ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

館長年頭あいさつ

明けましておめでとうございます。

日頃より、加曽利貝塚博物館をご利用いただきありがとうございます。加曽利貝塚は、平成29年10月13日に特別史跡に指定され、初の新年を迎えました。
昨年は、縄文春まつりや秋まつり、ナイトミュージアムなど当館の事業に多くのみなさまのご参加を賜りました。
また、地元自治会をはじめ、多くのみなさまにご支援いただいておりますこと感謝申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。


冬の加曽利貝塚の魅力を少し紹介いたします。
木々は落葉し、下草も枯れて、遺跡の地形を見学するには絶好の季節です。虫や蛇を心配しないで環状貝塚の地形をじっくり体感することができます。また、雪でも降れば別世界の加曽利貝塚をご覧いただけるものと思います。さらに、今月から新たな体験プログラムが登場します。

考古学者のお仕事体験、土偶ペーパークラフト、お絵かき縄文土器といった当日受付の予約なしでできる体験が土日祝日に開催されます。これまでどおり、ボランティアによるガイドツアーや火起こし体験などの縄文ひろばももちろんやっています。 (詳しくはこちら→)
体験をとおして縄文人の技にふれ、展示見学や説明を聞いて加曽利貝塚の魅力を堪能していただければと思います。


みなさまのご来館をお待ちしております。

加曽利貝塚博物館 館長 高梨俊夫


kancho

 ガイドのKさんと博物館前にて

=>博物館のトップページへ

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)