ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 市民の声 > 市民の声:海浜病院について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年5月31日

市民の声:海浜病院について

要旨

海浜病院の方向性について、今後も存続するのか教えてほしい。また、海浜病院から午後 8時頃に帰宅する際、裏側の出入口になるが、足元が真っ暗であり、高齢者は歩くのが大変だ。また、JR稲毛海岸駅から海浜病院へのバス便が少ない。バス便を増やしてほしい。コミュニティバスのようなものでも良い。

回答内容

まず、海浜病院の方向性につきましては、ご心配をおかけしており、申し訳ございません。現在の海浜病院と青葉病院が担っている政策的医療や地域の医療ニーズにも応えられるよう、市民の皆様の受療動向や将来の医療需要を的確に把握し、他の医療機関との役割分担なども踏まえながら、様々な視点で検討を進めているところです。
次に、海浜病院の出入口が裏側にあり、足元が暗い点につきましては、大変ご不便な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。
夜間の出入口につきましては、安全管理のため守衛室がある建物裏側通用口としております。
敷地内において足元が暗いということにつきましては、詳細に現場を確認し、歩行の安全確保ができるよう、既存照明のLED化または外灯増設による明るさの改善を行ってまいります。
次に、高洲地域から海浜病院までのバス便につきましては、現在、直通の路線が1系統で平日3便、稲毛海岸駅から2系統で平日4便が運行されておりますが、便数の少なさからご不便をおかけしております。
バスの運行を取り巻く環境は、利用者の伸び悩みによる廃止や減便、また運転手不足等により現行の運行体制を維持していくことが厳しい状況となっており、今後、人口減少社会を迎え、さらに利用者の低迷が懸念されることから、将来的には地域の足を支える生活路線を現行の水準で維持していくことは大きな課題と考えております。
本市としましては、公共交通としてのバス路線を維持するべく、今後、市全域を対象にバス事業者など関係者の方々と持続可能な公共交通ネットワークの形成を図るための調査検討をしていきたいと考えております。
コミュニティバスにつきましては、路線バスの撤退等により公共交通の利用が不便になった地域において、地域の皆様が日常生活の移動手段を確保するため、地域が主体となってコミュニティバス等を導入する際に、市が運行費用の一部をサポートする「地域参画型コミュニティバス等運行支援制度」や、同制度の活用を検討する場合に専門家の派遣などのサポートもしておりますので、自治会等の地域においてご検討を願います。

(お問い合わせ)
・海浜病院の方向性に関すること
病院局経営企画課 TEL 043-245-5741
・海浜病院の出入口に関すること
病院局市立海浜病院事務局 TEL 043-277-7711
・高洲地域から海浜病院までのバス便に関すること
都市局都市部交通政策課 TEL 043-245-5352

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)