らせします。

○市中学校総合体育大会「駅伝の部」
・日 時 9月27日(水)9:20 ~ 14:45
・場 所 青葉の森スポーツプラザ陸上競技場及び青葉の森公園園路周回コース
・参 加 男子60校、女子60校

   過去最多の参加校数となった今年度の大会は、天候にも恵まれ、学校の代表として選抜された男子6人、女子5人の選手が、これまでの練習の成果を発揮し、チーム一丸となって、全力の走りを見せてくれました。
   選手の皆さんにとって、思い出に残る大会となったことと思います。
保護者、地域の皆様には、たくさんの応援をいただきありがとうございました。
   今年度の上位の学校は以下のとおりです。

  男子の部 記録 女子の部 記録
優勝 千葉市立稲毛中学校 54分17秒 千葉市立山王中学校 42分47秒
準優勝 千葉市立蘇我中学校 54分24秒 千葉市立有吉中学校 43分11秒
第3位 千葉市立おゆみ野南中学校 54分26秒 渋谷教育学園幕張中学校 43分21秒
第4位 渋谷教育学園幕張中学校 54分31秒 千葉市立稲毛中学校 43分36秒


   なお、千葉県中学校駅伝大会は、11月4日(土)に、柏の葉運動公園にて開催されます。

○千葉市小学校陸上大会
・日 時
   【中央・花見川・稲毛区】の部 10月26日(木) 9:15 ~ 14:50 [予備日 10月31日(火)]
   【若葉・ 緑 ・美浜区】の部 10月27日(金) 9:15 ~ 14:50 [予備日 11月 1日(水)]
・場 所 青葉の森スポーツプラザ陸上競技場
・参 加 市内112小学校の代表選手

   各学校の選手が、100m走、60mハードル走、1000m走、走り幅跳び、ソフトボール投げ、走り高跳び、4×100mリレーの7種目で競います。
   現在、多くの小学校で大会に向けての練習が始まったところです。大会当日は、練習の成果を生かして、力の限り挑戦し、たくさんの好記録が生まれることを期待しています。
   なお、青葉の森スポーツプラザ陸上競技場を会場として開催しますが、応援スペース及び駐車場につきましては、子どもたちの応援、送迎用バスを優先しますので、ご理解とご協力をお願いします。 

 次に、学校給食「千葉市民の日特別メニュー」についてお知らせします。

 10月18日(火)は、千葉市民の日です。学校給食では毎年、千葉市並びに千葉県産農産物を積極的に取り入れた「千葉市民の日特別メニュー」を実施しています。
   今年は、千葉市産のとれたての新米コシヒカリを主食に、魚、豆、野菜をたっぷり使った和食のメニューです。デザートは、千葉市の給食でおなじみの、幕張にんじんを使用した「ちはなちゃんゼリー」です。
specialmenu

 10月2日には、瑞穂小学校において、熊谷市長と芦ケ谷花見川区長をお招きして「千葉市民の日特別メニュー」の試食会を実施しました。
   食事後には、市長さんや区長さんのお話しを伺い、自分たちが住む千葉市について考える貴重な機会となりました。
yousu1yous2

   千葉市の学校給食では、例年、生産者の方のご協力により、10月~12月の期間に新米コシヒカリのご飯を提供しています。
   今年は、夏の天候不順でお米の成長が心配でしたが、農家の方のご尽力により、今年もおいしいご飯を食べることができました。
   新米の甘みと香りを感じながら、生産者の方にも感謝して、味わって食べてほしいです。
   このような機会を通して、子どもたちがクラスの仲間と一緒に、秋の市内産農産物を中心とした給食を味わうことで、「ふるさと千葉」を愛する心をさらに深めていきたいと考えます。 

平成29年9月1日

 保健体育課長の古山です。

 42日間の夏休みも終わり、心も体も一回り成長した子どもたちは、元気に学校生活をスタートさせたことと思います。
この夏休み中には、世界水泳、世界陸上などが開催され、多くの日本人選手の活躍の姿を見ることができました。特に陸上競技の100m走男子では、日本人初の9秒台の記録が出るか楽しみにしていました。残念ながら記録は出ませんでしたが、その可能性を十分に感じることができました。全力で競技する選手の姿や、熱心に応援するサポーターの姿に、スポーツの素晴らしさを改めて感じました。

