ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ちば市政だより 平成29年3月1日号 2面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

首都直下地震が千葉市で起きたなら

地震ハサードマップなどを活用して、家庭や地域で大地震への備えを進めましょう!

地震ハザードマップをご活用ください!

地震ハザードマップは、区ごとに、千葉市直下地震による建物被害予測マップや日頃の備えなどを掲載しています。
大地震に備えて、家庭や地域で、ぜひ活用してください。

家庭で

  • 最寄りの避難場所・避難所を把握しておきましょう。また、安全に移動できない場合もあるので、複数の避難場所・避難所、避難経路を考えておきましょう。
  • 住宅の耐震診断・耐震改修や、家具などの転倒防止など、地震への対策をしましょう。

地域で

  • 町内自治会や自主防災組織で、地域の危険度を確認し、防災訓練や防災資機材の準備など、大地震への備えを進めましょう。
  • 地震発生後の避難所開設や初期消火対策などについて、地域の皆さんで話し合いましょう。

地震から身を守りましょう!

(1)まずはわが身の安全を図る
何よりも大切なのは自分の命。地震が起きたら、安全行動「姿勢を低く!頭・体を守って!揺れが収まるまでじっとして!」で、身の安全を確保する。
(2)素早く火の始末 慌てず、騒がず、冷静に
揺れが収まったら、調理器具や暖房器具などの火を確実に消す。
(3)火が出たらまず消火を
「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め、初期消火に努める。
(4)脱出口を確保する
建物内は、建物がゆがみ出入り口が開かなくなることがあるため、ドアや窓を開けて脱出口を確保する。
(5)通電火災を防止する
停電後の電気復旧時に電気器具が作動して出火するおそれがあるため、ブレーカーを落としてから避難する。
(6)外に逃げるときは慌てずに
外に逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意して、慌てずに落ち着いて行動する。
(7)避難は徒歩で、荷物は最低限に
避難場所・避難所には、車を使わずに徒歩で避難する。
非常用持出品は、必要最低限の必需品にする。
(8)みんなで協力して応急救護を
お年寄りや身体の不自由な人、けが人などに声をかけ、みんなで協力して助け合う。
(9)狭い路地、塀ぎわ、崖には近寄らない
ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので注意する。
崖は崩れるおそれがあるので近寄らない。

日頃から地震に備えて!対策のポイント

住宅の耐震診断・耐震改修~住宅倒壊による圧死を防ぐ~

千葉市直下地震で予測される死者数のうち、約8割が建物倒壊の原因によるものです。

  • 昭和56年以前に建設された建物(建築基準法の耐震基準の改正前)は、震度6弱程度で倒壊する危険性があるので、必ず耐震診断を受ける。
  • 自宅の耐震性に不安がある場合は、耐震診断を受ける。
  • 木造住宅では基礎や壁を補強し、耐震性を高くする。
  • 建築相談【11面】などを活用し、耐震診断の相談をする。

市では、耐震診断費・耐震改修費の一部を助成しています(支給要件あり)。詳しくは、「千葉市 住宅の耐震」で検索

問い合わせ 住宅政策課 電話245-5896 FAX245-5795


火災の予防 ~大地震では、一軒の火災が広域火災につながる~

阪神・淡路大震災や東日本大震災で原因が特定された火災の中で、出火要因のトップは、電気機器や配線からの出火です。

  • 感震ブレーカー(設定値以上の揺れを感知した場合に自動的に電気の供給を遮断する装置)を設置する。
  • 地震時には、慌てず火元を確認し、避難する際はブレーカーを切る。
    詳しくは、「千葉市 感震ブレーカー」で検索

問い合わせ 消防局予防課 電話202-1613 FAX202-1669


家具などの転倒防止 ~家具が凶器とならないために~

  • 大きな家具・電化製品は金具などで固定する。
  • 倒れた家具が寝ている人を直撃しないように、また、出入り口を塞がないように家具を配置する。

市では、高齢者・重度障害者の方を対象に、家具転倒防止金具取付費用の一部を助成しています(支給要件あり)。
詳しくは、「千葉市 家具転倒防止」で検索

問い合わせ
保健福祉センター高齢障害支援課
中央 電話221-2150
花見川 電話275-6425
稲毛 電話284-6141
若葉 電話233-8558
緑 電話292-8138
美浜 電話270-3505

災害時には正確な情報が必要です!

