ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 市民の声 > 市民の声:男性用DVシェルターについて

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

市民の声:男性用DVシェルターについて

要旨

現在、女性用のDVシェルターはたくさんあるが、男性用のシェルターについては全国的にもほとんどないが、今後、夫婦間DVや、ひきこもりの高齢化にともなう親から子、子から親への虐待などにおいて、男性が被害者となるケースが増えてくると思われるので、ぜひ千葉市に男性用のDVシェルターをつくってほしい。

回答内容

本市の現状としましては、市内に民間シェルター等が設置されているため、市が運営するシェルターは、男性用女性用ともに設置がなく、また、設置の予定もありません。従来から既存の女性用民間シェルターに補助金を交付し、対応しております。ご指摘をいただきましたとおり、家族環境等の多様化や本市の配偶者暴力相談支援センターにおける男性による相談件数が増加傾向にあること等から、男性被害者も増加していると思料されます。しかしながら、DV被害者は、女性が圧倒的に多いほか、経済的に困窮している状況に置かれてしまうケースや子どもを連れて避難するケースも女性の方が多く、支援の必要性が高いこと等から、全国的にも男性用シェルターが少なく、本市においても同様の理由及び財源等の問題から女性用シェルターへの補助を行っております。
また、女性被害者についても、必ずしもシェルター避難を勧めるのではなく、できるだけ負担や不安を軽減し、安定した生活を送るための生活場所をどこにするのがよいか被害者とともに考え、転居や宿泊施設への避難を案内しております。
今後、ご指摘いただきました点も課題として認識し、国の施策の方向性を踏まえ、市内に男性用民間シェルターの設置が実施されるようでしたら、ニーズ等を勘案の上、補助の要否について検討を行いたいと考えております。

(お問い合わせ)
こども未来局こども未来部こども家庭支援課 TEL 043-245-5179

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部広報広聴課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5298

ファックス:043-245-5796

kohokocho.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)