 さて、今年の千葉市中学校総合体育大会は、記念すべき70回目の開催であり、7月15から6日間に渡って、登録選手約9,000人が54会場に集い、熱い戦いが繰り広げられました。多くの方々から、たくさんの温かい応援をいただきました。ありがとうございました。その後、市の大会を勝ち抜いた選手が、県大会(16種目、1130人)、関東大会(12種目、155人)、さらに全国大会(7種目、44人)へ千葉市の代表として出場し、素晴らしい活躍をしてくれました。
特に、新体操競技では、高洲第一中学校の山田愛乃さんが、市・県・関東・全国大会を勝ち抜き、個人総合で全国第1位、打瀬中学校の小池夏鈴さんが全国第2位に輝きました。
また、水泳競技においても、新宿中学校の落合兼優さんが男子200m平泳ぎで全国第2位という素晴らしい成績をあげました。
大会では、どの選手も、今までの練習で培った力と技を存分に発揮し、相手を尊重する気持ちを忘れることなく競技に臨み、スポーツの楽しさや負けた時の悔しさを十分に味わったことと思います。また、友情を深め、生涯忘れられない中学校生活のよい思い出を胸に刻むことができたのではないでしょうか。これまで支えてくださった先生方や保護者の皆様、多くの仲間など全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、この経験をぜひ、今後の生活に生かしてほしいと思います。

 9月27日には、千葉市中学校総合体育大会駅伝の部が青葉の森スポーツプラザ陸上競技場及び園路周回コースで開催されます。さらに10月26・27日には、小学校陸上大会が青葉の森スポーツプラザ陸上競技場で開催されます。保護者の皆様の御理解と御支援をお願いするとともに、多くの方々から励ましの言葉をかけていただければと思います。

平成29年7月3日

 保健体育課長の古山です。

 5月から6月に開催された2017世界卓球選手権ドイツ大会では、中学1年生の張本智和選手がリオデジャネイロオリンピックのメダリストを含む対戦相手を次々と破り、準々決勝まで勝ち進むという大活躍を見せてくれました。中学生である張本選手が、世界屈指の選手にも臆することなく、堂々と戦う姿には多くの人が、興奮と感動を覚えたことと思います。

 さて、本年度の「千葉市中学校総合体育大会」は、7月15日(土)~20日(木)の6日間にわたり開催します。 
   本大会は、今年70回を数える歴史と伝統のある大会で、陸上競技をはじめとする16種目を市内54会場で開催し、各中学校の代表選手約9,000人が熱い戦いを繰り広げます。

 選手の皆さんは、これまで厳しい練習に耐えながら、心と体を鍛え、技術を磨いてきたことと思います。特に、3年生にとっては、中学校生活最後の大会になります。
   フェアプレーの精神で、臆することなく練習の成果を十分発揮し、悔いのない大会にしてください。
   保護者の皆様方には、選手の力いっぱいの競技に、温かい声援や拍手をいただければ幸いです。
   参観の際には公共の交通機関をご利用いただくとともに、熱中症や施設等でのけがに十分な注意をお願いいたします。

 なお、駅伝の部は9月27日(水)に、ダンスの部は11月7日(火)に開催する予定です。
   競技会場や日程については、以下の「こちらから」をクリックして確認してください。

 会場・日程は、こちらから(PDF:146KB)

 なお、この大会で勝ち上がった選手やチームは、以下の上部大会に出場することとなります。

 千葉県中学校総合体育大会  7月25日(火)~8月 2日(水)
   関東中学校体育大会     8月 5日(土)~8月11日(金)
   全国中学校体育大会     8月17日(木)~8月25日(金)

 本年度の全国中学校体育大会は、九州・沖縄地区で開催される予定です。多くの選手が、関東中学校体育大会や全国中学校体育大会に進み、活躍してくれることを期待しています。

