• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年10月3日

郷土博物館_講座

博物館主催

鎧づくり体験講座 

厚紙を用いて、室町時代末頃から安土桃山時代に用いられた当世具足(とうせいぐそく)と呼ばれる鎧を作成します。

当世具足は、当時、日本で使われ始めた鉄砲に対抗するため、主な材料に鉄を使った防御力の高い実戦向きの鎧です。

草ずりを編むなどの体験をとおして鎧について学ぶ講座です。

夏休み期間中の3日間の講座です。

場所

郷土博物館 1階 講座室

定員

15名

対象

市内在住在学の小学4~6年生
(3日間すべて参加できる方)

費用

例年1,000円程度(材料費)

募集

7月頃

講座の様子

鎧づくり体験講座紹介1 鎧づくり体験講座紹介2

鎧づくり体験講座紹介3 2017鎧づくり2

ページの先頭へ戻る

夏休み小・中学生郷土史講座 

小中学生郷土史講座の様子夏休み期間中、小・中学生(小学4年生以上)を対象とした講座です。
縄文時代と同じように黒曜石製の石器や弓矢の使用して当時の生活を学習する回と、戦国時代の鎧や、宮中などで女性が着ていた袿などの着用体験を行う回があります。

場所

郷土博物館 1階 講座室 及び 入り口前敷地

定員

各回30名

対象

各回とも市内在住在学の小学4~6年生および中学生

費用

無料

募集

毎年7月頃

ページの先頭へ戻る

歴史散歩 

歴史散歩のようす

毎年11月頃開催。
講師の先生とともに博物館周辺の寺院や史跡などを徒歩で巡り、地点ごとに詳細な解説をしていただく講座です。

場所

郷土博物館周辺

定員

50名

対象

市内在住・在勤・在学の方優先

費用

保険料の負担があります

募集

10月頃

ページの先頭へ戻る

歴史講座 

歴史講座の様子千葉経済大学との共同開催による公開講座です。(全3回)
専門の先生を講師にお招きし、市内や県内に関する歴史について、分かりやすく解説していただきます。
毎年、熱心な受講者の方々が多く集まり、講義の終わりには活発な質疑応答が交わされています。
過去の講義内容はこちら→過去の歴史講座

場所

千葉経済大学

定員

200名

対象

市内在住・在勤・在学の方優先
3回とも受講できる方

費用

無料

募集

10月下旬から11月上旬

ページの先頭へ戻る

ふるさと講座 

ふるさと講座の様子講師の先生をお迎えして千葉県内の歴史を中心に講演していただき、県内の関連する史跡などへ実際に見学にいきます。
講座は全3日間の日程で、最初の2日間は講義、最終日が貸し切りバスを利用しての史跡巡りとなります。

平成28年度ふるさと講座「鎌倉に残る千葉氏の足跡」
※平成28年度の募集は締め切りました

日程及び内容(全3回)

(1)第1回(講義)
  1. 日 時 3月4日(土曜日)10時00分~12時00分
  2. 会 場 郷土博物館1階「講座室」
  3. 演 題 「鎌倉に残る千葉氏の足跡」
  4. 講 師 鈴木 佐先生(郷土史家・建長寺調査員)
(2)第2回(講義)
  1. 日 時 3月8日(水曜日)13時30分~15時30分
  2. 会 場 郷土博物館1階「講座室」
  3. 演 題 「千葉の鎌倉仏」
  4. 講 師 濱名 徳順先生(宝聚寺住職)
(3)第3回(バス現地見学会)
  1. 日 時 3月15日(水曜日)8時30分~18時00分
  2. 見学先 鎌倉市内の千葉氏関係の寺社・史跡
  3. 講 師 濱名 徳順先生(宝聚寺住職)

対象

18歳以上の方

定員

40人(多数の場合、抽選)

費用

4,000円(バス代、拝観料など)

その他

15日(水曜日)は昼食持参

申込方法

※平成28年度の受付は終了しました

ページの先頭へ戻る

市史関係講座 

千葉市史研究講座~千葉市域や近隣地域の歴史を学ぶ~ 

/kyoiku/shogaigakushu/shogaigakushu/kyodo/images/dsc01281.jpg千葉市域や近隣地域の歴史に関する様々なテーマを取り上げ、それぞれの専門家の方を講師に招き、講義形式で行う講座です。
内容は、出来るだけ最新の研究状況を紹介しながら、一般の方にも分かりやすいものとなっております。
千葉市域や近隣地域の歴史に興味のある方はぜひご応募ください。

平成30年度のチラシのダウンロードはこちら↓
平成30年度千葉市史研究講座チラシ(PDF:1,358KB)

過去の市史研究講座の内容はこちら↓
過去の市史研究講座

平成30年度の日程及び講演内容(全2回、1回2講演)

第1回 9月29日(土曜日) ※講義は終了しました
  1. 第1講 13時30分~14時50分「弥生人の植物利用」
    講師 大谷 弘幸先生(千葉県教育庁文化財課)
  2. 第2講 15時10分~16時30分「松戸方面から眺めた千葉市・千葉氏の戦国時代ー永禄の宗教対立と大戦争ー」
    講師 中山 文人先生(松戸市立博物館学芸員)
第2回 10月20日(土曜日) ※現在参加者募集中です
  1. 第1講 13時30分~14時50分「村に来る宗教者たち~園生村近世史料より~」
    講師 菅根 幸裕先生(千葉経済大学経済学部教授)
  2. 第2講 15時10分~16時30分「埋立てはじまる-」
    講師 高林 直樹先生(千葉市史編集委員)

場所

千葉市生涯学習センター2Fホール

定員

250人

対象

一般

費用

無料

応募

10月20日(土)の参加者を募集しています。

参加希望の方は、千葉市立郷土博物館市史編さん担当(TEL 043-222-8231)までご連絡ください。

ページの先頭へ戻る

初級古文書講座 

/kyoiku/shogaigakushu/shogaigakushu/kyodo/images/shokyukomonjyo.jpgはじめて江戸時代の古文書を見る人など、初級者を対象とした講読会です。
教材は比較的読みやすいものを取り上げています。
江戸時代の古文書に興味のある方、読んでみたい方はぜひご応募ください。

6回連続の講座です。午前コース、午後コースで開催。

場所

郷土博物館 1階 講座室

定員

各コース40人

対象

市内在住・在学・在勤の方優先

募集

平成30年度は終了しました。

費用

無料

ページの先頭へ戻る

中級古文書講座 

/kyoiku/shogaigakushu/shogaigakushu/kyodo/images/ksyokyu.jpg千葉市内に残された江戸時代の史料の中から、初級に比べると難解なものを教材として選び、解読していきます。
読めない部分については皆で考えながら読み解いていきます。
古文書がある程度読めて、江戸時代の古文書に興味があるという方はぜひチャレンジしてください。
6回連続の講座です。

 

場所

郷土博物館 1階 講座室

定員

40人

対象

市内在住・在勤・在学の方優先

募集

平成30年度の受付は終了しました。

費用

無料

ページの先頭へ戻る

千葉市立郷土博物館のトップページへ

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課郷土博物館

千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

電話:043-222-8231

ファックス:043-225-7106

kyodo.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)