• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年8月12日

木造阿弥陀如来立像(市指定文化財)

文化財の紹介

大覚寺の本尊として安置される仏像です。
頭部に永享13年(1441年)、体幹部内面に文明2年(1470年)及び山名法眼という仏師の名が記され、頬の張った顔立ちや胴部の着依の流れるような線の表現、質感の確かさなどは室町時代後期の作風をよく示しています。
大覚寺は元和元年(1615年)に雄誉上人により開かれましたが、この像は、体内などに元和元年及び2年の修理を示す年記があるので、そのときに当寺に施入されたと考えられます。

文化財データ

名称 木造阿弥陀如来立像
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう
指定(指定年度) 市指定(平成12年)
区分/種別 有形文化財 彫刻
時代 室町
所在地 中央区生実町
所有者 大覚寺
公開/非公開 非公開

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5962

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)