• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年10月15日

ちば市政だより 平成27年10月15日号 4面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

市美術館 杉本博司 趣味と芸術-味占郷 今昔三部作

会場
市美術館8・7階展示室
会期
10月28日(水曜日)〜12月23日(祝日)
観覧料
一般1,200円 大学生700円 高校生以下無料
*11月3日(祝日)は、開館20周年記念日につき観覧料無料

国際的に活躍している現代美術家・杉本博司。本展は二部構成となっており「趣味と芸術—味占郷」では、本人が収集する古美術品から昭和の珍品といった特徴的なコレクションを用いて27の床飾りをしつらえます。一方「今昔三部作」では、代表作である写真シリーズ、「ジオラマ」「劇場」「海景」を貴重な大版プリントで展示します。

関連イベント

(1)記念講演会「時候を測る-江之浦測候所建設計画近況報告」
10月31日(土曜日)14時〜15時30分
会場 11階講堂
講師 杉本博司
定員 150人
(2)対談 杉本博司×千宗屋「趣味と芸術」
11月7日(土曜日)14時〜15時30分
会場 11階講堂
定員 150人
申込方法
(1)10月21日(水曜日)、(2)10月28日(水曜日)必着。往復はがき(1通1イベント)にイベント名、氏名(フリガナ)、住所、電話番号、人数(2人まで)を明記して、〒260-8733中央区中央3-10-8千葉市美術館へ。多数の場合抽選。

問い合わせ 市美術館 電話221-2311 FAX221-2316 開館時間=10時〜18時(金曜日・土曜日は20時まで) 11月2日(月曜日)、12月7日(月曜日)休館


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

郷土博物館の催し

(1)中級古文書講座

「江戸時代の村の史料を読む」をテーマに、古文書の解読・解説をしていきます。古文書がある程度読めて江戸時代の史料に興味がある方、ぜひご参加ください。
日時
11月10日・17日、12月8日・15日、来年1月19日・26日の火曜日13時30分〜15時30分
定員
40人(多数の場合抽選)

(2)鎧やむかしの着物の着用体験

平安時代から江戸時代の装束や、室町時代ごろの鎧などの着用体験です。その時代の登場人物になりきってみましょう。
日時
11月14日(土曜日)13時30分〜15時
対象
身長135センチメートル以上の方
定員
15人(多数の場合抽選)
申込方法
(1)10月23日(金曜日)、(2)10月27日(火曜日)必着。往復はがき(1人1通)に講座名、氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号を明記して、〒260-0856中央区亥鼻1-6-1郷土博物館へ。電子申請も可。

問い合わせ 郷土博物館 電話222-8231 FAX225-7106 月曜日、祝日休館


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

加曽利貝塚博物館 ナイトミュージアム

博物館で謎解きをしたり、暗闇の復原住居を見学できます。夜の加曽利貝塚にみんな集まれ!

日時
10月24日(土曜日)17時30分、18時、18時30分、19時から(各回70分)
復原住居の見学は雨天中止
定員
各40人(当日先着順)
*懐中電灯を持参。中学生以下は保護者同伴

問い合わせ 加曽利貝塚博物館 電話231-0129 FAX231-4986 月曜日休館


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

加曽利貝塚を特別史跡に かそり-ぬの縄文ドキドキ♥通信

第10話 「縄文人のお・う・ち♡〜竪穴住居〜」の巻

あ、どうも。かそりーぬです。今回は縄文人のおうち「竪穴住居」についてお話しします(ドキドキ♡)。
竪穴住居は、地面を掘り込んだ半地下式のおうちで、厚く草をふいた屋根は、夏の日差しや雨、冬の寒さを防いでくれるんです。
住居づくりには、円形か方形に地面を数十センチ掘り下げ、床と壁をつくるんだけど、土を掘るのと運ぶのがとても大変なんだ。柱などの材料を前もって用意したり、人手もかかるから、家づくりは計画的な準備が必要なんだ。茅ぶきの屋根は想像なんだけど、柱にクリ材が多く使われているのは、クリが水に強く丈夫なことを縄文人が知っていたからなんだよ。
炉の火は湿気を防いでくれるし、冬も暖かく寝ることができます。広さは平均で10畳から20畳くらいあるけど、仕切りはなくて、今でいえばワンルーム。家族みんなが仲良く快適に暮らした大切な場所だったんです。竪穴住居は、平安時代までずっと使われたそうです。縄文人の知恵ってすごいでしょ(エッヘン)。

問い合わせ 加曽利貝塚博物館 電話231-0129 FAX231-4986 月曜日休館


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

谷津田の自然と触れ合おう

大草谷津田いきものの里「自然観察会」

大草の自然や生き物に親しんでいただくため、自然に詳しい指導員が自然や生物の見どころを解説しながらご案内します。
日時
谷津田でアート 11月1日(日曜日)10時30分〜12時
タネの旅立ち 11月15日(日曜日)10時30分〜12時
*集合・解散は大草谷津田いきものの里入口広場(若葉区大草町)
定員
各30人(当日先着順) *小学3年生以下は保護者同伴
持ち物
帽子・長靴・飲み物

自然保護ボランティア育成講座

谷津田の自然を守り、多くの生物が生息する環境をつくるため、ボランティアが生物調査や森林づくり、田んぼづくりなどの活動を行っています。このような、谷津田の自然の保全活動をしてみたい方を対象に講座を行います。
日時
11月6日(金曜日)・11日(水曜日)・20日(金曜日)・25日(水曜日)、12月2日(水曜日)10時〜16時
(11月6日、12月2日は13時30分〜16時30分) 全5回
会場
大草谷津田いきものの里
内容
生物の調査、森林整備の手順(草刈り、伐採など)、田んぼづくりの基本など
対象
18歳以上の方
定員
20人(多数の場合抽選)
申込方法
10月30日(金曜日)必着。往復はがきに氏名(フリガナ)、住所、年齢、電話番号、返信用の宛先を明記して、〒260-8722千葉市役所環境保全課へ。FAX、Eメールkankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp、電子申請も可。

問い合わせ 環境保全課 電話245-5195 FAX245-5553


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

10月23日(金曜日)〜25日(日曜日) 都市緑化植物園 秋のバラ展

秋に見頃を迎えるたくさんのバラをご覧になれます。
ぜひ、当日会場へお越しください。

  • バラ苗の販売 10月23日(金曜日)〜25日(日曜日)10時〜16時
  • 切バラ展 10月23日(金曜日)〜25日(日曜日)10時〜16時
  • フラメンコショー 10月25日(日曜日)14時〜15時

参加者募集 花卉(かき)園芸講座〜お正月に楽しめる寄せ植え作り〜

日時 11月19日(木曜日)13時30分〜16時
内容 シクラメンやパンジー、ハボタンなどの寄せ植えを行います。
定員 30人(多数の場合抽選)
費用 2,100円(教材費など)

申込方法
10月25日(日曜日)消印有効。往復はがき(1人1通)に、氏名(フリガナ)、住所、電話番号、返信用の宛先を明記して、〒260-0808中央区星久喜町278都市緑化植物園へ。Eメールtoshi-event@cga.or.jpも可。

問い合わせ 都市緑化植物園 電話264-9559 FAX265-6088 月曜日(祝日を除く)休館


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)