ちばし安全・安心メールに登録しましょう
地震時には震度や津波警報をお知らせするなど、防災・防犯についての情報を電子メールで届けます。登録は、entry@chiba-an.jpへ空メールを送信。
防災ポータルサイトを確認しましょう
地震情報や気象情報などの災害・緊急情報を、市のホームページで公開しています。
詳しくは、「千葉市 防災ポータル」で検索

問い合わせ 防災対策課 電話245-5113 FAX245-5552


問い合わせ 危機管理課 電話245-5151 FAX245-5597


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月26日(日曜日)午前7時~午後8時 千葉県知事選挙

投票できる方

平成11年3月27日までに生まれた方で、平成28年12月8日以前から引き続き3カ月以上、千葉市の住民基本台帳に記録され、選挙人名簿に登録されている方。投票日までに県外へ転出した方は投票できません。
なお、平成29年2月24日以降に市内で転居した方は、前住所地での投票となります。

県内の他市町村から千葉市に転入された方

平成28年12月9日以降に県内の他市町村から本市に転入された方は、前住所地で投票ができる場合があります。事前に前住所地の選挙管理委員会へ確認してください。この場合、「千葉県内に引き続き住んでいる証明書」が必要となります。証明書は、県内の市役所・町村役場・各区役所市民総合窓口課で無料で交付しています。住所変更した免許証などの身分証明書では、投票できません。

期日前投票

投票日に仕事や行楽などで投票所へ行けない方は、期日前投票ができます。投票所や投票できる期間、時間など詳しくは、区版【12面】をご覧ください。

不在者投票

  • 仕事や学業などで市外に滞在している方は、滞在地の選挙管理委員会で投票ができます。詳しくは、滞在地または住所のある区の選挙管理委員会へお問い合わせください。
  • 身体障害者手帳・戦傷病者手帳をお持ちで一定要件に該当する方、または介護保険被保険者証の区分が要介護5の方は、在宅で郵便による投票ができます。詳しくは、住所のある区の選挙管理委員会へお早めにお問い合わせください。
  • 老人ホームや病院などに入所・入院している方は、施設内で投票ができる場合があります。詳しくは、施設にお問い合わせください。

投票所入場整理券

投票所入場整理券が印刷されたはがきを3月9日(木曜日)から世帯主宛てに郵送します(1通に5人分まで)。投票時に、自分の分を切り離してお持ちください。

投票所

投票所入場整理券または区版【12面】をご覧ください。

選挙公報

選挙公報は、3月16日(木曜日)の朝刊(朝日・毎日・読売・産経・日本経済・東京・千葉日報)に折り込んで配布するほか、次の窓口にも備えます。

選挙公報を備えている窓口など

市役所1階案内、区役所、市民センター、コミュニティセンター、保健福祉センター、消防署、公民館、市図書館、千葉モノレール千葉駅(市広報ボックス)、新聞販売店など

詳しくは、お住まいの区の選挙管理委員会【下記】へお問い合わせいただくか、市ホームページをご覧ください。
「千葉市 県知事選挙特集」で検索

問い合わせ
•区選挙管理委員会
中央 電話221-2104 FAX221-2159
花見川 電話275-6191 FAX275-6719
稲毛 電話284-6104 FAX284-6149
若葉 電話233-8121 FAX233-8162
緑 電話292-8104 FAX292-8158
美浜 電話270-3121 FAX270-3191
•地域福祉課 電話245-5866 FAX245-5893

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)