ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:公園内の樹木について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

市民の声:公園内の樹木について

要旨

享保公園にある大きな桜の木は、市民の大事な財産である。農林水産大臣認定の専門家樹木医2人が、「今すぐ伐採する必要はない」と判断したにもかかわらず、なぜ伐採するのか。この桜の木は、長年市民に親しまれてきて、感動を与えてくれているので、伐採をやめてほしい。

回答内容

同公園で長年親しまれてきたサクラ(ソメイヨシノ)を残したいという熱心な思いは理解いたしますが、当該樹木の伐採については、地域の高齢化により枯葉等の清掃作業が困難な状況となったことや、過去に同公園の他のサクラ(ヤエザクラ)が台風で倒木したことへの不安から老木化した当該樹木の倒木や枝折れを心配し、公園の安全な利用を確保したいとの理由で、自治会の総意として要望をいただいたものでございます。

当初、当該樹木の伐採は、平成29年10月を予定しておりましたが、反対のご意見をいただいたため、市が自治会とを仲介し、三者で話合いを持ちながら、市から3つの案を提示し、再検討をお願いした結果、自治会から、サクラの花が終わってからの平成30年5月頃の伐採を希望するとの回答をいただきました。

当該樹木については、市が実施した樹木医による樹木診断でも、すでに幹が外柵の一部を巻き込んだり、擁壁の笠石を押し出したりしており、このまま成長していくと倒木などの危険性が生じてくる状況となり、将来的長期保護も現状の公園の形状では困難との診断結果を得ておりますことから、いずれは伐採を免れないと判断しているものでございます。

また、当該公園は街区公園に分類され、もっぱら街区に居住する方の利用を目的とした公園でありますので、地域に最も身近な公園として、特に、公園が所在する自治会のご意見は尊重する必要があるものと考えております。

これらのことから、今回、市といたしましては、安全安心な公園利用を望む自治会のご意見を十分尊重し、当該樹木を平成30年5月に伐採することといたしておりますことを、ご理解願います。

(お問い合わせ)

都市局公園緑地部花見川公園緑地事務所 TEL 043-286-8740

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)