ここから本文です。

更新日:2015年12月8日

NPO法人成年後見なのはな

皆様からいただいた寄附は、次のような事業に使われています。

事業1. 成年後見制度の活用のための支援事業

高齢で認知症が進み、意志疎通やご自分で財産管理などを行う事が難しく、ご家族もお世話ができない方の後見人として対応するために必要な事務費用(裁判所に提出する収入印紙、切手代)や生活保護や低所得の方等の成年後見制度を利用することが困難な方の申立費用等に、皆様からの寄付を充てています。

 ・事業の対象者:会員全員

事業2. 高齢者や障がい者の権利を擁護する事業

高齢者や障がい者の財産が不当に侵害される万一の事態に備えて、当法人が加入する損害保険(賠償責任保険)の保険料に、皆様からの寄付を充てています。

 ・事業の対象者:会員全員

法人からのPR

  • 成年後見制度は、判断能力がない人や不十分な人が利用する制度です。
  • 成年後見制度は、財産や収入が多い方だけの制度ではありません。当法人は生活保護や低所得の方々でも制度の利用が出来る様に協力しております。生活保護の受任件数は平成26年度2月現在、60件になりました。
  • 成年後見制度の利用を希望しても、申立費用や後見人報酬が出せないために制度の利用を躊躇している方々がおられます。この様な方々の申立費用等の助成に皆様のご寄付を利用させていただきたいと思います。
  • 今後も「NPO法人 成年後見なのはな」は、制度の利用を考えるすべての方々の支援が出来るように努力して参ります。なお一層「公益の増進に寄与する」為に皆様のご協力とご支援をお願いします。

【法人HP】http://kouken-nanohana.or.jp/(外部サイトへリンク)

     なのはな公開セミナーの様子

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民自治推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5664

jichi.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)