ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 市民の声 > 市民の声:受動喫煙防止条例と飲酒対策について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年12月20日

市民の声:受動喫煙防止条例と飲酒対策について

要旨

千葉市の受動喫煙防止条例が成立し、罰則付きの条例は市町村で初めてということや飲食店は原則屋内禁煙にするというニュースを読んだが、なぜ喫煙だけが槍玉にあげられるのだろうか。飲酒についても迷惑行為を起こすリスクがあると思う。

回答内容

他人のたばこの煙を吸ってしまう受動喫煙により、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群(SIDS)に罹患するリスクが高まることが科学的に明らかになっております。
さらに、受動喫煙が原因で罹患したこれらの疾患により、年間15,030人が死亡したと推計されております。
このように、受動喫煙は、健康に大きな悪影響を及ぼすものであるため、市民を受動喫煙から保護する必要があると考え、条例により規制を加えるものです。
ご指摘のあった、飲酒した者の他人への迷惑行為に関しては、「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」により規制がされているところです。
なお、国では「健康日本21<第2次>」の中で、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合の減少」を指標の1つとして掲げております。
本市におきましては、市の健康増進計画である「健やか未来都市ちばプラン」において、同指標を設定し、かつ数値目標を掲げているところであり、適度な飲酒量と頻度、性差による健康影響に関する知識等の普及啓発に努めてまいります。
さらに、飲酒を含めた働き盛り世代の生活習慣改善にも取り組んでまいります。

(お問い合わせ)
保健福祉局健康部健康企画課 TEL 043-245-5201

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)