平成29年6月29日

 今回は、学校給食と食物アレルギー対応についてお知らせします。

 本市では、小学校、中学校、特別支援学校の全ての市立学校で学校給食を提供しています。小学校と特別支援学校では、各学校の給食室で調理する単独調理場方式(自校方式)、中学校は3つの学校給食センター(新港・こてはし・大宮)で給食を調理し、各中学校に配送する共同調理方式(センター方式)を採用しています。

 学校給食は、成長期における児童生徒の心身の健全な発達に必要な栄養を摂るだけでなく、「食の大切さ」「食事の楽しさ」を理解するための「食育の推進」の役割も担っています。各学校では、栄養教諭等を中心に、食に関する掲示物を作成したり、給食の時間に合わせて、食材や料理に関する話題を校内放送で話すなど、各学校で工夫しながら、児童生徒への食育の取り組みが進められています。

 学校給食の提供の際に特に配慮しなければならないのは、子どもたちの食物アレルギーへの対応です。平成28年度の千葉市学校保健統計では、食物アレルギーのある割合は、小学生の約4.2%、中学生の約5.0%という調査結果が出ております。
   各学校で給食を調理している小学校・特別支援学校では、一人ひとりの食物アレルギーに対応した個別メニューを提供していますが、できるだけアレルギーのない子どもたちと同じメニューを食べることができるよう、日々の献立、料理を工夫しているほか、教職員全員を対象に研修を行い、食物アレルギーへの共通理解を図っています。
   また、中学校は、学校給食センターで大量に調理するため、個々の生徒の食物アレルギーに対応した料理を提供することは難しいので、給食に使用する食材選定や献立を作成する際に、アレルギーのある生徒が多い「そば」や「落花生」、「キウイフルーツ」などを使用しないこと、献立作成の際に、同じアレルゲン物質を含む食材を複数使用しない、などの配慮を行っています。

 各学校、学校給食センターでは、食物アレルギーのある子どもたちが、kyusyokuimage成長と共に少しでも食べることができる食品が増えて、「食」の楽しみが増えることを願って、毎日の献立を考えています。
   なお、本市では、専門医、医師会、保護者、学校関係者の協力により作成した「学校における食物アレルギー対応の手引き・千葉市版」に基づいて、学校における食物アレルギー対応を行っています。

 関心のある方は、ぜひご覧ください。(下記参照)
「学校における食物アレルギー対応の手引き 千葉市版」(平成29年3月17日第6版)(別ウインドウで開く) 

 

平成29年4月10日

 本年度、保健体育課長に就任しました古山です。今年度も子ども達の健康の増進と体力の向上に向け、学校体育、学校保健・安全、学校給食等の諸施策の充実を図ってまいります。

 ご入学を迎えられた新1年生の皆さん、ご進級された皆さん、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

 新年度を迎え、皆さんは、希望と期待に胸をふくらませていることと思います。新しい学校生活を始めるにあたり、学校生活の土台となる健康と安全に十分気をつけてください。特に登下校をはじめ、放課後や休日を含めて、交通事故には十分に気をつけてほしいと思います。

 本市の子ども達の交通事故報告件数は年々減少しているものの、飛び出しや無理な横断による事故で、大けがを負うケースが多く見られます。交差点では、一度止まって左右をよく確認することや駐停車中の車と車の間からは横断しないなど、ご家庭でも交通安全について、ぜひ話題にしてください。

H29_4

 また、子ども達の自転車による事故も多く発生しています。平成29年3月には、「千葉市自転車を活用したまちづくり条例」が制定されましたので、運転のルールやマナーについて再度ご確認いただくとともに、安全な運転を心がけてください。合わせて、転倒時の衝撃をやわらげ、けがを軽減させるため、ヘルメットの着用に努めるとともに、万が一に備えて保険への加入もぜひご検討ください。

 お子様が、毎日楽しく充実した学校生活を送り、健やかに成長されますことを心より願っています。

 


これまでのメッセージはこちら(平成28年度分の保健体育課長メッセージ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局学校教育部保健体育課

千葉市中央区問屋町1番35号 千葉ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5942

ファックス:043-245-5982

hokentaiiku.EDS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)