ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 市民局 > 市民局長のメッセージ一覧 > 住民同士の「助けあい、支えあい」による地域運営~地域運営委員会~(2014年6月6日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年6月6日

住民同士の「助けあい、支えあい」による地域運営~地域運営委員会~(2014年6月6日)

こんにちは、市民局長の金親です。
今回は、今年度からスタートした、住民同士の「助けあい、支えあい」による地域運営「地域運営委員会」についてご紹介します。

みなさんは、お住まいの地域がどのように支えられているかご存知ですか?
まず、思い浮かぶのは市役所や区役所、消防や警察といった、いわば行政の働きによって地域の環境や治安が守られているということだと思います。しかしながら、地域の暮らしは必ずしもそのような行政の力だけではなく、地域住民の皆さんがそれぞれの役割を担っている、町内自治会や民生委員、社会福祉協議会、防犯パトロール隊など数え上げればきりがないほど様々な地域の団体によって支えられています。
また、地域にある防犯街灯は町内自治会が設置をし、必要な電気料金も負担することで夜の道を明るくし自分たちの地域の防犯に大きな役割を担っています。
このように、皆さんのお住まいの地域は地域の住民の自らの力で支えられています。

しかし、社会全体の高齢化が進み、働く女性が増え、また、町内自治会へ加入する方が少なくなるなど、地域のつながりが希薄になると、地域における「助けあい、支えあい」に参加する担い手の不足が課題になってきています。現在はこうした活動が問題なく行われている地域であっても、10年後同じように活動を継続できるかといえば、不安な部分もあるのではないでしょうか。

そして一方で、市(行政)を取り巻く環境も変化しています。今後、人口減少、少子超高齢化が進めば、税収は減っていきますが社会保障費は増加していくことが見込まれます。
また、市民ニーズの多様化、高度化、複雑化が進む中、市が提供する公平、画一なサービスだけでは、地域毎の課題に個別に対応することが困難になっていくことが予想されます。
地域で解決できることは、その地域をよく知る住民の皆さんによって解決していただくことが重要だと考えられますが、今後その重要性は一層大きくなっていくことが見込まれます。

そこで、将来に渡って地域の活動を継続できるよう、今のうちから対策を進める必要があります。

今回千葉市では、このような状況の変化に対応するため、地域全体で地域のことを考える仕組みとして、「地域運営委員会」の取り組みを始めることとしました。
地域運営委員会は、概ね中学校区から小学校区程度の広さの地域毎に、その範囲内で活動する様々な団体(原則として、地区町内自治会連絡協議会、社協地区部会、地区民生委員・児童委員協議会、中学校区育成委員会、地区スポーツ振興会の5団体を必須の構成団体とします。)で構成される自主的な組織です。
そして、これらの様々な団体が地域の課題や情報を共有し、お互いの活動状況を相互に理解しながら、地域が進んでいく方向性や、地域の状況にあった活動について話し合うことで、将来に渡って住民同士の「助けあい、支えあい」(共助)による地域運営を継続できる体制づくりを進めていただくものです。
地域運営委員会の取り組みが軌道に乗れば、地域で活動する団体間の連携・協力体制が深まり、地域の資源(人材、財源、情報・ノウハウなど)を地域全体で保有し活用できるようになる、団体間の役割分担が明確になって団体毎の負担軽減が図られるようになる、といった効果が上がることを見込んでおり、地域の各団体の活性化にもつながると考えています。

また、市も地域運営委員会による自主的な取り組みを支援します。
資金面では、今年度、設立支援のための補助制度(1つの委員会につき年間10万円、原則1年限り)を創設したほか、地域の各団体に個別に交付されている補助金等をまとめて地域運営委員会に交付し、地域の実態に合わせて柔軟に使い道を決められる新たな制度の検討を進め、交付手続きの簡素化も進めていきます。
人材面では、地域運営委員会毎に担当する市の職員を配置し、地域と千葉市をつなぐ窓口として、委員会運営や地域の課題解決に向けた取り組みをサポートする制度の検討を進めています。
この他、地域の活動拠点の確保に向けて、既存の公共施設を活用できるよう調整を行います。

今後の進め方としては、地域運営委員会は、地域の自主的な取り組みとして進めていただきます。このため、地域の中で「必要だ」という気運が高まった地区から順に進めていきます。
市では、皆さんに地域運営委員会についてご理解いただくため、地域毎の説明会を開催しますので、希望される地域がありましたら、各区地域振興課地域づくり支援室、若しくは、市民自治推進課までご連絡ください。

地域運営委員会は、住み慣れた地域をより良くしていくために必要な取り組みです。ぜひ、皆さんの地区でも積極的にご検討ください。

住民同士の「助けあい、支えあい」による地域運営~地域運営委員会について~
詳しくはホームページをご覧ください。

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5153

ファックス:043-245-5155

somu.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)