ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

ちば市政だより 平成29年3月1日号 4面

バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月1日~7日 春の火災予防運動

消しましょう その火その時 その場所で
(平成28年度全国統一防火標語)

3月1日~7日の春の火災予防運動期間中、各消防署では消防フェアなどを開催し、火災予防についての啓発活動を行います。
空気が乾燥し、火災が起きやすい時期を迎えています。皆さんも、火の取り扱いには十分注意して、大切な生命や財産を一瞬で奪ってしまう火災を予防しましょう。

火災はひとごとではありません!

市内の火災の発生状況

昨年、市内では265件の火災が発生し、7人の方が亡くなっています。火災の半数以上を占めるのが建物火災で151件発生しており、そのうち住宅火災が83件におよんでいます。

火災の原因は?

市内で発生した昨年の出火原因ワースト3は【下表】のとおりで、これらを防止することが重要です。

平成28年出火原因ワースト3

順位 出火原因 件数
1位 放火(疑いを含む) 58件
2位 たばこ 42件
3位 こんろ 30件

出火原因ワースト1位は、昭和57年以来35年連続で放火(疑いを含む)となっています。放火を防ぐために、【下記】の点に気をつけましょう。

出火原因ワースト1位の放火を防ぐために気をつけよう!

家の周りに燃えやすいものを置かない
物置や車庫に鍵をかける
ごみは指定された日時・場所に出す

住宅防火 いのちを守る7つのポイント

3つの習慣

  1. 寝たばこは、絶対やめる
  2. ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
  3. ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す

4つの対策

  1. 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する
  2. 寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する
  3. 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器などを設置する
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる

適切に管理しましょう 住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れで正常に火災を感知しない可能性があるため、火災を早期に発見できず、逃げ遅れることも考えられます。
住宅用火災警報器の本体の寿命は、10年が目安ですが、10年経っていなくても、電池切れや故障の場合は、本体の交換が必要となります(電池を交換しても他部品の劣化が考えられるため本体の交換をお勧めしています)。
定期的に点検や清掃を行い、いざという時にきちんと作動するよう維持管理を行ってください。

ご存知ですか?住宅用火災警報器の捨て方

住宅用火災警報器に使用した電池は、本体と別にして捨てます。
本体は不燃ごみ、住宅用火災警報器に使用した電池は有害ごみとして捨ててください。

不燃ごみ
住宅用火災警報器本体
有害ごみ
住宅用火災警報器に使用した電池

*住宅用火災警報器に使用した電池はリサイクルできません。電器店やスーパーなどに設置されたリサイクルボックスや回収箱には入れないでください。

問い合わせ 消防局予防課 電話202-1613 FAX202-1669


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

3月は自殺対策強化月間 あなたの声掛けが、大切な命を守ります

自殺は大きな社会問題です。厚生労働省の統計では、全国で2万人以上、本市でも180人前後の方が毎年自殺で亡くなっています。全体の自殺者数は減少傾向にあるものの、40歳未満の若い世代は減りが鈍く、若い世代の自殺が問題となっています。
自殺は、本人はもちろん、家族や周りの人々にも大きな悲劇をもたらします。自殺を減らすためには、ゲートキーパーの支援が必要です。

悩みを抱えた人を支援するゲートキーパー

死にたいと考えている方は、生きたいという本心との間で揺れ動き、何らかのサインを発していると言われています。そのサインに気づき、支援するのがゲートキーパーです。特別な資格は必要なく、誰でもゲートキーパーになれます。
悩んでいる人は家族だけでなく、職場や学校など私たちの周囲にもいるかもしれません。自殺を防ぐためにはみんながゲートキーパーとなって、「気づく」「傾聴する」「つなぐ」「見守る」などの支援を行うことが大切です。

気づく 身近な人の変化に気づく

身近な人の様子がいつもと違うと気づいたら、「何だか元気がなさそうだけど」「何でも話して。いつでも相談にのるよ」と声をかけてみましょう。

傾聴する 相手の気持ちに寄り添い傾聴する

悩んでいる方がいたら、悩み事を聴いてあげましょう。そして、心配していることを伝え、悩みを真剣に受けとめてください。話しやすい雰囲気をつくって、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

つなぐ 適切な専門家につなぐ

悩んでいる方を、抱えている悩みに応じた各種相談窓口【下記】などにつないであげましょう。

見守る じっくりと見守る

悩みを抱えた方を専門家などにつないだ後も、あたたかく見守りながら支えましょう。自分を気にかけてくれる存在は、悩んでいる方に安心感を与え、大きな支えとなります。

各種相談窓口

こころの健康に関する悩み

•こころと命の相談室(面接相談)
中央区新町18-12 第8東ビル501
月・金曜日(3月1日(水曜日)・2日(木曜日)・7日(火曜日)~9日(木曜日)は臨時開設)
18時~21時
予約専用電話 電話216-3618(平日9時30分~16時30分)
•こころの電話
電話204-1583
(平日10時~12時、13時~17時)
•千葉いのちの電話
電話227-3900(24時間)
毎月10日8時~11日8時は、電話0120-783-556も可(通話料無料)

学校生活に関する悩み

•教育相談ダイヤル24
電話0120-101-830(24時間。通話料無料)
•市子ども・若者総合相談センター(Link[リンク])
電話050-3775-7007(平日、第3(4月からは第2)日曜日9時~17時)

健康に関する悩み

保健福祉センター健康課
中央 電話221-2582
花見川 電話275-6296
稲毛 電話284-6494
若葉 電話233-8714
緑 電話292-2630
美浜 電話270-2221

借金問題に関する悩み

消費生活センター
電話207-3000
(平日、土曜日(電話相談のみ)9時~16時30分)

労働条件に関する悩み

労働相談室
電話300-8282
(平日9時~16時、土・日曜日9時~15時)

経営・事業資金に関する悩み

市産業振興財団
電話201-9505(平日9時~17時45分)

問い合わせ 地域福祉課 電話245-5218 FAX245-5620


バックナンバーこの号の目次1面2面3面4面5面6面7面8面9面10面11面

注意事項

ホームページ版「ちば市政だより」の情報について

ホームページ版「ちば市政だより」の情報は、発行日時点のものです。掲載の情報はその後に変更となる場合があります。


このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5014

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)