ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

石器づくり講座  募集終了しました 

縄文時代の人々は、自然の素材を利用して様々な道具を作り出していました。粘土を使った「縄文土器」と並んで、縄文時代を代表する道具の一つが「石器」です。狩りをするための石器、道具を加工するための石器、住居を建てるのに使用する石器など、縄文人は目的に応じて様々な石器の道具を作り出していました。今回の講座では、鋭く割れる特性を持った頁岩(けつがん)を用いて、原石からの剥片(はくへん)の打割、素材剥片を加工して「槍(やり)」を作ります。この機会に、縄文人の技術と文化に触れてみてはいかがでしょうか。

・日  時 平成30年2月17日(土)10:00~16:00
・場  所 加曽利貝塚博物館多目的室
・受講資格 中学生以上
・定  員 15人
・講座内容 

①講義「縄文時代の石器とその作り方」(仮題)
講師:当館学芸員
②製作実演と作り方講習
③実技「石器づくり-石の槍(やり)をつくろう-」
・服 装 汚れてもよい服装 長袖、長ズボン
・持ち物 弁当・飲み物・筆記用具・ラバー付き手袋・エプロン(厚手のもの推奨)

申込:電子申請、往復はがき、FAX、Eメールにて受付

氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話・FAX番号を明記して
〒264-0028若葉区桜木8-33-1 加曽利貝塚博物館まで

電子申請は下記から

パソコン    :https://www.shinsei.elg-front.jp/chiba2/uketsuke/dform.do?id=1517361105623
携帯電話    :https://www.shinsei.elg-front.jp/chiba2/uketsuke/iform.do?id=1517361105623
スマートフォン :https://www.shinsei.elg-front.jp/chiba2/uketsuke/sform.do?id=1517361105623

 石器   

    加曽利貝塚で見つかった石器

     

 

⇒このページの先頭へ戻る

⇒博物館トップページに戻る


このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)