ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 教育委員会事務局 > 学校教育部教育指導課長メッセージ

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月1日

学校教育部教育指導課長メッセージ

平成30年11月1日

季節は移り、朝晩の冷え込みに秋の深まりを感じるようになりました。
秋は「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」などと言い表されますが、学習やスポーツに心地よく積極的に取り組むには適した季節です。各学校でも後期がスタートして3週間が過ぎ、さまざまな行事も予定されていることと思います。子供たちが目標を持って取り組み、それぞれの行事を通して成長することを願っています。
今回は、9、10月に行った「千葉市小・中・特別支援学校児童生徒作品総合展覧会(科学部門)」と「千葉市中学校音楽発表会」について報告します。

千葉市小・中・特別支援学校児童生徒作品総合展覧会(科学部門)

9月15日(土曜日)~18日(火曜日)の4日間、きぼーる広場及び千葉市科学館を会場に開催しました。市立小・中学校から選出された995点の作品を展示するとともに、推奨218点、県科学作品展出品93点を選びました。
会期中は、多くの方々が訪れ、4日間で6,372人の来館者がありました。
9月15日(土曜日)には作品発表を行い、「教育長賞」「科学館賞」に選ばれた作品の一部を実演を交えながら紹介しました。
また、中学校作品については、理科主任会役員が作品の紹介や解説をDVDに録画撮影し、その映像を流すことで作品に手を触れることなく作品の様子がわかるように工夫し、参観者から好評でした。
県科学作品展に出品した93点のうち、46点が入賞し、全国展にも15点が出品されました。今後、これらの優秀作品の概要を教育委員会教育指導課のホームページ上に掲載する予定です。ぜひ、今後の取組の参考としてください。

30rikasougoutensyuppinutiwake

 

30rikakougoutenkyouikutyousyou


千葉市中学校音楽発表会

10月25日(木曜日)、26日(金曜日)の2日間、千葉市民会館大ホールで開催しました。市立中学校全55校と市立養護学校が参加し、すばらしい演奏を披露しました。
この発表会は、今年で50回目を迎えます。初日には熊谷市長も参観し、子どもたちの奏でる美しい歌声や演奏を聴きました。
30ongakuhappyoukaisyasin学校により、学級による合唱、学年、学校による合唱、吹奏楽部や合唱部の演奏など、様々な参加形態でしたが、どの演奏も真剣に取り組む姿が見られるとともに、その美しいハーモニーを鑑賞する他の学校の参加者や保護者の皆さんに大きな感動を与える発表会でした。
帰校後、参加生徒全員が印象に残った3校を選んで投票しました。その結果により、「ナイスハーモニー賞」を決定します。
改めて、音楽のすばらしさを実感することができた2日間でした。30ongakuhappyoukaipuroguramu

 

平成30年9月3日

夏休みが終わり、子どもたちの元気な声が学校に戻ってきました。今年の夏はとにかく暑かったですが、朝夕に吹く風に秋の訪れを感じる日も出てまいりました。「暑さ寒さも彼岸まで」と申します。「実りの秋」の言葉どおり、学習やスポーツに精一杯取り組んで、前期の締めくくりを子どもたちがしっかりと行うことを期待しています。
今月は、6月末から7月に行われた「生徒会交流会」と「子ども議会」について報告します

生徒会交流会

6月26日(火曜日)、千葉市教育センターで309omonanaiyou
全市立中学校の生徒会長等による生徒会交流会を開催しました。昨年度から生徒会活動の充実と発展を目指し、年2回の情報交換等を実施しています。
今回は、昨秋からの活動成果と課題について情報交換するとともに、生徒会活動の活性化に向けた工夫例の紹介を行いました。当日は、市長も出席し、子どもたちの活発な意見交換の様子を参観しました。
11月には、新しく選出された生徒会役員による、生徒会情報交換会を区ごとに実施する予定です。

