ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声:職員の服装に係る規定について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

市民の声:職員の服装に係る規定について

要旨

貴市では、接遇マニュアルとして職員に対してかなり細かな服装等の制限をされているが、個人の服装については、公共の福祉に反しない限り、憲法において表現の自由・幸福追求権が国民の権利として保証されている。

憲法は、地方公務員を含め公務員は憲法を遵守しなければならない旨規定しており、憲法を遵守する義務がある公務員については憲法違反の問題が生じる。

貴市の接遇マニュアルは、憲法が保証する国民の権利を制限するものではないかと疑問であるため、次の点を質問する。

1 貴市の接遇マニュアルと憲法に定める表現の自由及び公務員の憲法遵守義務との関係性について、どのように考えているのか。

2 職員からの反発はないのか。

3 接遇マニュアルには、女性職員について化粧崩れに関する記述があるが、このような記述は、女性蔑視であり、人格権を侵害するおそれがある。貴市の見解を聞きたい。

回答内容

1 本市の接遇マニュアルと憲法に定める表現の自由及び公務員の憲法遵守義務との関係性について

職員の接遇の向上については、市民の皆様との信頼関係・協力関係を築くとともに、市役所の業務にご満足いただくため必要であると考えております。

本市の接遇マニュアルは、「プライベートとは区別した職場にふさわしい身だしなみ」という視点で「服装の基本」を設け、それに沿った身だしなみをすることにより、市民の皆様に不快を与えず、信頼感を持っていただくことを目的に、配慮すべき事項を記載しています。

また、本マニュアルに沿って管理監督職が指導する際には、行き過ぎた指導にならないよう十分に配慮し、接遇の向上に努めております。

2 職員からの反発について

平成24年3月に本マニュアルが改定されるにあたっては、庁内の若手職員による検討や関係部署との調整を経て作成された経緯もあることから、マニュアルに関する意見は入っておりません。

3 女性職員について化粧崩れに関する記述について

女性職員の化粧崩れについても、市民の皆様に不快感を与えることがないよう配慮するとの観点から、身だしなみとしてチェック項目で確認するものです。

(お問い合わせ)

総務局総務部人材育成課 TEL 043-245-5651

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)