ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:おむつの給付事業について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

市民の声:おむつの給付事業について

要旨

おむつ給付の所得制限が厳しくなると聞いた。年金額がある程度ある人は、後期高齢者医療保険料や介護保険料も高額で、毎月、数万円支払っている。そのうえ私の配偶者は、重度の認知症で家に置くことが出来ず、介護施設に入所しているため、毎月16~17万円の施設利用料がかかる。実際に生活に使えるお金は、生活保護の生活費以下だ。税金は、支え合いとの考え方は理解しているが、他者を支えて自分の首が締まっている。

せめて、給付を累進にして、半額支給などの配慮をしてほしい。

回答内容

本事業の目的は、在宅高齢者等に対し、紙おむつの給付または布おむつの貸与を行うことにより、高齢者ご本人並びに介護にあたっているご家族を援助し、その日常生活における負担を軽減し、もって在宅福祉の増進を図るものです。

本市では、本事業について、これまで他市の同等事業に比較し、介護度、所得等の要件を幅広く設定して事業を実施して参りましたが、平成30年9月支給分より所得要件について他市の状況を参考とし、見直しを行うものです。

今後、高齢化の進展に伴う医療・介護等の財政需要に対応し、より多くの人が住み慣れた地域で暮らせるよう、地域包括ケアシステムの充実や健康寿命の延伸につなげる施策を推進することが求められているところです。

この見直しにより、在宅医療・介護連携支援センターの設置、あんしんケアセンターの充実、認知症初期集中支援チームの増設、歯周病検診・口腔がん検診の充実などに取り組んで参りますので、ご理解願います。

(お問い合わせ)

保健福祉局高齢障害部高齢福祉課 TEL 043-245-5166

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)