子ども議会

7月27日(金曜日)、千葉市議会本会議場において、309sha2413
子ども議会を開催しました。
子ども議会は、子どもたちの意見を市政に活かすこと、そして、千葉市の将来を担う子どもたちが、市の現状と課題について話し合い、「市民一人一人がいきいきと幸せに暮らせるまちづくり」に向けた提案や質問を行い、市民としての意識を高めることを目的としており、本年度で9回目になります。
今年度は、公募により選ばれた小学5、6年生51人とファシリテータ役の中学生17人が参加しました。子どもたちは、5グループに分かれて、5回の学習会やアンケート調査、現地調査などを積み重ねて当日を迎えました。どのグループも、自分たちにできることや果たすことのできる役割について、堂々と提案することができました。また、行政側の答弁を受けて再質問をする子どもたちの姿も見られました。
今後、子ども議員から提案された内容を市政に活かすことを検討していきます。
今年度の提案や質問は、次のとおりです。
309teian

 

【お知らせ】

309oshirase

 

平成30年7月2日

大阪府の地震において、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今月中旬から42日間の夏休みが始まります。普段、関心はありながら、忙しくてなかなか取り組めなかった研究を進めたり、じっくりと読書をしたり、様々な体験活動に挑戦したりできる絶好の機会です。自主的に計画を立て、有意義な夏休みを過ごしてほしいと思います。そして、9月3日(月曜日)には、また元気に登校してください。

千葉市音楽発表会

6月27日(水曜日)に市内7会場に分かれて、千葉市小学校30ongakuhappyou音楽発表会を開催しました。この発表会は、今年で65回を迎える伝統ある発表会です。楽器や歌声だけでなく、体全体を使って音を奏でるなど、各校の工夫した演奏が見られました。
どの会場も、発表する学校はもちろんのこと、聴く側の態度もすばらしく、会場全体で音楽を楽しんでおり、こうした取組みが豊かな情操を育てることを改めて実感しました。

小・中学生対象の理科に関する行事について

本市では、理科教育、科学教育への興味・関心を高めるために市内の理科教育センターが中心となり、小・中学生向対象に次の事業を実施しています。ぜひ参加してみてください。

30rika01


















30rika02
















30rika03














夏休みを活用して、自然体験や科学的な体験の機会をもち、好奇心や探究心を高めるとともに、成果が市総合展科学部門に出品されることを期待しています。

体験入学、学校説明会へ参加を

各中学校の3学年を対象として、夏休み中には、多くの高等学校等で体験入学や学校説明会が実施されます。実際に学校を訪れ、学校関係者から話を聞いたり、直接学校での生活を体験したりすることで、中学校卒業後の明確な目標が持てたり、その後の学習への意欲が高まったりします。学校により、保護者の参観も可能ですので、ぜひ、この機会を有効に活用してください。

 

平成30年5月1日

新緑が目にまぶしい季節となりました。新年度が始まり、約1ヶ月。新しい学年、新しい教室での生活にも慣れ、学校には日々子どもたちの元気な声が響き渡っていることと思います。多くの学校で授業参観や学級懇談会が行われたと思いますが、気持ちも新たに目を輝かせて学習に臨むお子様の様子を参観され、保護者の皆様も頼もしく思われたことでしょう。
5月中旬からは運動会、体育祭を開催する学校も多くなります。仲間とともに一つの行事を成功させようと全力で取り組むことで、さらに成長していくお子様を温かく見守ってください。
子どもたちは、毎日の学習や友達、先生との関わりの中で、日々成長していきます。もちろん楽しいことばかりではなく、困ったり悩んだりすることもあると思いますが、一つ一つのハードルを乗り越えていくことがよりよい成長につながります。ご心配なことがあれば、遠慮なく学校に相談してください。
今月は、教育指導課の所管している主な事業について紹介します。
教育指導課は、4班で構成しており、それぞれの班で分担して、「わかる授業、楽しい教室、夢広がる学校づくり」のさらなる充実を目指して事業を推進しています。

○企画指導班
主に、学習指導や教育課程の編成に関する事業を担当しています。
・わかる授業の推進・千葉市学力状況調査・全国学力・学習状況調査・学校図書館運営
・道徳、人権教育の推進・子どもの夢を育む学校サポート推進事業・教科書給与関係事務
・消費者教育・体験学習の推進
など

