ここから本文です。

更新日:2016年3月1日

ちば市政だより 平成28年2月1日号 4面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

都市アイデンティティ戦略 〜千葉市らしさが感じられるまちへ〜 
縄文文化に触れてみませんか

国内最大級の規模を誇り、特別史跡の指定を目指している加曽利貝塚をはじめ、千葉市は縄文時代の遺跡の宝庫です。市では、縄文遺跡の価値について知っていただくため、シンポジウムや縄文文化の体験、講座などの催しを開催します。ぜひ、ご来場ください。

生涯学習センター(中央区弁天3)で開催 ちば縄文フェスタ2016

シンポジウム「縄文文化を世界から見る」

日時
2月27日(土曜日)10時30分〜17時(10時開場)
内容
平成27年中に発掘した遺跡の発表会
基調講演、パネルディスカッションなど
定員
280人(当日先着順)
*2月16日(火曜日)〜28日(日曜日)は遺跡発表会関連の展示や加曽利貝塚再整理の速報展示も行います。

2月27日(土曜日)はワタクシも生涯学習センターにいるよ(加曽利貝塚PR大使かそりーぬ)

君も体験!古代へワープ

日時
2月27日(土曜日)10時〜15時
内容
・古代組みひも作り
・土器復元体験
・古代の編み物、アンギン編み体験
*アンギン編み体験は定員=10人(当日先着順)

問い合わせ 文化財課 電話245-5960 FAX245-5993


受講者募集 縄文時代研究講座 「縄文時代をもっと知ろう!」

(1)千葉市内出土の縄文晩期土偶 2月20日(土曜日)13時30分〜15時30分
(2)加曽利貝塚の再整理の成果 3月26日(土曜日)13時30分〜15時30分
対象
18歳以上の方
定員
各50人(多数の場合抽選)
会場
生涯学習センター
申込方法
2月10日(水曜日)消印有効。往復はがきに氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号、FAX番号(お持ちの方)を明記して、〒264-0028若葉区桜木8-33-1加曽利貝塚博物館へ。FAX・Eメールも可。

問い合わせ加曽利貝塚博物館電話231-0129FAX231-4986Eメールkasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

2月14日(日曜日) 昭和の森(緑区土気町)で初開催
全国中学生クロスカントリー選手権大会 千葉クロスカントリー大会 X-RUN CHIBA 2016

2月14日(日曜日)、昭和の森(緑区土気町)で「全国中学生クロスカントリー選手権大会」および「千葉クロスカントリー大会 X-RUN CHIBA 2016」が開催されます。当日は、世界大学クロスカントリー選手権代表選手選考競技会、千葉県クロスカントリー大会も行われます。
ぜひ、ご来場いただき、全国から集まる出場選手たちの躍動感あふれる走りに熱い声援を送ってください。

当日の大会スケジュール

9時 X-RUN ファミリー 1km
9時15分 X-RUN キッズ 1.5km
9時50分 X-RUN 4km
10時30分 X-RUN 8km
11時45分 千葉県クロスカントリー大会 高校男子 3km
12時10分 全国中学生クロスカントリー選手権大会 女子の部 3km
13時 全国中学生クロスカントリー選手権大会 男子の部 3km
13時40分 世界大学クロスカントリー選手権代表選手選考競技会 女子6km
14時15分 世界大学クロスカントリー選手権代表選手選考競技会 男子12km

注意

当日申込での参加はできません

【上記】大会の参加申込は終了しています。また、昨年度まで開催していた「昭和の森市民クロスカントリー大会」は、大会内容の変更に伴い、実施しません。ご注意ください。

無料バスを運行
大会当日は、JR土気駅北口から会場まで、無料送迎バスを運行します。

問い合わせ スポーツ振興課 電話245-5966 FAX245-5994


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

千葉市芸術文化新人賞受賞者決定

市では、千葉市にゆかりがあり、将来の活躍が期待される芸術家を「千葉市芸術文化新人賞」として表彰しています。歴代の受賞者は、音楽・演劇・美術など、さまざまな分野で現在も活躍しています。
今年度は、幅広い芸術文化の分野から自薦・他薦による応募があり、選考の結果、新人賞3人、奨励賞2人の受賞者が決定しました。市では今後、受賞者の活動の場づくりへの協力などを通して、芸術文化の振興に取り組んでいきます。受賞者の方々をぜひ、応援してください。

