ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:蘇我火力発電所建設計画及び海上ソーラーシェアリングについて

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

市民の声:蘇我火力発電所建設計画及び海上ソーラーシェアリングについて

要旨

蘇我火力発電所建設計画について、蘇我の海岸部では、石炭火力よりも太陽光発電が適しているのではないか。海面にパネルを設置するようにすれば夏などパネルが熱くなるのをセーブでき、発電効率も上がる。さらに、海の生物も増えるはずだ。全面をパネルにするのではなく、現在県内で行われている海上ソーラーシェアリング方式をとれば魚や海藻がよく育つようになると思う。

石炭火力に将来性はない。企業の採算性の観点からも、いずれマイナスになる。電力会社としても火力はあまり気が進まないはずだ。電力会社と本音で協議して、千葉市でソーラーシェアリングの海上設置を実現してほしい。

回答内容

本計画につきましては、平成28年12月以降、環境影響評価法に基づく手続きを行っております。この環境影響評価制度は、事業者が環境に影響を及ぼす恐れのある事業を行うときに、自ら環境影響を予測・評価し、より良い事業計画を作り上げる仕組みとなっております。

また、この手続きは複数の段階に分かれており、審査を行う各段階で市長意見を述べることとなっております。本市は、この市長意見で、既に、過去の深刻な大気汚染など地域の課題に対する配慮を明らかにすることや、既存製鉄所の施設の一部を共用することから総合的な環境保全対策を検討することなどを求めているところです。今後の手続きにおいても、可能な限りの環境負荷の低減に向け、環境保全対策を事業者に求めてまいります。

次に、海上ソーラーシェアリング方式についてですが、地球温暖化対策は喫緊の課題と認識しており、本市におきましても再生可能エネルギー等導入計画を策定するなど、積極的な導入を推進しているところです。

太陽光発電設備については、市域に再生可能エネルギーを導入するうえで有効な手法であることから、ご意見を踏まえ、今後、導入を推進する中で、ソーラーシェアリングの海上設置なども含めて、効果的な手法について情報収集に努めてまいります。

(お問い合わせ)

・環境影響評価手続きに関すること

 環境局環境保全部環境保全課 TEL 043-245-5141

・再生可能エネルギー等の導入に関すること

 環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室 TEL 043-245-5199

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)