○研修班
主に、教職員の研修や学校への訪問指導に関する事業を担当しています。
・教育課程説明会の実施・教科等主任研修会の実施・研究学校の指定
・教職員研修(長期研修、21世紀を拓く課題研修等)の企画と運営・要請訪問の実施
・小中連携、小中一貫教育
など

○高校教育班
主に、市立高校に関する事業、進路指導に関する事業を担当しています。
・中学校進路指導関係・キャリア教育・市立千葉高、市立稲毛高関係業務
・高校教育課程関係業務・市立稲毛高校附属中学校関係業務・小中高連携の推進
など

○国際理解班
主に、国際理解教育や英語教育、外国語活動に関する事業を担当しています。
・小学校外国語活動の推進・外国人児童生徒指導協力員の配置・英語発表会の運営
・日本語指導通級教室の運営・帰国児童生徒指導の充実・外国語指導助手(ALT)の配置
・英語教育支援員の配置
など

また、学校への予算配付、教材や備品に関する事務、後援や共催に関する事務など、予算の執行管理や文書管理、国庫補助金に関する事務も担当しています。

子ども議会について

本市では、本市の将来を担う子どもたちが、千葉市の現状と課題について話し合い、「市民一人一人がいきいきと幸せに暮らせるまちづくり」に向けた具体的な提案・質問を行う中で、千葉市民としての意識を高められるようにすることを目的として、子ども議会を開催しています。
こども企画課と教育支援課の協力を得ながら5回の学習会を実施し、7月27日(金曜日)に市議会本会議場で開催します。今年度も一人一人が活躍できる機会としていきます。
ぜひ、ご来場いただき、子どもたちの熱い思いを感じてください。
詳しくは、市政だより4月号をご覧ください。

平成30年4月10日

昨年に引き続き、教育指導課長を務めます中嶋です。

進級された皆さん、入学された新入生の皆さん、おめでとうございます!
希望と期待に胸をふくらませている皆さんの元気な声が学校中に響き渡っていることと思います。
これからも、皆さんが、明るく、そして充実した学校生活を送れるように応援していきます!

教育指導課では、「子どもたちのために」を合言葉に、「わかる授業・楽しい教室・夢広がる学校づくり」を目指して、主に次のような事業の展開と学校への指導や助言を行い、子どもたちと教職員を支援していきます。

・市立学校の教育課程や学習指導に関すること
・人権教育、国際理解教育、進路指導、情報教育等の推進に関すること
・教職員の研修に関すること


本年度の取組の一部を紹介します。
(1)学力状況調査の実施
平成30年2、3月に小学校3、5年生、中学校2年生を対象に「千葉市学力状況調査」を実施しました。また、4月17日には、小学校6年生、中学校3年生を対象に、「全国学力・学習状況調査」を実施します。調査結果の分析を通して、本市の学習指導の課題を明らかにした上で、子どもたち一人一人の学習意欲の向上と学力の確実な定着に向けた各学校の授業の充実を進めます。
(2)新学習指導要領の先行実施
今年度から新学習指導要領が先行実施となります。それに伴い、小学校3、4年生では、外国語活動を週1時間、5、6年生では週2時間位置づけて、英語の素地を培っていきます。また、各教科等において、「主体的・対話的で深い学び」を実現させるため、わかる授業の一層の推進を目指します。
(3)理数教育及び音楽教育の充実
今年度も子どもたちの自然事象を探究する意欲や技能、自然科学や科学技術への関心を高めるとともに、算数の基礎的・基本的な知識技能を定着させることを目指して、理数教育充実のためのサポーターを小学校90校に配置します。また、音楽教育充実のためのサポーターを小学校24校に配置します。各サポーターは、きめ細かな学習支援を行い、音楽をとおして豊かな心と情操を育みます。
(4)オリンピック・パラリンピック教育の推進
本市では、オリンピック・パラリンピックが身近で開催されることを、またとない重要な機会と捉え、すべての市立学校171校でオリンピック・パラリンピック教育に取り組みます。
オリ・パラ学習読本等を活用してその意義や歴史を学習したり、小学校低、中学年用に作成したパラリンピック関連の教材を使って道徳等の授業を行ったりすることを通して、インクルーシブや多様性の尊重について考えさせていきます。

