ここから本文です。

更新日:2014年10月1日

ちば市政だより 平成26年10月1日号 11面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

くらしの情報プラザ

  • 特に記載のないものは次の通り。料金は無料。発行日から受け付け。
  • 応募多数の場合は抽選。対象は市内在住・在勤・在学の方。
  • 65歳以上の方は、一部の施設を優待・割引価格でご利用いただけます。
    詳しくは、各施設にお問い合わせください。

表記の見方

申込=申込方法・申込先
問合=問い合わせ
HP=電子申請による申し込み
先着順=事前申込による先着受付
当日先着順=当日会場で先着受付
予約制=事前に予約が必要

申込方法

  • はがき・FAX
    【下記】の要領で必要事項を記入。往復はがきの場合は返信用の宛先も記入。
  • 電子申請
    PC専用ページhttp://city.chiba.jp/go/denshiから申し込み。
  • Eメール
    宛先が市の組織の場合、http://city.chiba.jp/go/mailの検索画面で所管課アドレスを検索(PCのみ)。

はがき・FAX・Eメール記入例

  • 行事・講座名など (日時・コースも)
  • 〒 住所
  • 氏名(フリガナ)
  • 年齢(学年)
  • 電話・FAX番号
  • そのほか必要事項

相談

心配ごと相談

(1)法律相談 10月9日(木曜日)13時~15時。弁護士による相談。定員=6人(予約制)。裁判所で訴訟・調停中のものおよび電話相談は不可。
(2)常設相談 月曜日~金曜日(祝日を除く)10時~15時。相談員は民生委員・児童委員など。面談と電話のどちらの相談も可。
いずれも、心配ごと相談所(中央区千葉寺町ハーモニープラザ内)で。
申込 (1)電話で、心配ごと相談所 電話209-8860
問合 心配ごと相談所 電話209-8860 FAX312-2442

くらしとすまい・法律特設相談

(1)くらしとすまいの特設相談 10月8日(水曜日)10時~15時。相談の種類=登記、税、宅地建物取引、建築・リフォーム、土地の境界、相続・遺言。定員=各相談8人(先着順)。1人30分程度。
(2)特設法律相談 10月25日(土曜日)13時~16時。弁護士による相談。裁判所で訴訟・調停中のものは不可。定員=16人(予約制)。1人20分程度。
いずれも、会場=中央コミュニティセンター2階。電話相談不可。
申込 電話で((2)は10月16日(木曜日)まで。HPも可)、広聴課 電話245-5609
問合 広聴課 電話245-5609 FAX245-5796

弁護士による法の日記念法律相談

10月11日(土曜日)13時~16時、県弁護士会館(中央区中央4)で。県弁護士会所属の弁護士による相談。裁判所で訴訟・調停中のものは不可。定員=30人(予約制)。1人30分程度。電話相談不可。
申込 電話で、県弁護士会 電話227-8431
問合 県弁護士会 電話227-8431 FAX225-4860または広聴課 電話245-5609

行政書士による相続・遺言・成年後見相談会

10月7日(火曜日)若葉区役所2階、10月21日(火曜日)中央区役所4階で。いずれも、13時~16時。相続・遺言・成年後見に関する相談。相談員は県行政書士会千葉支部会員。当日直接会場へ。電話相談不可。
問合 県行政書士会千葉支部 電話231-8561(FAX兼用)または広聴課 電話245-5609

建築相談

10月8日(水曜日)10時~15時、花見川区役所1階で。住宅の設計、建築、耐震診断などの相談。相談員は県建築士事務所協会千葉支部会員。当日直接会場へ。電話相談不可。
問合 県建築士事務所協会千葉支部 電話291-6855(FAX兼用)または広聴課 電話245-5609

社会保険労務士相談

10月6日(月曜日)・20日(月曜日)10時~16時、県森林会館3階(中央区長洲1)で。労働、社会保険、年金の相談。当日直接会場へ。電話相談も可。専用電話 電話224-9027。
問合 県社会保険労務士会千葉支部電話前記 FAX224-9058または広聴課 電話245-5609

