ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声:廃棄物空気輸送システム利用地区におけるごみ収集について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

市民の声:廃棄物空気輸送システム利用地区におけるごみ収集について

要旨

美浜区打瀬は、廃棄物空気輸送システムを利用している地域である。

同システムを利用して排出できる可燃ごみの大きさには上限があり、使用できる指定袋のサイズも20Lまでに限られている。

上限を超える大きさの可燃ごみを排出する場合は、30Lあるいは40Lの指定袋に入れて、粗大ごみ受付センターに収集を申し込むことになっており、指定袋に入らない大きさのものは粗大ごみとして収集を申し込むことになっている。

先日、私は日常生活で出る可燃ごみ(生ごみ、容器・包装など柔らかいプラスチック、資源化できない紙くずや衣類等)を30Lの指定袋に入れて、排出しようと粗大ごみ受付センターに収集を申し込んだところ、「打瀬地区で個別に収集するのは、投入口に入らない大きさのごみを排出する場合に限られ、また、ごみの種類によって収集車が異なるので、複数種類のごみを混入した袋は収集できない」と電話にでた女性の担当者に言われ、収集を断られた。

今回使用した30Lの指定袋は、以前に廃棄物空気輸送システムを使用できない大きさのごみを排出した際に購入したものの余りであり、他に使用する機会がないため無駄になってしまう。

今回収集を断られた30Lの指定袋に入れた可燃ごみも、廃棄物空気輸送システムを利用していない地域では、所定の曜日にごみステーションに排出すれば、なんの問題もなく収集される。

他の地区で問題なく収集されるごみの収集を拒否し、打瀬地区の住民にだけ余計な出費を強いる今回の粗大ごみ受付センターの対応は、不公平かつ理不尽であり、全く納得ができない。

千葉市が収集を拒否する理由を回答してほしい。

回答内容

美浜区打瀬は、幕張ベイタウン協議会が中心となり、住民の意見を聴取したうえで居住環境を維持、継承したいとの意向を踏まえ、廃棄物空気輸送システムが存続されております。

当該地区における、空気輸送システムを利用した独自のごみの出し方については、地域住民の皆様と協議・調整し決定したものであり、投入口に入らない大きさのごみは、粗大ごみの収集車が回収をしておりますが、1日に収集できる件数にも限りがありますので、地域で定めた統一的なルールに基づき、生ごみ、容器・包装など柔らかいプラスチック、資源化できない紙くずや衣類等は、20Lまでの指定袋に入れて投入口に排出していただくようお願いしております。

なお、不要になったごみ袋については市役所や各環境事業所で回収し、地域清掃等に活用しておりますので、不要の場合は指定袋の回収にご協力願います。

(お問い合わせ)

環境局資源循環部収集業務課 TEL 043-245-5246

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)