教育指導課メッセージは、この後、5、7、9、11、1、3月に掲載する予定です。

平成30年3月1日

春の嵐でスタートを切った3月ですが、開花が遅れていた梅の花は、強風に耐えながら美しい花を一生懸命咲かせています。春はもうそこまで来ています。

市立の小・中・特別支援学校、高等学校では以下の日程で卒業証書授与式が実施されます。
中学校では義務教育が、高等学校では小学校からの12年間の教育課程が修了する記念の式となります。また、小学校においては、6年間の成長が走馬燈のように思い出される式となり、それぞれに、保護者の方々の感動もひとしおのことと推察いたします。
新しい世界で羽ばたこうとしている、卒業生の皆さん。夢の実現に向け、努力を忘れないでください。そして、新しい友達を得て、一回り大きくなってください。
在校生の皆さん、先輩の築いたすばらしい伝統を引き継ぎ、さらに明るく楽しい学校にしてください。また、家族や友達を大切にして、たのしい学校生活を送ってください。

3003sotsugyoshiki

千葉市学力状況調査-「わかる授業」の推進に向けて-

2月下旬から、小学3年生と5年生、中学2年生を対象に「千葉市学力状況調査」を実施します。併せて、学習や日常生活の状況を把握するため「児童生徒意識調査」を実施します。
この調査を基に、千葉市の児童生徒の学力や日常生活の状況を把握・分析し、学力向上や生活習慣の改善、教師の指導力向上を図り、「わかる授業」の推進を目指します。

 

平成30年度に向けて

平成29年度は、これまでの指導課を教育指導課と教育支援課の2課体制にして新たなスタートを切りました。そのような中、保護者の皆様、地域の皆様には、これまで同様に、担当する事業に深いご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。
教育指導課では、「わかる授業・楽しい教室・夢広がる学校」づくりを目指し、日々取り組んでまいりますので、今後もご支援をお願いします。

 

平成30年1月4日

天候にも恵まれ、戌年が穏やかにスタートしました。戌年には勤勉・努力という意味があります。知識を蓄えるのに最適な年ですので、積極的に学ぶ姿勢を大切にしてほしいと思います。

今年は本市の学校教育においても、様々な取組が「スタート」する年になります。

まず、小学校で道徳の教科化がスタートします。(中学校は平成31年度)

また、外国語教育を3、4年生で35時間、5、6年生で70時間実施します。

さらに、総合的な学習の時間と特別活動について小学校、中学校ともに新学習指導要領に沿いながら実施していきます。他教科等についても、小学校は平成32年度、中学校は33年度、高等学校は34年度からの新学習指導要領の実施に向け、様々な準備がスタートする年となります。

教育指導課では、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、引き続き子どもたちが「わかった」「できた」と実感できる授業の創造を目指し、確かな学力の育成に向け、各学校の支援に努めてまいります。併せて、これまで成果を収めてきた「子ども議会」、「生徒会交流会」などを一層充実させると共に、キャリア教育や体験学習の在り方についても検討を進めていきます。

今回は、昨年9月に実施した「総合展覧会第1部」に続き、第2部についてご案内します。多くの皆様の参観をお待ちしています。

第60回千葉市小・中・特別支援学校児童生徒総合展覧会第2部について

[会期]平成30年1月20日(土曜日)~28日(日曜日)10時00分~18時00分(入館は17時30分まで)
※金曜日・土曜日は20時00分まで(入館は19時30分まで)
※最終日は16時30分まで(入館は16時まで)
[会場]千葉市美術館(千葉市中央区中央3-10-8)
[内容]書写、図画工作・美術、家庭、技術・家庭、特別支援教育部門の作品を展示します。
29sogoten