マンション管理士による相談会

10月18日(土曜日)10時~15時、鎌取コミュニティセンター講習室(緑区おゆみ野3)で。予約制。
申込 10月17日(金曜日)12時までに電話で、県マンション管理士会 電話244-9091。FAX244-9094も可(必要事項を明記)。
問合 県マンション管理士会 電話244-9091 FAX244-9094または住宅政策課 電話245-5849

成年後見制度に関する各種相談

(1)一般相談 月曜日~金曜日(祝日を除く)9時~17時。相談員は成年後見支援センター職員。面談または電話での相談。
(2)法律相談 第1・3木曜日13時30分~16時30分。弁護士による相談。裁判所で訴訟・調停中のものは不可。予約制。
いずれも、市成年後見支援センター(中央区千葉寺町ハーモニープラザ内)で。
申込 (2)電話で、市成年後見支援センター 電話209-6000
問合 市成年後見支援センター 電話209-6000 FAX209-6021 

多重債務者特別相談

10月9日(木曜日)・23日(木曜日)13時~16時、消費生活センター(中央区弁天1)で。弁護士による相談。定員=各6組(予約制)。1組30分程度。電話相談不可。相談には債務者本人が来所してください。
申込 電話で、消費生活センター 電話207-3000
問合 消費生活センター 電話207-3000 FAX207-3111

外国人のための法律相談

10月20日(月曜日)13時~16時、国際交流プラザ会議室(中央区中央2)で。定員=4人(予約制)。通訳希望者は要事前相談。
申込 電話で、国際交流協会 電話202-3000
問合 国際交流協会 電話202-3000 FAX202-3111

住宅に関する相談

(1)分譲マンション専門相談・アドバイザー派遣 10月9日(木曜日)=大規模修繕、維持管理、建替えに関する相談。10月16日(木曜日)=法律相談など。
いずれも13時~16時、中央コミュニティセンター8階で。予約制。相談結果により後日アドバイザーの派遣も可。
(2)住宅増改築相談 10月10日(金曜日)10時~15時、各区役所玄関ホールで。増改築や高齢者向けの改造などの相談。相談員は市内の増改築相談員協議会会員。当日直接会場へ。
申込 (1)電話で、すまいアップコーナー 電話245-5690。FAX245-5691も可(必要事項を明記)。
問合 (1)住宅政策課 電話245-5849 FAX245-5795(2)市増改築相談員協議会 電話285-3003

不動産に関する相談会

10月9日(木曜日)10時~16時、市役所1階ロビーで。不動産全般に関する相談。相談員は不動産鑑定士。当日直接会場へ。
問合 県不動産鑑定士協会 電話222-5795 FAX222-9528または宅地課 電話245-5320

人権擁護委員特設相談

毎週火曜日10時~15時、中央コミュニティセンター2階で。夫婦、扶養、近隣関係、差別待遇、名誉棄損、いやがらせ、いじめなど人権上の悩みごとについて。当日直接会場へ。
電話相談 全国共通人権相談ダイヤル 電話0570-003-110(平日8時30分~17時15分)。
問合 法務局人権擁護課 電話302-1319または男女共同参画課 電話245-5060 FAX245-5539

青少年の悩みごと相談

月曜日~金曜日(祝日を除く)9時~17時。非行問題、学校生活への不適応、いじめや不登校、進路相談など青少年の悩みごとに関する相談を行っています。相談方法=面談または電話で(当日先着順)。
相談先=青少年サポートセンター(中央区中央4県教育会館4階) 電話227-7830 FAX227-2892、同北分室(花見川市民センター等複合施設) 電話259-1110、同東分室(千城台市民センター2階) 電話237-5411、同南分室(鎌取コミュニティセンター等複合施設) 電話293-5811、同西分室(美浜区高浜3市教育会館2階) 電話277-0007

