ホーム > イベントカレンダー > 千葉市美術館 企画展「文人として生きる―浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」

ここから本文です。

更新日:2016年11月15日

千葉市美術館 企画展「文人として生きる―浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」

本展は、日本文人画壇の巨星として名高い浦上玉堂とその子春琴・秋琴の画業と足跡を追う大規模な展覧会です。会期中に大幅な展示替えをおこない、国宝・重要文化財をはじめとし、初公開資料を多数含む約270点を紹介します。そのうち、玉堂作は151点、春琴作が75点、秋琴作22点が展示される、これまでにない規模の玉堂展となります。

期間

  • 2016年11月10日(木曜日)から2016年12月4日(日曜日)
  • 2016年12月6日(火曜日)から2016年12月18日(日曜日)

10時から18時(金、土曜日は20時まで)。上段が前期で下段が後期。前期と後期で大幅な展示替えあり。

場所

対象者

市民全般

料金

一般1,200円(960円)、大学生700円(560円)
※小・中学生、高校生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※()内は前売券、団体20人以上の方、市内在住65歳以上の方の料金。
※前売券は、ローソンチケット、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(12月18日まで)にて販売。
※リピーター割引あり。本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料を割引いたします(一般800円、大学生500円)。

申込方法

なし

開催区

中央区

開催場所

千葉市美術館

郵便番号

260-8733

住所

千葉市中央区中央3-10-8

連絡先

043-221-2311

託児所

なし

その他説明・備考

休館日、11月21日(月曜日)、11月28日(月曜日)、12月5日(月曜日)

主催、共催、後援

主催

千葉市美術館

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部文化振興課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5262

ファックス:043-245-5592

bunka.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)