※参観についての詳細は、各学校からのお手紙等でご確認ください。

 

平成29年11月1日

朝晩の冷え込みに秋の深まりを感じる季節となりました。秋は「読書の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」などと様々な言葉で言い表されます。各学校では、後期がスタートして3週間が経過し、じっくりと学習に取り組むには最適な季節となりました。今月は、9、10月に開催した「千葉市小・中・特別支援学校児童生徒作品総合展覧会第1部(科学部門)」と「千葉市中学校音楽発表会」について報告します。

1千葉市小・中・特別支援学校児童生徒作品総合展覧会第1部(科学部門)

9月15日(金曜日)~18日(月曜日)の4日間、きぼーる広場、千葉市科学館で開催しました。市立小・中学校から選出された1,001点の作品を展示するとともに、推奨216点、県科学作品展出品作品93点を選びました。

今年度は、平日に近隣小学校の児童が参観したこともあり、4日間で昨年度より約600人多い6,404人の来館者がありました。

「科学館賞」に選ばれた12点のうち8点については、9月16日(土曜日)に作品発表会を行いました。また、中学校作品については、理科主任会役員が作品の紹介や解説をDVDに録画し、その映像により作品の様子がわかるように工夫し、参観者からも好評を得ることができました。

本展覧会から県科学作品展に出品した93点の作品のうち、37点が入賞し、全国展にも9点が出品されました。今後、これらの優秀作品の概要を教育委員会教育指導課のホームページ上に掲載する予定です。ぜひ、今後の取組の参考としてください。

【出品作品内訳】1031hyou1

【「教育長賞」を受賞した作品】

1031hyou2

 

 

 

1031sya1

 

 

 

 

 

 

 

2千葉市中学校音楽発表会

10月25日(水曜日)、26日(木曜日)の2日間、千葉市民会館大ホールで開催しました。市立中学校全55校及び市立養護学校が参加し、すばらしい演奏を披露しました。

この発表会は、今年で49回を数える伝統ある発表会です。学校により、学級によDSCF5202.JPGる合唱、学年、学校による合唱、吹奏楽部の演奏など、様々な参加形態ですが、どの演奏も真剣に取り組む姿が見られるとともに、その美しいハーモニーが鑑賞している他の学校の参加者や保護者の皆さんに大きな感動を与えるすばらしい会でした。

会の最後には、参加生徒全員が印象に残った3校を選んで投票しました。その結果により、「ナイスハーモニー賞」を決定します。

音楽のすばらしさを改めて実感することができた2日間でした。

【当日の主なプログラム】

主催者挨拶1031huki1
○講師紹介
○全員合唱「千葉市歌」「夢の世界を」
○各校の発表
○全員合唱「千葉市イメージソング・心の飛行船」
○講評
○全員合唱「大地讃頌」


次回は平成30年1月に掲載する予定です。

平成29年9月1日

長い夏休みが終わり、子どもたちの元気な声が学校に戻ってきました。まぶしい夏の太陽はどこに行ってしまったのかと思われるくらい曇天の日が多い今年の夏休みでしたが、学校が始まると同時に暑さがまた戻ってきました。それでも、朝夕に吹く風には、秋の訪れを感じる今日この頃です。「実りの秋」の言葉どおり、学習やスポーツに精一杯取り組み、しっかりと前期の締めくくりをすることを期待しています。
今月は、7月に行われた「生徒会交流会」と「子ども議会」について報告します。

1生徒会交流会

6月28日(水曜日)、全市立中学校の生徒会長touzitsu
等が千葉市教育センターに集合し、生徒会交流会
を開催しました。昨年度から生徒会活動の充実、
発展を目指し、年2回実施しています。
今回は、昨年秋からの約1年間の活動の成果と課
題について情報交換するとともに、生徒会活動の
活性化に向けた工夫例の紹介や教育委員会への提
言を行いました。
11月には、新生徒会役員による、各区ごとの生
徒会情報交換会を実施する予定です。

 