保健・福祉

市立病院「女性外来」

市立病院では、女性特有の病気や健康問題などでお悩みの方に、女性医師が診察を行う専用外来(青葉病院は婦人科一般診療を除く)を開設しています。
青葉病院(中央区青葉町) 診察日(要電話予約)=毎週水曜日9時~12時(年末年始、祝日を除く)。予約専用電話 電話227-0002(月曜日~金曜日12時~15時。年末年始、祝日を除く)。担当は内科医。予約時に問診を行いますので、本人が直接電話してください。
問合 青葉病院地域連携室 電話227-1131 FAX227-6655
海浜病院(美浜区磯辺3) 診察日(要電話予約)=毎週木曜日13時40分~15時(年末年始、祝日を除く)。予約専用電話 電話277-8014(月曜日~金曜日9時~16時。年末年始、祝日を除く)。担当は婦人科医。
問合 海浜病院地域連携室 電話277-8014 FAX277-3500

エイズ・クラミジア相談と検査

相談 毎週火曜日10時~12時、13時~16時と10月1日(水曜日)・15日(水曜日)・22日(水曜日)14時~16時。専門のカウンセラーによる相談。電話相談も可。
即日検査 10月14日(火曜日)・28日(火曜日)14時~15時。
いずれも、保健所(美浜区幸町1)で。匿名で受けられます。予約制。
申込 電話で、保健所感染症対策課 電話238-9974
問合 保健所感染症対策課 電話238-9974 FAX238-9932

女性のための健康相談

女性ホルモンなどの関係で心と身体の不調・不安で悩んでいる方のための相談。
(1)女性医師(婦人科)による相談 10月15日(水曜日)13時15分~15時20分、保健所(美浜区幸町1)で。予約制。
(2)保健師による電話相談 月曜日~金曜日(祝日を除く)9時~12時、13時~16時。相談専用電話 電話238-1220。
申込 (1)電話で、健康支援課 電話238-1220
問合 健康支援課 電話238-1220 FAX238-9946

不妊専門相談

助産師による個別相談 10月22日(水曜日)15時~17時15分。
医師による個別相談 10月30日(木曜日)13時45分~15時30分。
いずれも、保健所(美浜区幸町1)で。対象=不妊や不育症(流産などを繰り返し赤ちゃんを得られない状況)でお悩みの夫婦。予約制。
申込 電話で、健康支援課 電話238-9925
問合 健康支援課 電話238-9925 FAX238-9946

10月は里親月間~里親になっていただける方を募集しています~

里親制度は、親の病気や死別・離婚などにより家庭での生活ができない子どもたちを、家族の一員として迎え入れ、家庭の中で育てていく制度です。
詳しくは、児童相談所(美浜区高浜3)へ、お問い合わせください。
問合 児童相談所 電話277-8880 FAX278-4371

こころの健康センターの催し

(1)精神障害者家族のつどい 10月17日(金曜日)13時30分~16時30分、こころの健康センター(美浜区高浜2)で。講演会「大人の発達障害を学ぶ~生きにくさを支援する~」と家族ミーティング。当日直接会場へ。
(2)ひきこもり家族セミナー「家族の対応を考える」 10月24日(金曜日)13時30分~16時30分、こころの健康センターで。対象=不登校・ひきこもりの若者がいる家族。カウンセラーによる助言。定員=30人(先着順)。
(3)思春期講演会「思春期におけるひきこもりの理解を深める」 11月10日(月曜日)13時45分~16時30分、市文化センターアートホール(中央区中央2)で。思春期に生じるひきこもりの意味と背景を理解し、子どもの心に寄り添う対応方法を考えます。講師=齊藤万比古さん(小児精神保健科医)。定員=490人(予約制)。
申込 (2)(3)電話で、こころの健康センター 電話204-1582((3)は10月31日(金曜日)まで)。
問合 こころの健康センター 電話204-1582 FAX204-1584

「目の愛護デー」電話相談

10月13日(祝日)9時~16時。眼科医による目の健康相談。1人10分以内。
相談電話 電話242-4271。
問合 県眼科医会 電話0436-26-5567 FAX0436-21-5587または健康企画課 電話245-5210

