• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

架空請求の手口と対処法

「消費料金に関する訴訟最終告知と書いたハガキが送られてきたが心当たりがない」「利用した覚えがない料金を請求するメールが送られてきた」など、架空請求に関する相談が急増しています。
身に覚えのない請求や動画サイト等を見ていて突然請求画面に切り替わったりしても、絶対に相手に連絡をしてはいけません。

消費者庁のホームページでも注意喚起をしているので、併せてご覧ください。
注意喚起チラシ(法務省をかたるハガキ・メールver.)(外部サイトへリンク)(消費者庁ホームページ)
注意喚起チラシ(封書・裁判所をかたるハガキver.)(外部サイトへリンク)(消費者庁ホームページ)

鉛筆手口1「架空請求ハガキ」

公的機関を思わせるところから「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと、ハガキが送られてくるケース

架空請求ハガキポイント1
「裁判所」「訴訟」「差し押さえ」等の記載で裁判を連想させ、不安をあおります。

ポイント2
不特定多数に発送しているため、商品名や契約内容、会社名の記載がありません。

ポイント3
あわてて連絡するように、期日を短く設定しています。

ポイント4
公的機関を想像させるような名称・住所で送付してきます。
【例】
・法務省管轄支局_国民訴訟通達センター
・法務省管轄支局_訴訟最終告知通達センター
・民事訴訟管理センター
など

「情報保護シール」が貼られている場合や、封書で送られてくるケースも報告されています。
また、高齢の女性あてに多く送付されています。

鉛筆(オレンジ)手口2「架空請求メール」

メールやSMS(ショートメッセージサービス)に、「コンテンツ利用料金の精算確認が取れていません。」「無料期間中に退会処理がされていないために、登録料金が発生している」などと送られてくるケース

30_SMS架空請求

ポイント1
実在する大手通販会社や運輸会社をかたっているケースも多くみられます。
【例】
・アマゾンジャパン
・ヤフージャパン
・DMM
など(実在する会社は、本件とは全く無関係です。)

ポイント2
不安をあおり、記載の電話番号に連絡をするよう仕向けたり、不審なURL内に誘導するような記載があります。

ポイント3
相手は、不正に入手した名簿をもとに送ったり、数字をランダムで組み合わせ電話番号を同じ桁数の数字を作り、大量送付していると思われます。

ポイント4
相手に連絡をしてしまったり、不審なURLにアクセスしてしまった場合、相手に電話番号等の個人情報を相手に知らせることとなり、不審な電話やメールが増えるおそれがあります。

鉛筆(緑)手口3「ワンクリック請求」

動画サイト等を閲覧中、「年齢確認ボタン」を押しただけでいきなり「登録」となり、高額の請求を受けるケース

02_ワンクリック請求

ポイント1
有料であることが事前に明示されていなければ、年齢確認ボタンを押して「登録完了」されても契約はまだ成立していませんので、料金を支払う必要はありません。

ポイント2
この時点では、利用者の個人情報は相手に伝わっていませんので、こちらから連絡をしない限り、相手から連絡が来たり、請求書が送られてくることはありません。
「間違って登録をした方は連絡をください」などと、連絡させるような記載がありますが、決して相手に連絡をしてはいけません。

ポイント3
「料金請求画面が表示され、何度消しても同じ画面が現れる」といった相談も多く寄せられます。
請求画面が消えないからと言って、お金を振り込んだり、相手に連絡をしてはいけません。

【請求画面が消えない場合の対処方法】(出典:情報処理推進機構(IPA))
【注意喚起】ワンクリック請求に関する相談急増!パソコン利用者にとっての対策は、まずは手口を知ることから!(外部サイトへリンク)

指さし架空請求の対処方法】

1.絶対に連絡をしない

「心当たりがないから問い合わせる」や「登録を取り消してもらう」など、相手に連絡をしてしまうと、言葉巧みに名前や連絡先などの個人情報を聞き出し、様々な方法でお金をだまし取ろうとしてきます。

また、今後さらに電話やメールにより請求されるおそれがあります。

絶対に相手に連絡をしてはいけません。

2.連絡をしてしまったら

焦って相手に連絡をしてしまったという事例も少なくありません。しかし、お金を支払う義務はありませんので無視してください。

相手に電話もしくはメールをしてしまった場合、連絡先を相手に知られたことになります。相手からの執拗な連絡・請求に対しては、着信拒否や受信拒否に設定しましょう。

着信拒否ができない場合は、留守番電話を活用するのも有効です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部消費生活センター

千葉市中央区弁天1丁目25番1号 暮らしのプラザ内

電話:043-207-3601

ファックス:043-207-3111

shohi.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)