2子ども議会

7月25日(火曜日)、千葉市議会本会議場においIMG_7666
て、子ども議会を開催しました。子ども議会は、
子どもたちの目線に立った意見を市政に生かすこ
と、千葉市の将来を担う子どもたちが、市の現状
と課題について話し合い、「市民一人一人がいき
いきと幸せに暮らせるまちづくり」に向けた提案
や質問を行い、市民としての意識を高めることを
目的とし、本年度で8回目になります。
今年度は、公募により選ばれた小学5、6年生53人とファシリテータ役の中学生22人が参加しました。子ども議員は、7グループに分かれて、5回の学習会やアンケート調査、現地調査などを積み重ねて当日を迎えました。どのグループも、自分たちにできること、果たすことのできる役割について、堂々と提案をすることができました。今後、子ども議員から提案された内容を市政に活かすことを検討していきます。
今年度の提案や質問は、次のとおりです。

グループ 提案・質問の内容 答弁者

学校を魅力的なものに

しよう

・使用されていない教室の活用について

・大賀ハスを各学校で育てる取組について

教育長

市長

公共の施設を魅力的な

ものにしよう

・図書館、図書室を使いやすくする取組について

・図書館、図書室での子どものイベントの提案について

・図書館、図書室の情報を広く周知させる取組について

教育長

市長

教育長

安全に安心して暮らせ

る街にしよう

・誰にでもわかる避難場所を示す看板の設置について

・夜の避難訓練や障害者の方々の避難を手助けする取組

について

鈴木副市長

市長

2020オリンピック・

パラリンピックを私たち

の力で盛り上げよう

・様々な人が使いやすい信号機や歩道橋の設置について

・オリンピック・パラリンピックを機会に千葉市をPR

する取組について

市長

神谷副市長

豊かな緑ときれいな

水辺のある街にしよう

・海辺のイベントや施設を充実させる取組について

・サイクリングロードを整備・充実する取組について

・緑と海のキャラクターの提案について

市長

市長

神谷副市長

美しく、みんなが楽し

める街にしよう

・千葉市を美しい街にするために、公園やモノレール、

パッカー車をきれいに装飾する取組について

・千葉市の観光を案内するために、スマートフォンを

活用する取組について

鈴木副市長

 

市長

豊かな伝統や文化、

歴史をもっと広めて

いこう

・千葉市都市モノレールを活用して千葉市の伝統、文化、

歴史を広めていく取組について

・千葉市の食材を使用した弁当を作る取組について

市長

 

神谷副市長

 

 

【お知らせ】

第60回千葉市小・中・特別支援学校児童生徒作品総合展覧会【科学部門】のご案内
子どもたちの優れた着想と地道に研究を積み重ねた科学論文と優れた発想とそれを実現する技術を生かした科学工夫作品約1,000点を展示します。これらの作品は、子どもたちが夏休みを中心に熱心に取り組み、各学校での展示や発表会等を通して評価、選出されたものです。
多くの皆様のご来場をお待ちしています。
○日時:平成29年9月15日(金曜日)~18日(月曜日・祝日)午前9時30分~午後5時※受付は午後4時30分までです。
○場所:中央区中央4-5-1きぼーる内1階きぼーる広場(小学校の一部)
千葉市科学館7階企画展示室(小学校)、8階科学実験室(中学校)
○問合せ先:教育指導課,電話245-5936,Fax245-5989
※出品作品や出品者については、各学校からの案内でご確認ください。

次回は11月に掲載する予定です。

 

平成29年7月3日

今月中旬から45日間の夏休みが始まります。普段、関心はあったけれど、忙しくてなかなか取り組めなかった研究を進めたり、じっくりと読書をしたり、様々な体験活動に挑戦したりできる絶好の機会です。自主的に計画を立て、有意義な夏休みを過ごしてほしいと思います。そして、8月29日には、また元気に登校してください。

1小・中学生対象の理科に関する行事について


本市では、理科教育、科学教育への興味・関心を高めるために市内の理科教育センターが中心となり、小・中学生を対象に次の事業を実施しています。学校を通して事前に申し込んでください。
【理科研究相談会】

