• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

木造釈迦如来坐像(市指定文化財)

文化財の紹介

仁守寺の本尊として安置されている、総高71cmの南北朝時代(14世紀)の菩薩形釈迦如来像です。
この様式の仏像は13世紀後半頃鎌倉に生まれ、14~15世紀に関東を中心に広まりました。丈の長い法衣が坐像の膝下まで垂れ下がる形が特徴です。その起源は中国からもたらされた仏画の影響を受けたものといわれています。この像も丈の高い垂髻に宝冠を着け、通肩状に両肩に纏った法衣の両袖部が台座両側に垂下がる様式の特徴を備えています。
本像の構造は檜材を用いた寄木造りで、頭部に玉眼を嵌入し、像の肉身部は漆箔仕上げとなっています。

文化財データ

名称 木造釈迦如来坐像
ふりがな もくぞうしゃかにょらいざぞう
指定(指定年度) 市指定(平成11年)
区分/種別 有形文化財 彫刻
時代 南北朝
所在地 中央区仁戸名町
所有者 仁守寺
公開/非公開 非公開

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5962

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)