ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ちば市政だより 平成29年3月1日号 3面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

2月18日表彰 第34回教育・文化・スポーツ等功労者 98人・12団体

2月18日、全国規模以上の大会などで優れた成績を収め、郷土千葉市の名声を高められた98人、12団体の方々に対し、賞証を贈り、その功績をたたえました。
(順不同・敬称略)

教育

LSI(大規模集積回路)デザイン
千葉大学大学院工学研究科チーム「いつまでもいろあせない」
科学
市毛貴大
作文
飯田ちさ 木村真恵
珠算・暗算
大迫拓真 大野哲弥 金子優希
将棋
伊藤誠悟
電気工事技能
齋藤平也
簿記
丸田翔平 千葉県立千葉商業高等学校簿記部
ロボット競技
千葉司 馬渕陽人

文化

合奏
千葉県立幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部
小説
鳥海智
書道
阿部ちい 佐藤陽菜 髙橋璃英紗 戸村優太 宮川嵩広
短歌
阿部圭吾 小林剛士 渋谷幕張文芸部
デザイン
古藤慎ノ介
ピアノ
遠藤愛佳 黒木雪音 髙木竜馬
朗読
鈴木崚汰

スポーツ

空手道
足立大地 熱田拓 池内大翔 一戸くる実 一戸りの 岡﨑陽孝 岡田明子 岡田佳大 小山瑠偉 佐々木詩太 佐藤エリカ 鈴木将斗 田中健 田中勇利 鶴岡琉磨 永嶋甫信 中薗綾乃 福永匠真 宮原穣 本山政樹 森川セーラ 山﨑海生 吉田渓人 KWF極真会館日本本部
クライミング
島谷尚季
剣道
上の台剣友会
ゴルフ
長峰真央
Gボール
石川心菜 石川莉菜 石戸谷唯乃 板垣大輔 アイリーン
自転車
長嶋凌
柔術
村山樂壮
柔道
村山福
少林寺拳法
桜林高等学校少林寺拳法部
新体操
大岩千未来 河崎羽珠愛 小池夏鈴 末永柚月 立澤孝菜 山田愛乃 イオン
水泳
岡留大和 鎌田繁 田中康大 宮下紗伎 持田早智
スポーツチャンバラ
大録一輝
ソフトボール
千葉経済大学附属高等学校ソフトボール部
太極拳
宍倉龍空
ダンス
小西乙愛 中村安里
テニス
有馬璃音
登山
千葉県立千葉東高等学校山岳部
トライアスロン
上田藍 加藤友里恵 秦由加子
なぎなた
 梅津瞳子 菅野未桜 長嶋春優 渡邉香都
バドミントン
田中康二 村山浩
バトントワーリング
池田りずむ 石馬場南美 齋藤日音乃 佐古瑞季
バレーボール
村木玲奈
ボウリング
浦野実紅
ボクシング
堤駿斗 堤麗斗
ムエタイ
山本礼
野球
本間真央 NPO法人千葉市リトルシニア野球協会
ヨット
鈴木大和
陸上
澤野大地 高橋英輝 田中佳祐 潰滝大記 松本春菜
レスリング
宮原将裕

問い合わせ 秘書課 電話245-5010 FAX245-5529


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月中に手続きを オートバイ・軽自動車の廃車・名義変更

軽自動車税は、毎年4月1日現在で、【下表】の車両を所有されている方に課されます。廃車や譲渡などによりすでに所有していない場合でも、手続きをしないと翌年度以降も課税されますので、必ず3月中に廃車または名義変更の手続きをしてください。

車種 手続きに必要なもの 窓口・問い合わせ
原動機付自転車
小型特殊自動車
廃車・転出
ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑
名義変更
標識交付証明書、譲渡証明書(旧所有者の押印が必要)、新所有者の印鑑
(ナンバープレートが区名の方は市名に交換しますので持参してください)
•市税事務所市民税課
東部 電話233-8137 FAX233-8354
西部 電話270-3137 FAX270-3227
•市税出張所
中央・花見川・稲毛・緑
手続きはどの市税事務所・出張所でもできます。
二輪の軽自動車
二輪の小型自動車
手続きごとに必要な書類が異なりますので、詳しくは【右記】にお問い合わせください。 関東運輸局千葉運輸支局(美浜区新港198)テレホンサービス
電話050-5540-2022
軽自動車
(三輪・四輪)
手続きごとに必要な書類が異なりますので、詳しくは【右記】にお問い合わせください。 軽自動車検査協会千葉事務所(美浜区新港223-8)コールセンター
電話050-3816-3114

