ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:個人情報開示請求の本人確認書類について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月30日

市民の声:個人情報開示請求の本人確認書類について

要旨

未成年者である子の開示請求について聞くため、市政情報室に電話をしたところ、本人確認が必要なため、本人の場合は住民基本台帳カード、母親である私の場合は、戸籍謄本も必要だとのことだった。住民基本台帳カードのQRコードには情報が入っているのではないのか。健康保険証は扶養している子どもということで発行してもらっていると主張したが、戸籍謄本でないと親子の関係が確認できないからと電話に出た職員が言っていたが、それは本当か。
戸籍を見ないと確認できないというのはおかしい。住基カードがあれば市役所内部で連携できるのではないか。
一方的に電話を切ったことについても、もっと市民に寄り添った対応を勉強してほしい。

回答内容

親権者が未成年者に代わって個人情報の開示請求をする際に戸籍が必要となることにつきまして、改めてご説明いたします。
千葉市個人情報保護条例(以下「条例」といいます。)は、個人情報の開示請求について、次のような仕組みを定めております。
(1)何人も、自己に関する個人情報の開示請求をすることができます(第13条第1項)。
(2)開示請求をすることができるのは本人だけですが、例外的に、本人が未成年者又は成年被後見人である場合は、その法定代理人(未成年者の場合は親権者)が本人に代わって開示請求をすることもできます(第13条第2項)。
(3)開示請求をしようとする者は、自分が本人や法定代理人であることを証する書類を提出しなければなりません(第14条第2項)。
以上の条例の定めにより、本件のように未成年者に代わって開示請求をしようとするときは、親権者であることを証する書類である「戸籍」を提出していただいております。
なぜなら、戸籍は、その身分事項の欄において親権者の記載がなされるものであることから、親権者であることを証する書類となるからです。
なお、必ずしも親であれば親権者であるとは限らないため、健康保険証によって親子関係が分かること等も、親権者であることを証するものにはなり得ません。
また、住基カードとの関係ですが、同カードには戸籍の情報は入っておりませんし、戸籍情報について「住基カードがあれば市役所内部で連携できる」(市の職員が部署を超えて市民の戸籍情報を見ることができる)という仕組みにもなっておりません。
以上、ご意向に沿えない回答となり大変恐縮ですが、個人情報を開示する相手方を厳格に判断するための仕組みでありますので、ご理解願います。
最後になりますが、職員の電話対応等により不快な思いをされたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。今後はこのようなご迷惑をおかけすることのないよう、指導を徹底してまいります。

(お問い合わせ)
総務局総務部政策法務課 TEL 043-245-5716

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)