ホーム > 美浜区役所 > 美浜区の紹介 > 美浜区長室 > 平成26年度 > 平成26年11月30日(日曜日)幕張西地区区民対話会を開催しました。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年11月30日

平成26年11月30日(日曜日)幕張西地区区民対話会を開催しました。

美浜区では、平成22年度から、広報・広聴事業の一環として、区民と協働して住みよいまちづくりを推進するため、区長と区民との対話会(区民対話会)を開催しています。
昨年度までは区全域を対象に開催していましたが、区の中でも地区によって特色や課題が異なることを考慮し、今年度は、区を9つの地区に分け、それぞれの地区で開催するよう変更しました。

今年度の区民対話会のテーマは「地域の将来像と担い手」です。住民同士のつながりが希薄化し地域コミュニティの力が弱まっている現状、担い手不足という地域団体に共通の課題、今後も進むと推測される少子高齢化…そういった状況の中で、将来あるべき地域の姿はどういうものか、また、その実現に向けてどうしていくべきかについて、地域で活動なさっている団体の皆様と意見交換を行いました。

今回は、今年度4地区目として、幕張西地区での開催となります。町内自治会連絡協議会などの主要な地域団体に加え、NPO法人幕張西スポーツクラブ(M@WS)(外部サイトへリンク)や千葉市消防団第18分団第3部といった幕張西ならではの団体からもご参加いただき、参加者数は11団体29人と、これまでで最も多人数での対話会でした。

幕張西地区の特色の一つとして、新しいマンションが建築され短期間に人口が増えていることが挙げられます。これに関して、長く住んでいる住民と新しい住民との間に温度差があり、地域コミュニティの運営に支障が出ているのではと懸念しておりましたが、対話会を通じて、若い方の参加も比較的進んでおり、一体となって地域活動がなされていることを実感しました。対話会にも新しいマンションにお住まいの方が6人以上参加されており、活発に活動なさっている様子を窺い知ることができました。
また、幕張西はスポーツが盛んな地区でもあります。すべての自治会(15自治会)が参加する大運動会や、M@WS・スポーツ振興会が行うスポーツ活動など、子供から高齢者まで楽しめるスポーツの場があります。子供を対象とした活動に力を注いだ結果、スポーツ活動に参加する子供の数が3倍にまで増えたとのこと。役員の皆様が企画から実施まで日夜活動なさり、また、それをこつこつと継続なさった成果だと感じました。一方で、高齢者と子供の中間層(20~40代)の参加が進まない、また、活動が活発になって活動場所・施設が不足しているとの意見もいただきましたので、区として何らかの支援ができないか検討する必要があります。

その他、対話会で次のような意見をいただきました。

  • 仕事をしている世代でも、社会貢献したいという気持ちを持っている方はいる。きっかけさえあれば参加してくれるはず。各団体は、あきらめず声掛けを続けることが担い手確保につながる。
  • 仕事をしている世代は忙しい。定年退職した60代が担い手として参加してくれるといい。新しい担い手が入ってきたら、できるだけ自由に任せて、ベテランはバックアップに回るのがいいのではないか。
  • 若手を参加させる努力だけではなく、参加してくれた若手にやり方を教えるなど、きめ細かな配慮・フォローが必要だと感じている。また、知らないうちに地域団体が閉鎖的で新たに参加しづらい雰囲気になっている可能性もある。新たな参加を阻害しないような工夫が必要。
  • 若手が参加したら、まず若手に任せてみて、ベテランはそれをフォローするのがいいのではないか。
  • 育成委員会には4つの部門があり、それぞれ活動の頻度・内容・時間帯が異なるため、日中に活動できる方、すぐに集まれる方など、役員が参加しやすい部門の仕事をお願いしている。
  • 育成委員会としては高齢者と子供たちが接する機会を増やし、結び付けたいと考えており、昔遊びを企画したり、踊りの場に子供たちに参加してもらったりと工夫している。
  • 高齢者実態調査で直接高齢者と接し、閉鎖的な方が多いなという感想を持っている。自分の殻に閉じこもって、そこから出ない方が結構多い。そういう方々を外に引っ張り出していければと思う。
  • あんしんケアセンターが個別に声掛けをしてサロンなどに出てくる方もいる。今後もこうした取り組みが必要。
  • コミュニティ懇談会として、地域団体間のつながりを作る活動を進めていきたい。
  • 消防団として、地域の行事に積極的に参加することを方針としている。地域の担い手として汗をかき、信頼を得ることが次世代の担い手確保につながる。
  • スポーツなどの活動場所として、大学や幕張総合高校のグラウンドなどが空いている際に利用できるとよい。
  • 地区内にある大学との連携について、大学側もそれを望んでおり、施設を地域の行事に利用させてくれると聞いている。大変ありがたい。
  • 花見川区にある幕張南小学校の児童は、美浜区の幕張西中学校に通うことになるが、その通学路に街灯がなく、冬場は真っ暗な中歩いて下校している。露出狂が出没していることもあり、パトロールはしているが、完全に見守ることができていない。通学路には街灯を整備してほしい。
  • この辺でみんなが集まれる施設はこの公民館だけである。お年寄りがふらっと行って集まれる場所・お茶が飲める場所があればと思う。テーマを決めた会合ではなく、雑談の中から新しい地域活動のアイデアが生まれる可能性もある。
  • 学校が休みの土曜日に公民館等の公共施設を勉強の場として開放し、地域の大人や先生が教えるといったことをしてくれると助かる。
  • 3~4年前に、このような対話会が区役所であったが、その後のフィードバックがなかった。この場で出た意見に対して、行政はどう考えるのかを示してほしい。

区民対話会は、このほかの地区でも順次開催する予定です。

幕張西地区区民対話会の様子 幕張西地区区民対話会の様子

区長のページに戻る

このページの情報発信元

美浜区 地域振興課

千葉市美浜区真砂5丁目15番1号

電話:043-270-3120

ファックス:043-270-3191

chiikishinko.MIH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)