*平成29年度納税通知書は、5月10日(水曜日)に発送する予定です。

グリーン化特例(軽課)
初度検査年月が平成28年4月~29年3月で、排出ガス性能、燃費性能の優れた車両は、平成29年度のみ税額が軽減されます。

軽自動車税の減免制度

【下記】を対象に、軽自動車税の減免制度があります。減免を受けるには、毎年度納期限(平成29年度は5月31日(水曜日))までに申請する必要があります。

  • 災害により損傷した軽自動車など
  • 生活保護を受けている方
  • 障害者の方で一定の要件を満たす場合
  • 障害者の方のために改造されている軽自動車など(車いす固定装置など)
  • 社会福祉法人が所有し、高齢者または障害者の方を入所・通所させるために使用する軽自動車など

減免を継続して受ける場合にも、毎年納期限までに申請書の提出が必要です。詳しくは、市税事務所市民税課【上記】にお問い合わせください。


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月20日(祝日) こども・若者サミット

~こども・若者の社会参画を全国へ~

市では、子どもたちが、自分たちも社会の担い手であるという意識を持ち、まちの一員として主体的に行動することが重要であると考え、こども・若者の社会参画を推進しています。
こども・若者の社会参画の事例や成果を広く発信することにより、一層の周知・啓発を図り、全国での取り組みとなることを期待し、こども・若者サミットを開催します。積極的に取り組む自治体の4人の首長*によるフォーラムや、こども・若者の取り組みの事例発表などを行います。
*首長参加自治体=水戸市、浜松市、奈良市、千葉市
(さいたま市、八王子市、川崎市、四街道市、市原市の事例紹介パネルも展示)

日時
3月20日(祝日)13時~16時50分
会場
子ども交流館3階アリーナ(中央区中央4きぼーる内)
定員
255人(当日先着順)
費用
無料

内容

第1部「こども・若者の参画の今と未来」

  • 基調講演「こども・若者を社会の主人公に」
    宮本みち子さん(放送大学副学長)
  • 参加自治体による事例発表
  • 千葉市の事例発表「こども・若者市役所について」
    矢尾板俊平さん(淑徳大学准教授)、市内高校生
  • 首長フォーラム

第2部「千葉市のこども・若者の事例発表」

  • こども・若者参画事例発表
    (1)こどものまちCBT
    子どもたちが、企画段階からまちづくりに参加し、協働作業などを通して社会へ参画することを学ぶ、こどものまちCBT。活動を通じて子どもたちが感じたことを発表します。
    (2)ワークショップ「食について」
    食事をより楽しく、充実しようとする意識を持つための方法を考え、実践しました。子どもたちのアイデアと成果を発表します。
    (3)ワークショップ「安全マップ」
    学区の危険個所を確かめるため、地域の方と一緒にパトロールを実施しました。子どもたちの目線でまとめた地域安全マップを発表します。
  • 千葉市長と子どもたちによる座談会

問い合わせ こども企画課 電話245-5673 FAX245-5547


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

ご利用ください 就学援助制度

市では、経済的にお困りで、お子さんが市立小・中学校に通学している保護者の方に、学用品費や給食費などを援助しています。

対象 次のいずれかに該当する方
((1)~(7)は平成28年度または平成29年度に当てはまる方)
(1)生活保護が停止または廃止
(2)市民税が非課税
(3)個人の事業税が減免
(4)固定資産税が減免
(5)児童扶養手当を受給
(6)国民年金保険料が免除または国民健康保険料が減免
(7)新たに生活福祉資金の貸付を受けた
(8)ハローワーク登録の日雇労働者
(9)このほか、経済的にお困りな特別の事情がある場合
申請方法
在学の学校に相談の上、申請書(各小・中学校で配布。市ホームページから印刷も可)に必要事項を記入して、学校へ提出。
詳しくは、「千葉市 就学援助」で検索

問い合わせ 各小・中学校または学事課 電話245-5928 FAX246-6424


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)