難病医師相談

神経・筋難病 10月10日(金曜日)。対象=パーキンソン病関連疾患、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性硬化症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、スモンなどでお悩みの方とその家族。
膠原(こうげん)病 10月21日(火曜日)。対象=全身性エリテマトーデス、ベーチェット病、強皮症、多発性筋炎、皮膚筋炎、関節リウマチなどでお悩みの方とその家族。
いずれも、14時~17時、保健所(美浜区幸町1)で。専門医による個別相談。定員=6人。予約制。
申込 電話で、健康企画課 電話245-5229
問合 健康企画課 電話245-5229 FAX245-5554

視覚障害者社会施設体験会

10月31日(金曜日)9時30分療育センター(美浜区高浜4)または10時JR千葉駅北口に集合。16時20分JR千葉駅北口、16時45分療育センターで解散。バスでカップヌードルミュージアム(横浜市)へ。対象=市内在住・在勤で視覚に障害のある18歳以上の方。定員=20人(初めての方を優先)。費用=700円。昼食代は別途。
申込 10月16日(木曜日)までに電話で、療育センターふれあいの家 電話279-1141。FAX277-0291も可(必要事項を明記)。月曜日、祝日、10月14日(火曜日)休館。

骨髄バンクに登録を!

10月は骨髄バンク推進月間です。骨髄移植は、白血病や重症再生不良性貧血などの難治性血液疾患に対する有効な治療法です。骨髄バンクの登録にぜひご協力ください。
問合 日本骨髄バンク 電話0120-445-445 FAX03-5280-0101または健康企画課 電話245-5207

社会福祉セミナー「家庭介護技術入門」

移動編=11月19日(水曜日)。清潔編=11月20日(木曜日)。
いずれも、9時25分~16時、市社会福祉研修センター(中央区千葉寺町ハーモニープラザ内)で。定員=各30人(先着順)。
申込 電話で、市社会福祉研修センター 電話209-8841。FAX312-2943も可(必要事項を明記)。

公開講座「認知症800万人時代への対応:千葉市でのそなえ」

10月25日(土曜日)14時~17時、京葉銀行文化プラザ(中央区富士見1)で。医師などによる講演、質問コーナー。定員=500人(当日先着順)。
問合 市医師会 電話242-1090 FAX241-2142または高齢福祉課 電話245-5168

障害者福祉センターの講座

(1)パソコン教室 11月7日(金曜日)・14日(金曜日)・21日(金曜日)(A)10時~12時、(B)13時30分~15時30分。12月5日(金曜日)・12日(金曜日)・19日(金曜日)(C)10時~12時、(D)13時30分~15時30分。各全3回。内容=(A)パソコンを始めてみませんか、(B)パソコンで年賀状を作ろう、(C)デジカメ写真の活用術、(D)小遣い帳をつくろう。対象=身体障害者手帳をお持ちの18歳以上の方。定員=各10人。費用=各1,000円(教材費)。
(2)社会適応訓練 音楽療法 11月9日(日曜日)13時30分~15時。音楽を聞いたり演奏をしたりすることによる効果を用いて、心身の健康の回復や向上を図る、音楽療法士による治療。対象=身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの18歳以上の方とその付添者。定員=60人。
申込 (1)10月15日(水曜日)必着。往復はがきに必要事項を明記。(2)10月31日(金曜日)必着。はがきか障害者福祉センターにある申込用紙に必要事項のほか、参加人数を明記。〒260-0844中央区千葉寺町1208-2障害者福祉センターへ。Eメールkizuna@mbj.nifty.comも可。
問合 障害者福祉センター 電話209-8779 FAX209-8782。月曜日、祝日、10月14日(火曜日)休館。

シニアのための傾聴ボランティア養成講座

11月7日(金曜日)・14日(金曜日)・21日(金曜日)13時30分~15時30分、若葉保健福祉センター3階で。全3回。傾聴に関する講義とロールプレイ。対象=55歳以上の方。定員=30人(先着順)。
申込 電話で、若葉区ボランティアセンター 電話233-8181
問合 若葉区ボランティアセンター 電話233-8181 FAX233-8171

