ここから本文です。

更新日:2019年10月16日

災害に伴うトラブルにご注意ください!

台風などの災害に便乗し、住宅の修理などをすすめる不審な電話や訪問、また空き巣や車上ねらいなどの被害が報告されています。
業者との契約において、トラブルや不安、不審な点があれば、消費生活センターにご相談ください。
また、不審な電話がかかってきたり、不審な人物を見かけたりした場合は、110番や最寄りの警察署に通報してください。

以下に起こりうるトラブルの事例を掲載しておりますので、参考にしてください。

★以下のことに注意してください!
 ●修理等の勧誘があっても、すぐに契約せず家族や友人に必ず相談
 ●自宅を離れる際は、現金や貴重品は置かない
 ●不審者を目撃した場合は、110番通報又は最寄りの警察署に通報

 

★連絡・相談先
業者との契約おけるトラブルや不審者を見かけたなどがありましたら、以下の連絡先へご相談ください。

〇契約トラブルに関すること
千葉市消費生活センター 相談電話:043-207-3000
相談受付:月曜日から土曜日の午前9時から午後4時30分まで(土曜日は電話のみ)

〇不審者や空き巣などの犯罪行為に関すること
千葉中央警察署  043-244-0110
千葉東警察署   043-233-0110
千葉西警察署   043-277-0110
千葉南警察署   043-291-0110  
千葉北警察署   043-286-0110
千葉市地域安全課 043-245-5264

災害に便乗した契約トラブルの事例

○事例

  • 契約書を交わすことなくブルーシートでの養生を依頼したところ、高額な費用を請求された。
  • 住宅の損傷について不安をあおり、必要のない工事をするなどして高額な修理費を請求する。
  • 「火災保険を利用すれば自己負担なしで屋根の修理ができる。」と業者が突然訪ねてきた。保険申請も代行するというので契約したが、後日、不信感を覚え解約を申し出たところ、高額な解約料を請求された。

○対応策

  • 事前に金額や作業内容を業者に確認し、納得したうえで契約しましょう。
  • 災害による被害で住宅の修理等が必要な場合でも、慌てずに複数の事業者から見積もりを取ったり、周囲に相談したりしたうえで、慎重に契約しましょう。
  • 保険申請は業者任せにせず、自分で手続きをしましょう。わからない場合は、損害保険会社や保険代理店に相談しましょう。

災害に便乗した犯罪の事例

○事例

  • 停電地域の住宅や、停電により休業中の店舗を狙った空き巣や忍び込み
  • 車両内からの金品を窃取することなどを目的とした車上荒らし

○対応策

  • 自宅を離れるときは必ずカギをかけるとともに、かばんや財布などの貴重品は持ち歩くようにしましょう。
  • 乗車の有無を問わず、車両のドアには必ずカギをかけるようにしましょう。
  • 車両内には、外から見える所に物を放置しないようにしましょう。
  • ご近所同士声をかけあうなど、地域ぐるみでの注意をお願いします。

 啓発チラシ

 災害に伴うトラブルにご注意ください!(PDF:235KB)

チラシ1 チラシ2

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部地域安全課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5264

ファックス:043-245-5637

chiikianzen.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)