ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

所属長メッセージ

平成30年4月20日

4月1日付けで文化財課長に就任しました稲葉です。どうぞよろしくお願いいたします。

文化財とは人類の長い歴史の中で生まれ育ち、守り続けられてきた財産でありますが、時代と共に風化するなど消滅の危機に瀕しているものが少なくありません。

貴重な地域資源を保護、保存し、さらには活用しながら後の世代へ確実に継承していくことが必要であると考えています。

本市にも国、県、市に指定、登録された文化財が101件ありますが、皆さんいくつご存じでしょうか。

千葉市の文化財情報

さて、4月は進学・就職・職場の人事異動などにより、新たな生活リズムにまだ慣れず疲れ気味な方も多いかもしれませんが、もうすぐゴールデンウィークですのでこの機会にリフレッシュしませんか!

加曽利貝塚博物館では、ゴールデンウィーク中の5月5日(土曜日・祝日)~6日(日曜日)に春の一大イベント「縄文春まつり」を開催します。火おこしや弓矢の体験、どんぐりやいのしし肉を使ったグルメなどまさに縄文色満載の時間をお楽しみいただけます。巨大なすべり台や移動動物園(6日のみ)など、お子さんが楽しめる企画も盛りだくさんなので、是非ご家族でお越しください。

詳しくは、加曽利貝塚博物館ホームページでご確認ください。

加曽利貝塚は、平成29年10月13日に、貝塚では全国初の「特別史跡」に指定されました。学術的価値が高く重要な史跡であると国から認められたということです。皆さまが縄文の歴史や文化に触れるきっかけとなるよう、引き続き尽力してまいります。

加曽利貝塚博物館ホームページ

平成29年11月1日

文化財課長の志保澤です。

ご報告が遅くなりましたが、10月13日付で「加曽利貝塚」が特別史跡に指定されました。これもひとえに多くの方々のご支援、ご協力のおかげです。この場をおかりしまして感謝申し上げます。加曽利貝塚の詳しい情報は加曽利貝塚博物館のホームページでご覧ください。

なお、加曽利貝塚では11月3日(金曜日)から5日(日曜日)までの3日間、「縄文秋まつり」を開催いたします。グルメも充実・・・縄文イタリアンスープ、かそりーぬのラテアート、イノシシ肉ソーセージ、そして、今回はサザエのつぼ焼きまで登場します。また、約半世紀ぶりに加曽利貝塚の発掘調査がスタートし、連日発掘現場の見学会も行います。

例年にも増して楽しい企画となっておりますので、ぜひお越しください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

電話:043-245-5962

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)