認知症介護講習会「若年認知症について、若年認知症の人を介護して」

10月26日(日曜日)13時30分~15時30分、市文化センター5階(中央区中央2)で。対象=認知症の人を介護している家族および認知症に関心のある方。定員=50人(多数の場合は介護家族優先)。
申込 10月12日(日曜日)必着。はがきに必要事項のほか、介護家族か否かを明記して、〒260-0026中央区千葉港4-3千葉県社会福祉センター3階認知症の人と家族の会へ。FAX204-8256も可。
問合 認知症の人と家族の会 電話204-8228(月曜日・火曜日・木曜日13時~16時)FAX204-8256または高齢福祉課 電話245-5168

認知症サポーター養成講座「認知症を理解し地域で支えよう!」

10月30日(木曜日)14時~16時、若葉文化ホール(若葉区千城台西2)で。定員=300人(先着順)。
申込 電話で、市あんしんケアセンター千城台 電話236-7400(月曜日~土曜日9時~18時)
問合 市あんしんケアセンター千城台 電話236-7400 FAX236-7401または高齢福祉課 電話245-5168

公開講座「認知症の方を理解し、家庭(在宅)介護のより良い支援について」

11月6日(木曜日)13時~16時、中央区社会福祉協議会大会議室(中央区中央4きぼーる11階)で。医師による講演、グループディスカッション、相談コーナー。定員=100人(先着順)。申込用紙配布場所=保健福祉センター高齢障害支援課、あんしんケアセンター。電話で、市老人福祉施設協議会 電話209-8760に請求も可。
申込 11月4日(火曜日)までに電話で、市老人福祉施設協議会電話前記。FAX209-8761、Eメールinfo@chibashi-kaigo.orgも可(申込用紙に必要事項を記入)。
問合 市老人福祉施設協議会 電話209-8760 FAX209-8761または高齢福祉課 電話245-5168


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

あなたの声を聞かせてください

参加者募集 ランチ・ミーティング

市長と昼食をとりながら、活動内容について気軽に意見交換を行います。

日時
11月13日(木曜日)12時~12時50分
会場
市役所3階市長室
対象
市内で定期的に活動している団体
定員
1団体(5~9人)
申込方法
10月20日(月曜日)必着。はがきに代表者の氏名(フリガナ)・住所・電話番号、団体名、活動内容、参加人数、市長と話し合いたいテーマを明記して、〒260-8722千葉市役所広聴課へ。FAX【下記】、電子申請も可。*昼食は各自で持参。多数の場合は抽選。

ツイッター版市長との対話会

「平成25年度決算と未来に向けたまちづくり」をテーマに、ツイッターで市長へあなたの意見をつぶやいてみませんか。

日時
10月15日(水曜日)21時~22時30分
参加方法
テーマに沿った意見をツイッター(ハッシュタグ#chiba1015)に投稿してください。ホームページで事前に資料をご覧ください。

詳しくは、ホームページをご覧ください「千葉市 広聴課」で検索

問い合わせ 広聴課 電話245-5298 FAX245-5796


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

市民農園を開設・運営する農家の方を募集!

市では、市民が気軽に農業に親しみ、楽しめる場を提供するため、市民農園の設置を推進しています(特に、中央・花見川・稲毛区の都市部近郊で利用希望者が多く、不足しています)。お持ちの農地を市民農園として有効活用することで、農地としてより良い状態を保つことができるほか、利用料による収入も得られます。空いている農地を活用してみませんか?

対象農地
市内の農地で市街化調整区域または市街化区域の生産緑地
面積
おおむね1,000平方メートル以上

市民農園ってどんなもの?

収入はどれくらい得られるの?
市園芸協会会員の事例では、利用料による収入は、1区画(12m2)あたり年間で5,000円~7,000円です。
開設費用はどうするの?
開設者の負担です(区画割り、通路、井戸、簡易トイレ、園名板などに関する費用の一部を市が補助する制度あり)。
管理はどうするの?
農園の管理は開設者に行っていただきます。

詳しくは「千葉市 市民農園」で検索

問い合わせ 農政課 電話245-5758 FAX245-5884


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)