受賞者の顔ぶれ

新人賞

伊藤巧真(いとう たくま)さん
作曲家、千葉市在住)
確立された作曲技術や、自身の豊かな才能とユニークなテーマによって多彩な楽曲を意欲的に制作しています。
堤怜子(つつみ さとこ)さん
(声楽家、千葉市在住)
深みのある中音域と美しい高音域を併せ持ち、技術を活かし、工夫を凝らしながらさまざまな演奏活動を精力的に行っています。
松永大司(まつなが だいし)さん
(映画監督、千葉市在住)
監督のみならず脚本も務めるなど多才で、深い感性による演出や鮮やかな感情描写によって、その才能を作品の中で発揮しています。

奨励賞

マツムラケンゾーさん
(映像作家、千葉市在住)
一貫したテーマとメッセージを、芸術的な演出などによって表現しています。また、市内で映画塾を開校し、熱心に後進の指導にもあたっています。
望月美都輔(もちづき みずほ)さん
(古典芸能・邦楽囃子・横笛奏者、千葉市在住)
演奏技術と優れた感覚を併せ持ち、自ら作曲も手がけるなど新たな試みに挑戦し続け、古典芸能の魅力を積極的に発信しています。

問い合わせ 文化振興課 電話245-5961 FAX245-5592


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

市職員採用説明会・市技術系業務説明会を開催HERO千葉市がきみを待っている。

3月5日(土曜日)職員採用説明会

千葉市への就職に関心のある方を対象に、現役職員が仕事の魅力をお伝えするほか、市長が直接メッセージを送る採用説明会を開催します。
日時
3月5日(土曜日)10時〜16時(9時30分受付開始)
会場
生涯学習センター(中央区弁天3)
内容
・職員との交流ブース
・業務の説明・相談を行う各種セミナー
・市長が参加者に送るメッセージ(要事前申込)
時間
10時から
定員
300人(多数の場合抽選)
申込
2月19日(金曜日)必着。往復はがき(1人1通)に、氏名(フリガナ)、住所、電話番号、返信用の宛先を明記して、〒260-8722千葉市人事委員会事務局へ。千葉市職員募集ホームページからも可。「千葉市 職員募集」で検索

3月9日(水曜日)技術系業務説明会

土木・建築・電気・機械・化学・造園の各技術職種の就職に関心のある方を対象に、千葉市の技術職の業務内容などをお伝えします。
日時
3月9日(水曜日)13時30分〜16時30分(13時受付開始)
会場
・土木=市役所8階正庁
・その他=中央コミュニティセンター
内容
各技術職種の業務説明のほか、職員との懇談会や職場訪問
定員
150人(予約制)
申込方法
2月24日(水曜日)までに電話で、市人事委員会事務局へ。
【上記】ホームページからも可。

問い合わせ 市人事委員会事務局 電話245-5870 FAX245-5889


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

受講者募集生ごみ資源化アドバイザー養成講座

市では、生ごみの減量・資源化を推進するため、地域において助言や技術指導などを行うアドバイザーの養成講座を開催します。
日時
3月14日(月曜日)10時〜15時
3月115日(火曜日)9時30分〜16時(全2回)
会場
生涯学習センター(中央区弁天3)
定員
30人(多数の場合抽選)
内容
講義生ごみ処理の方法・基礎知識、処理物の利用
実習生ごみ処理機の取り扱いなど
申込方法
2月12日(金曜日)必着。往復はがきに氏名(フリガナ)、住所、電話番号(お持ちの方はFAX番号も)、返信用の宛先を明記して、〒260-8722千葉市役所廃棄物対策課へ。FAX、電子申請も可。

問い合わせ 廃棄物対策課 電話245-5379 FAX245-5624


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)