日時 平成29年7月28日(金曜日)、29日(土曜日)10時00分~16時00分
参加対象 小・中学生
場所 きぼーる・子ども交流館3階アリーナ(相談員:小・中学校理科担当教員)
主な内容 理科自由研究等のテーマの決め方や研究の進め方、まとめ方等の相談

※理科研究相談会は、事前の申込みは不要です。当日、相談票を持参の上、直接会場へお越しください。

【児童植物観察会】

日時 平成29年7月19日(水曜日)、20日(木曜日)9時15分~11時30分
参加対象 小学校5、6年生100名程度
場所 千葉県立中央博物館・生態園(講師:県立中央博物館上席研究員)
主な内容 生態園で見られる植物の観察、採集した植物を使ったしおり作り

 

【児童理科実験会】

日時 平成29年7月31日(月曜日)9時00分~11時30分
参加対象 小学校4~6年生150人程度
場所

小学校各理科教育センター校(本町小、緑町小、幕張小、院内小、大森小)

(講師:小学校理科教育センター主任、係及び協力員)
主な内容 割りばしグライダーの制作※材料費として50円が必要です。

 

【児童天文学習会】

日時 平成29年8月23日(水曜日)、24日(木曜日)9時45分~12時00分
参加対象 小学校4~6年500人程度
場所 千葉市科学館プラネタリウム(講師:市科学館職員)
主な内容 千葉市科学館プラネタリウムでの投影、解説

 

【生徒理科学習会】

日時 平成29年7月31日(月曜日)9時00分~12時00分
参加対象 中学校1~3年50人程度
場所 千葉大学理学部(講師:千葉大学理学部教員及び学生)
主な内容 サイエンスプロムナード及び研究室見学

 

【生徒理科実験会】

日時 平成29年8月23日(水曜日)9時00分~12時00分
参加対象 中学校1~3年30人程度
場所 緑町中
主な内容 高校の先生による科学分野実験

 

夏休みを利用して、観察・実験や自然体験、科学的な体験の機会をもち、好奇心や探究心を高めるとともに、成果のまとめが千葉市総合展科学部門に出品されることを期待しています。

 

2体験入学、学校説明会に参加を

各中学校の3学年では、すでにお知らせがあったことと思いますが、夏休み中には、多くの高等学校等で体験入学や学校説明会が実施されます。実際に学校を訪れ、学校関係者から話を聞いたり、直接学校での生活を体験したりすることで、中学校卒業後の明確な目標が持てたり、その後の学習への意欲が高まったりします。学校により、保護者の参観も可能ですので、ぜひ、この機会を有効に活用してください。

 

平成29年5月2日

新緑が目にまぶしい季節となりました。学級開き、学年開きから約1ヶ月が過ぎ、この間、多くの学校で授業参観や学級懇談会が開催されたと思います。真新しい教科書を手に、気持ちも新たに目を輝かせて学習に臨むお子様の様子を参観され、頼もしく思われたことと存じます。

5月中旬からは運動会、体育祭を開催する学校も多いと思います。仲間とともに1つの行事に取り組み、さらに成長するお子様を温かく見守ってください。

子どもたちは、毎日の学習や友達、先生との関わりの中で、日々成長していきます。もちろん楽しいことばかりではなく、困ったり悩んだりすることもあると思いますが、ひとつひとつのハードルを乗り越えていくことがよりよい成長につながります。ご心配なことがあれば、遠慮なく学校に相談してください。

 

今月は、教育指導課の所管している主な事業について紹介します。

教育指導課は、4班で構成しており、それぞれの班で分担して、「わかる授業、楽しい教室、夢広がる学校づくり」のさらなる充実を目指して事業を推進しています。

 

○企画指導班

主に、学習指導や教育課程の編成に関する事業を担当しています。

・わかる授業の推進・千葉市学力状況調査・道徳、人権教育の推進

・小・中学校の連携の推進・環境教育の推進・体験学習の推進・郷土教育の推進

・学校図書館運営・教科書給与関係事務など

 

