ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > 市民の声 > 市民の声:たばこ販売店前の吸い殻入れについて

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年1月31日

市民の声:たばこ販売店前の吸い殻入れについて

要旨

駅付近にたばこ販売店があるが、店の前に吸い殻入れを置いているため不特定多数の人が、閉店後の夜間などに喫煙をしている。当該場所は、歩道に面しており、通勤、通学者が多数通る場所のため、非常に不愉快である。
千葉市の担当課に電話で依頼したら「火の粉の飛散による危険性があれば指導できるが、受動喫煙が理由では、今の法律・条例によって規制も指導もできない」とのことだ。
速やかに条例を改正して規制・指導できるようにしてほしい。また、現状の法律・条例で規制・指導できるなら吸い殻入れを撤去してほしい。

回答内容

本市では、路上喫煙等による火傷、衣服の焦げといった身体・財産への危害から、歩行者の安全を確保し、かつ、美しい街づくりを推進し、安全、快適な都市環境を確保することを目的に、平成23年1月に「千葉市路上喫煙等及び空き缶等の散乱の防止に関する条例」を施行しました。
条例では、市内全ての屋外の公共の場所において、喫煙を控えるとともに、ごみのポイ捨てを禁止するよう定めております。また、特に人通りが多いためたばこの火の害が発生するおそれが高く、かつ、空き缶等の散乱の防止等を特に推進する必要があると認められる地区(JR千葉駅東口地区・JR稲毛駅周辺地区・JR海浜幕張駅周辺地区・JR蘇我駅周辺地区の4箇所)を路上喫煙等・ポイ捨て取締り地区として定めており、土日を含め週4日、人通りの多い時間帯を中心に、1回6時間程度の巡回を実施しております。
ご指摘いただいた、たばこ販売店付近は、取締り地区外であり、屋外の公共の場所においては、路上での喫煙の禁止についての努力義務を課しているものの、たばこ販売店に対して灰皿の撤去を強制することはできません。
また、取締り地区の範囲は、条例の主旨のもとで地元町内会や商店会等と協議を行い、人通りの多い道路等を含む範囲を選定したものです。取締り地区の範囲を見直すことは、巡視員の確保の問題等もあり、現状では難しいものと考えております。
受動喫煙の観点では、受動喫煙は屋内外を問わず防止すべきですが、屋外での喫煙の場合、たばこの煙が空気中に拡散し濃度が薄まるのに対し、屋内の場合はたばこの煙が滞留し、濃度が高い状態で煙にさらされることになります。そのため、本市では、屋内における対策がより必要と考え、屋内での受動喫煙を防止するため、2020年4月に千葉市受動喫煙の防止に関する条例を施行いたします。
なお、たばこ販売店に対しては、平成30年10月10日に廃棄物対策課職員が現地に行き、市民からの意見・要望があったことを説明し、灰皿の撤去についての依頼を行うとともに、翌日には路上喫煙・ポイ捨て防止の啓発用ステッカーを渡しましたことをお伝えします。

(お問い合わせ)
・千葉市路上喫煙等及び空き缶等の散乱の防止に関する条例に関すること
環境局資源循環部廃棄物対策課 TEL 043-245-5067
・千葉市受動喫煙の防止に関する条例に関すること
保健福祉局健康部健康企画課 TEL 043-245-5201

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)