ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

消費者教育特設ページ

消費者教育とは

本市では、平成27年8月に「千葉市消費者教育推進計画」を策定し、消費者教育施策を推進しています。

千葉市消費者教育推進計画では、消費者教育を「自ら考え行動する自立した消費者」への成長を促進するための教育及びこれに準ずる啓発としています。

また、「自ら考え行動する自立した消費者」とは、従来から消費者に必要といわれている消費生活で合理的な意思決定ができ、消費者被害に遭わない知識を保有することにとどまらず、社会の一員として、よりよい市場とよりよい社会の発展のために積極的に関与する消費者のことを言います。

消費者教育には様々な分野の教育が含まれています。

このページでは、千葉市やちばし消費者応援団などが実施する消費生活や環境教育、食育、国際理解教育、法教育、金融経済教育などの教育や啓発に関する情報及びそれに関連する市の施策を紹介します。

イベント情報(市、ちばし消費者応援団、後援・共催しているもの等)

 

 

shouhishakyouikusymbol

消費者教育に関する情報紙など

消費生活センターが発行するもの

ちばし消費者応援団登録制度

ちばし消費者応援団は、千葉市内において、消費者教育を実践しようとする個人や消費者教育に関する活動を行っている地域の団体・事業所を対象とした制度です。

センター所蔵の図書・視聴覚資料の貸し出し

消費者教育に関連するイベントを予定している方へ

消費生活センターでは、消費者教育に関連するイベントの共催・後援を行っています。

共催・後援の申請にあたって

  1. 共催・後援できるイベントは「千葉市民を対象に含み、消費生活及び消費者教育に寄与すると認められる公益性の高い行事」です。
  2. イベントを開催しようとする日の1か月前までに、共催(後援)承認申請書(word版(ワード:35KB)PDF版(PDF:74KB))に関係書類を添付して消費生活センターまでご提出ください。
  3. 以下のイベントについては、共催・後援を承認できません。
  • 政治活動又は宗教活動を目的とするもの
  • 営利を目的とするもの
  • 法令、千葉市消費生活条例及び同施行規則に違反するおそれのあるもの
  • 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれのあるもの
  • 特定の団体所属者や自社の顧客のみを対象とするもの

※共催・後援の承認については、審査の上決定します。詳しくは消費生活センター消費者教育班(TEL043-207-3602)までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部消費生活センター

千葉市中央区弁天1丁目25番1号 暮らしのプラザ内

電話:043-207-3602

ファックス:043-207-3111

shohi.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)