○研修班

主に、教職員の研修や学校への訪問指導に関する事業を担当しています。

・教育課程説明会の実施・教科等主任研修会の実施・研究学校の指定

・教職員研修(長期研修21世紀を拓く課題研修等)の企画と運営・要請訪問の実施など

○高校教育班

主に、市立高校に関する事業、進路指導に関する事業を担当しています。

・中学校進路指導関係・キャリア教育・小中高連携の推進・高校教育課程関係業務

・市立稲毛高校附属中学校関係業務・市立千葉高、市立稲毛高関係業務など

○国際理解班

主に、国際理解教育や英語教育、外国語活動に関する事業を推進しています。

・中学校英語、小学校外国語活動の推進・外国人児童生徒指導協力員の配置

・日本語指導通級教室の運営・帰国児童生徒指導の充実・外国人講師の配置

・英語発表会の運営など

 

他にも、学校への予算配付、教材や備品に関する事務、後援や共催に関する事務など、予算の執行管理や文書管理、国庫補助金に関する事務も担当しています。

 

子ども議会について

本市では、本市の将来を担う子どもたちが、千葉市の現状と課題について話し合い、「市民一人一人がいきいきと幸せに暮らせるまちづくり」に向けた具体的な提案・質問を行う中で、千葉市民としての意識を高められるようにすることを目的として、子ども議会を開催しています。

こども未来局と教育支援課の協力を得ながら5回の学習会を実施し、7月25日(火曜日)に市議会本会議場で開催します。

ぜひ、ご来場いただき、子どもたちの熱い思いを感じてください。
詳しくは、市政だより等でお知らせします。

 

※指導課メッセージは、この後、7、9、11、1、3月に掲載する予定です。

 

平成29年4月7日

この4月に、教育指導課長に着任した中嶋です。

進級された皆さん、おめでとうございます!

昨日、始業式が行われ、各学校では新しい年度がスタートしました。進級した喜びと期待に胸ふくらま

せる皆さんの元気な声が学校に響き渡っていることと思います。

これからも、皆さんが、明るく、そして充実した学校生活を送れるように応援していきます!

教育指導課は「子どもたちのために」を合言葉に、「わかる授業・楽しい教室・夢広がる学校づくり」

を目指して、主に次のような事業の展開、学校への指導や助言を行い、子どもたちと教職員を支援して

いきます。

 

・学校における教育課程や学習指導に関すること

・学校における進路指導、情報教育、人権教育、国際理解教育に関すること

・教職員の研修に関すること

 

本年度の取組の一部を紹介します。

(1)学力状況調査の実施

平成29年2・3月に小学校3・5年生、中学校2年生を対象に「千葉市学力状況調査」を実施しました。

また、4月18日には、小学校6年生、中学校3年生を対象に「全国学力・学習状況調査」を実施します。

調査結果の分析を通して、本市の学習指導上の課題を明らかにした上で、子どもたち一人一人の学習意欲

や学力の向上を図るために各学校の授業の充実を推進していきます。

(2)理数教育および音楽教育充実のためのサポーター配置

児童の自然事象を探究する意欲や技能、自然科学や科学技術への関心を高め、算数の基礎的・基本的な知

識技能を定着させることを目指して理数教育充実のためのサポーターを小学校90校に配置します。

また、児童の音楽性を高めるために小学校24校に音楽教育充実のためのサポーターを配置します。各サポーターは、配置校の状況に応じて、きめ細かな学習支援をしていきます。

(3)オリンピック・パラリンピック教育の推進

千葉市では、オリンピック・パラリンピックが身近で開催されることを、またとない重要な機会ととらえ、

全ての市立学校171校でオリンピック・パラリンピック教育に取り組むこととしました。

オリ・パラ学習読本等を活用してその意義や歴史を学習したり、小学校低学年用に作成したパラリンピッ

ク関連の題材・教材を使って道徳等の授業を行ったりして、大会への機運を高めていきます。

 

このページの情報発信元

教育委員会事務局学校教育部教育指導課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5936

ファックス:043-245-5989

kyoikushido.EDS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)